1. Home
  2. BODY
  3. シミ、くすみ、むくみの原因は「糖」! 肌の糖化を防ぐポイント2つ

シミ、くすみ、むくみの原因は「糖」! 肌の糖化を防ぐポイント2つ

6,798

田邉愛理

シミのある女性

日やけ止めを毎日つけていても、なぜか防げないシミやくすみ。どうやら紫外線対策だけでなく、体内の“ある現象”を防がなければ、シミの増殖を止めることはできないようです。

「村上農園」のセミナーに登壇された山岸昌一教授(昭和大学医学部)の講演から、シミ・くすみ対策の新常識をご紹介します。

「糖化」が、老化と疾病の原因に

老化していく様子

糖化研究の世界的権威として知られる山岸教授。糖化とは、タンパク質と糖が熱によって結びつく反応のことです。糖が過剰にこびりつき、元に戻れなくなったタンパク質はAGE(終末糖化産物)と呼ばれ、身体にさまざまな悪影響をもたらすと話します。

「タンパク質は人間の体を作る屋台骨であり、糖は貴重なエネルギー源。そして人間には体温があるため、ある程度の糖化は避けられません。しかし過剰な糖化によるタンパク質の劣化は、老化の大きな原因となることがわかってきました。さまざまな臓器の機能が低下し、心筋梗塞やがん、認知症などの発症リスクが高まるだけでなく、薄毛や皮ふのたるみ、シミ、シワといった見た目の老化も引き起こします」(山岸教授)

メラノサイトを刺激し続けるAGE

メラノサイトの仕組み

これまでシミ対策といえば、紫外線を防ぐ日やけ止めや、美白化粧品でケアしてきたという方が多いのではないでしょうか。紫外線は肌の真皮にあるメラノサイトを刺激することで、日やけやシミの原因になるメラニン色素を生成します。じつはAGEにも、紫外線と同じ作用があるのだそう。

「AGEは、紫外線と同じようにメラノサイトを刺激し、メラニン色素の生成を促す作用があるのです。

紫外線によって生成されるメラニン色素は、通常は時間が経つと新陳代謝で消えます。しかしAGEが真皮に滞在していると、メラノサイトを絶えず刺激し続け、過剰にメラニンが生成されます。これがシミの原因

紫外線とAGEはまさに“悪友”で、相乗効果でシミを増殖させてしまうのです」(山岸教授)

また、体内の糖化が進みAGEが蓄積すると、血流が悪くなりむくみが起こります。これが、透明感やツヤがなくなる「肌のくすみ」の原因になると山岸教授。体内の糖化を防がない限り、シミやくすみを根本的に防ぐことはできないようです。

肌の糖化を防ぐふたつのポイント

蒸し料理

それでは、一体どうすれば体内の糖化を防ぐことができるのでしょうか。

「糖化を防ぐポイントはふたつ。AGEを多く含む食品を避けることと、体内での生成を防ぐことです」(山岸教授)

ステーキの焦げ目や、ホットケーキのきつね色はAGEの塊。一般的に、肉や脂肪を含む食材を高温で揚げたり、焼いたりした食品には、多くのAGEが含まれています

山岸教授によると、食品中のAGEの7%は体内にとどまり、腸内細菌を悪玉化させてしまうのだそう。揚げ物を避け、蒸し料理や茹で料理、低温調理を増やすなど、ふだんの食事に気を配ることが大切です。

そして、体内での生成を防ぐために有効なのが、糖化を防ぐ作用のある抗糖化食品を食事に取り入れること。最初に野菜を食べるベジファーストや、よく噛んでゆっくりと食べるなど、血糖値の上昇を抑える食べ方も効果的だといいます。

「糖化と肌老化」から考えるシミ・くすみ対策、次回は山岸教授おすすめの抗糖化食材や、抗糖化力を高める食べ方のコツについてうかがいます。

糖化、意識してますか?

肌も黄ばむって知ってました? 「糖化ケア」コスメおすすめ5選

「なんだか最近、肌がくすんできた気が…… 」「肌の黄みが強くなってきたみたい」と感じているあなたにおすすめしたい最新テクノロジーで挑む「糖化コスメ」...

https://mylohas.net/2019/04/189046sp_aging_saccharification.html

病気やシワ、シミなどを招く!?「糖化」をおこさない方法とは?

今、注目されているのが体内で起きる「糖化」。今回は、老化の原因物質AGE研究の第一人者である、内科医の山岸昌一教授に、糖化とは何か、AGEができる仕...

https://mylohas.net/2019/04/188884sp_aging_ageall.html

山岸昌一(やまぎし・しょういち)教授
昭和大学 医学部 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌内科学部門 教授。AGE研究の世界的権威。テレビ、ラジオ番組を通じて「AGEを抑え、老化を防ぐ方法」について一般向けに啓蒙活動を実施。AGEに関する研究で、日本糖尿病学会賞、アメリカ心臓病協会最優秀賞を受賞し、600本を超える英文論文を発表。

村上農園

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    9. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?