1. Home
  2. EAT
  3. 低糖質・低炭水化物・高タンパク質! ダイエットに最適なチーズの種類は?

低糖質・低炭水化物・高タンパク質! ダイエットに最適なチーズの種類は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

18,794

Maya A. Kishida(翻訳)

カッテージチーズ

カッテージチーズは脇役じゃなくて、主役なんです。

栄養士が、カッテージチーズを健康食のヒーローだと呼ぶのには納得の理由があります。ニューヨークで活動している認定管理栄養士レジーナ・ラゴーンさんは次のように話します。

タンパク質が豊富で、糖質と炭水化物が低いという、現代人が食品に求める要素がすべて含まれているからです。とくに、ケトダイエットを実践している人にもピッタリ」

どんなカッテージチーズがベスト?

カッテージチーズ

image via shutterstock

最も健康的なカッテージチーズを選ぶなら、フルファット(高脂肪)タイプか、2%の低脂肪タイプを選ぶようラゴーンさんは推奨しています。

ノンファットタイプはタンパク質の含有量が少なく、安定剤が使われている場合もあり、またお腹も満たされません。それに味にもコクがないのです(栄養的な欠点として、カッテージチーズはナトリウムの量が少々高い可能性がある点も心に留めておきましょう。低ナトリウムや塩分ゼロのタイプもありますが、これらもあまり味がしないように感じるかもしれません)。

おいしく食べて筋肉をつくる、と考えてみてください。2%の低脂肪カッテージチーズ1カップはたった195kcalで27gものタンパク質が含まれています。これに対して大きめの卵2個は158kcalで、タンパク質は12gです。

「カッテージチーズは満腹感を得られるので、体重を落とすのにもいいでしょう」と言うのはテイスティバランス・ニュートリションの認定管理栄養士リンゼイ・パインさん。「おまけにビタミンB12やセレン、リボフラビンなど、ビタミンやミネラルも多く含まれています」。

1日に必要なカルシウムを摂取するのにも向いています。カルシウムは骨によいだけでなく、II型糖尿病や循環器疾患のリスクを減らします。

カッテージチーズはヨーグルトよりもいいの?

ヨーグルト

image via shutterstock

日常的に好んで食べられているヨーグルトにくらべて、長いことパッとしないポジションにいたカッテージチーズ。でもこのふたつを比較してみると、カッテージチーズには、タンパク質の量が多く、糖質が低いという栄養的にプラスの面があります。

最近ではようやくカッテージチーズのよさが認められて注目されるようになってきました。「ヨーグルトはマーケティングや革新的な製品開発が功を奏してきました。特にギリシャヨーグルトの参入がそう」と話すラゴーンさんは、次のように解説します。

「カッテージチーズは、70年代や80年代のダイエット食のイメージが強かったんですが、最近では各メーカーがこれまでよりもサイズが小さくて魅力的なパッケージの商品を開発するなど、市場開発に力を入れており、店頭でのサワークリームの地位はカッテージチーズに取って代わり、ヨーグルトにも迫ろうという勢いです」

次に、カッテージチーズのおいしい摂り方をご紹介します。

おいしくて栄養たっぷり、チーズのレシピ

糖質量を調整したいときに。高タンパクな「ささみピザ」

ピザ生地なし「ささみピザ」のレシピをご紹介。糖質を調整したいときでも食べられるピザです。高タンパクで知られるささみですが、ビタミンB6も豊富。効率的...

https://www.mylohas.net/2019/08/196168diet_recipe.html

とろーりチーズがたまらない! 高タンパクな、ささみのチーズダッカルビ

ささみのチーズダッカルビのレシピをご紹介。パサつきがちなささみも、とろける食感のチーズと合わせることで食べやすくなります。コチュジャンや粉唐辛子の辛...

https://www.mylohas.net/2019/05/187599diet_recipe.html

Darcy Jacobs/Cottage Cheese Is a Protein-Packed Superfood, According to Nutritionists/Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    7. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    8. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    9. 寝ている間に、やせやすい体へ導くバスオイルのコフレ【プレゼント】

    10. 爪がもろいとおしゃれも半減! 健康的な爪をつくる15の基本

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由