1. Home
  2. PRESENT
  3. クレンズケアシャンプーが全面リニューアル。パッケージと香りを気分で選ぶ【プレゼント】

クレンズケアシャンプーが全面リニューアル。パッケージと香りを気分で選ぶ【プレゼント】

9,720

知恵子

ピュアン

カラーやパーマ、アイロンなどで痛みやすい髪は、ダメージによる乾燥が気になる人が多く、保湿力の高いシャンプーを使っている人も多いのでは? ただ、夏は地肌のべたつきやニオイが気になる季節。地肌まですっきりとクレンジングしたいものです。

おすすめはヘアケアブランド、メリットの「PYUAN(ピュアン)」。汚れを落とすことを一番に考え、2017 年に誕生したクレンズケアシャンプー&コンディショナーです。

いままでも人気商品でしたが、2019 年7月13日より全面リニューアルして、さらにパワーアップ。5クリエーターとパッケージデザインをコラボレーション。香りも、それぞれの気分を表現する香料を、香水の調香も手掛けるパフューマ―と共同開発。女性のなりたい気分を5種類で表現しているので、きっと自分にぴったりな「PYUAN」が見つかるはずです。

やさしくしっかり洗って香り長持ち

髪を洗う女性

「PYUAN シャンプー」の特徴である“汚れの落とし方”とは、地肌や髪を洗うのに大事な洗浄成分である「ピュア泡」が、固くて落としにくい皮脂汚れをやわらかくし、ふわっと浮き上がらせるというもの。

だから地肌の汚れやベタつきをやさしく、でもしっかりとオフ。きしまない洗いあがりで、指通りもなめらかです。シリコーンフリー処方で、パール剤や着色料もフリー。地肌と同じ弱酸性です。

コンディショナーはふんわり清潔感のある香りで、長持ちアロマ配合。水分・汗を感じて、フレッシュな香りが生まれつづけます。着色料フリー。弱酸性です。

「地肌をしっかり洗いたい」というクレンジング意識に寄り添った機能価値を提供してくれるのです。

“なりたい気分”を鮮やかに表現したヘアケア

ピュアン

気分で選べるパッケージと香りは5つ。明るく前向きでいたいときにおすすめなのはシトラス&サンフラワーの香りの「ACTION」。アーティスト、Dream Amiさんのデザインです。調和を保ちたい時は、ファッションデザイナー、TSUMORI CHISATOさんのデザインしたピーチ&プラムの香り「CIRCLE」。

イラストレーター、河井いづみさんのデザインした「DEARING」は、ローズ&ガーネットの香りでちょっと大胆になりたいときにおすすめ。個性を大事にしたい人には、ライフスタイルショップ「SALON adam et ropé」がデザインしたリリー&サボンの香りの「UNIQUE」。

そして、自然体でいたい、日常を愛するあなたには、ミンティー&ミュゲの香りの「NATURAL」がおすすめ。写真家の高橋ヨーコさんによる雄大な自然の写真を眺めるとホッとひと息できそう。夜のリラックスバスタイムにぴったりですね。

そこで今回は、この「PYUAN NATURAL」のシャンプーとコンディショナーをセットで5名様にプレゼントします。

【プレゼント詳細】

  • 当選者数:5名様
  • 応募締切:9月15日(日)
  • 当選発表:9月17日(火)
  • プレゼント提供:PYUAN

↓応募はこちら↓

    Ranking

    1. まずは10回から挑戦したい「桃尻」をつくるバランスエクササイズ

    2. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    5. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    6. これって、本当にヘルシー? 添加物は? 手にした食品の健康度をチェック

    7. ムダ毛ケア、どうしてる? 光美容器って本当にいいの? 開発者に聞きました

    8. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    4. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    5. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    6. まずは10回から挑戦したい「桃尻」をつくるバランスエクササイズ

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    9. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    6. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    9. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    10. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら