1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 暑さによるイライラで起きる「自律神経トラブル肌」の対処法

暑さによるイライラで起きる「自律神経トラブル肌」の対処法

脱・疲労!

2,042

風間裕美子

夏バテする女性

乾燥、吹き出物、ゴワつきなど。夏の終わりに発生しやすい肌トラブル3タイプについて、原因とお手入れ法を皮膚科医の髙瀬聡子先生が解説。

美容のプロがおすすめする、レスキュースキンケアプロダクツも紹介します。

3つ目は、自律神経トラブル肌について。まずは、肌トラブルのタイプを確認。以下の項目から当てはまるものを選んで、自律神経トラブル肌になっていないかをチェックして。

>>ひとつ目のお悩み「インナードライ肌」診断&解決策
>>ふたつ目のお悩み「UVトラブル肌」診断&解決策

自律神経トラブル肌5つの症状チェック

【自律神経トラブル肌 診断チェック】
□ 最近胃腸の調子が悪い。
□ 暑くて寝不足気味。
□ 吹き出物ができている。
□ いつものスキンケアコスメが染みる。
□ 毎日ストレスフルに感じる。

自律神経トラブル肌の特徴は

汗をかく女性

自律神経とは、心臓の鼓動や呼吸など、命に関わる機能をコントロールする神経のこと。

暑いときには汗をかいたり血管を広げたりして熱を放出し、寒いときには鳥肌を立てたり血管を縮めて熱を逃がさないようにするなど、体温調整の働きも担っています。

エアコンの影響で屋内と屋外の温度差が激しいと、自律神経はてんてこ舞い。汗をかいたりひっこめたり大忙しになって、疲れが溜まってしまうと言われています。

高瀬先生

高瀬先生

暑さで食欲がなくなったり寝不足になったり。あるいは冷たいものの飲み過ぎ食べ過ぎで胃腸が弱ったり。夏は自律神経も体も、かなり疲労が溜まっています。
すると代謝が衰え、血液やリンパの巡りが停滞。肌に老廃物が溜まり、吹き出物や肌荒れなどが起きてしまいます。
これが、自律神経トラブル肌。自律神経トラブル肌は暑さだけでなく、ストレスも原因になり得ます。仕事や人間関係に悩んでいて、しかも吹き出物や肌荒れが多いという人は、ストレスで体の内側がダメージを受けているのかもしれません。


おすすめのケア方法

入浴する女性

自律神経トラブル肌は体の疲労が根本原因なので、第一に体調の立て直しを。

高瀬先生

高瀬先生

炭酸入浴剤を入れたお湯に入浴すれば、リラックスできるし血流も整って一石二鳥。お風呂上がりは好きな香りのアロマオイルでボディをマッサージしたりして、ストレスを解消します。
暑さも一段落する頃ですし、食事はしっかり摂りましょう。とくにビタミン類は、疲れた体と肌に必須です。
ビタミンAはターンオーバーを促し、ビタミンBは脂質代謝を整えます。ビタミンCは抗酸化作用が高く、ビタミンEは体の巡りを促進します。
緑黄色野菜を食べるとか、サプリメントを利用してもよいでしょう。


体をしっかり整えた上で、次は肌のトラブル解決を。

緑黄色野菜

高瀬先生

高瀬先生

吹き出物には酵素洗顔などで角質ケアをして、代謝を高めましょう。ニキビ専用コスメやビタミンC配合コスメも、吹き出物の炎症改善に有効です。
肌荒れ解消のためには、水分と油分を補ってバリア機能を回復させる必要があります。化粧水でたっぷり水分を与えたら、乳液やクリームなどの油分でフタをするのを忘れずに。


話題の白玉点滴でデトックスも

鏡を見つめる女性

美白効果があると人気の白玉点滴ですが、実は肝臓の働きをサポートしてデトックスにも役立つ、と髙瀬先生。

高瀬先生

高瀬先生

白玉点滴のメイン成分であるグルタチオンは元々肝臓にあって、解毒に役立っています。
白玉点滴で肝機能を高めれば、巡りが滞って溜まってしまった老廃物のデトックスに役立ち、吹き出物の解消に役立つのです


白玉点滴(グルタチオン 600mg)1回8,640円(税込)[ウォブ クリニック 中目黒]

美のプロがおすすめ! 自律神経トラブル肌のスキンケアコスメ

自律神経トラブル肌のスキンケアコスメ

(画像左から)エスティ フィロソフィ オスキア ベッドタイムビューティーブースト50ml 19,440円(税込)、
ドゥーナチュラル インテンシブエッセンス [ディープ モイスチャー] 40ml 2,808円(税込)

PR会社ラ キャルプ代表 新井ミホさん

肌にも地球環境にも優しいナチュラル・オーガニックコスメの目利きとして知られる、PR会社ラ キャルプ代表新井ミホさんのイチオシは、寝る前に天然のアロマで心を癒やしてくれるクリーム

新井さん

新井さん

「オスキア ベッドタイムビューティーブースト」は乾燥肌に悩んでいた私の救世主的アイテムのひとつ。“栄養学的視点からのアプローチ”で作られたコスメで、約98%がナチュラル原料
オーガニック認証を受けた原料、またはナチュラル植物由来成分を積極的に使用しているそうです。
夜寝る前に使うと、睡眠中肌に栄養をブースト。翌朝は、ハリと潤いに満ちた肌に整い、内側からふっくらします。


美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん

美容誌の編集で培った豊富なスキンケア知識を活かし、ユニークなお手入れ法を提案する美容ジャーナリストの鵜飼香子さんがセレクトするのは、ゆらぎ肌をケアする新ブランドのアイテム

鵜飼さん

鵜飼さん

「ドゥーナチュラル インテンシブエッセンス」はストレスでゆらいだ肌を立て直す、保湿力の高い美容液。
使う前と比べて、肌のもちもち感が激変! まるでタピオカみたいな肌感触になります。
疲れ果てて寝不足のときも、紫外線に終日晒されてゴワゴワするときも、これさえあればモチ肌に。
ドゥーオーガニックの新ブランドということで、安全性と効果実感にこだわり、真摯に丁寧に真剣に作られた製品なんだと信頼できます。


自律神経のダメージは、肌だけでなく体にも影響大。生活習慣の見直しも取り入れつつ、スキンケアに取り組みましょう。

>>ひとつ目のお悩み「インナードライ肌」診断&解決策
>>ふたつ目のお悩み「UVトラブル肌」診断&解決策

うるおう肌のためのスキンケア

スリーピングマスク6選! 洗い流し不要で簡単スペシャルケア

洗い流し不要。塗って寝るだけの簡単スペシャルケアがかなう、 注目のスリーピングマスク6アイテムをピックアップしました。

https://www.mylohas.net/2019/07/193876sleepingmask.html

コスメ大好き編集者が、全身のうるおいをキープするために飲むものは?

コスメ大好きな編集部のタナカが、全身のうるおいをキープするために飲むものは? MYLOHAS編集部の「体調管理に欠かせないもの」をピックアップ。30...

https://www.mylohas.net/2019/01/183624health_tanaka.html

髙瀬聡子先生

髙瀬聡子(たかせさとこ)先生
皮膚科医。ウォブ クリニック 中目黒 総院長。レーザーや光などの先端美容医療のほか、正しいスキンケア知識を伝えることで、美肌作りをサポート。ドクターズコスメ「アンプルール」のプロデュースも手がける。


[オスキア, ドゥーナチュラル]

撮影/中山実華(商品画像)、image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由