1. Home
  2. EAT
  3. 「カロリー摂取量」じゃない!ダイエットで気にすべきこと

「カロリー摂取量」じゃない!ダイエットで気にすべきこと

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

23,529

Maya A. Kishida(翻訳)

食材を入れたバッグ

カロリーさえ守っていれば、やせると思ってる?

それはある意味そうなのですが、厳密に言うと、毎日のカロリー摂取を500kcal減らせば、1週間あたりおよそ0.45kg減るという計算になります

しかし、1日に必要なカロリー摂取量にはかなり個人差があり、身長、年齢、1日の活動量、ストレスのレベル、潜在的な健康状態などさまざまな要因によって変わっていきます。

では、どのくらいのカロリーを摂取すべき?

食事

image via shutterstock

米国人の食生活指針では、平均的な女性は1日あたり1600〜2400kcal、平均的な男性なら1日あたり2000〜3000kcalを摂取すべきとしています(※)。しかしデスクワークの女性の場合と、もっと活動的な女性の場合とでは、推奨カロリーの幅はかなり異なってきます。たとえば、50歳以上のアクティブな女性であれば、1日あたり1800〜2200kcalを摂取すべきなのです。

※編注:アメリカの場合。日本では、厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015年版)によると、1日の推定エネルギー必要量は、活動量がふつうの30~49歳女性は2000kcal、男性は2650kcalとされています。

数字にこだわるよりも、食事のタイミングが大事

食材

image via shutterstock

しかしここで非常に重要なのは、どのくらい多くのカロリーを摂取しているのかを意識すべきではあるけれど、そのことに生活を支配されてはならないということ。そう話すのは、ニューヨーク市で栄養コンサルタントとして活躍する管理栄養士ケリー・ガンズさんです。

減量に関して言うなら、どのような食品からどのくらいカロリーを摂取すべきかを知り、健康的に体重を落とすための食事のタイミングを学ぶことのほうがずっと効果的だとガンズさんは考えています。

「わたしは自分のクライアントとカロリーについて話し合うことはありません。数字にこだわってほしくないからです。数値ではなく、どのように健康的な食事を組み立てていくかを考えるようになってほしい。それが正しくできるようになれば、カロリー摂取量も自然とそうあるべきところに落ち着きますよ」(ガンズさん)

ダイエットアプリの利用も効果的

ただし、きちんと記録をつけたいと考えていて、健康的に体重を減らす方法についてのアドバイスがほしいのであれば、ダイエット用のアプリをダウンロードしたり、カロリー計算をしてくれるアプリ(MyFitnessPal、Calorie Control Council、Control My Weight、Fat Secretなど)を試してみましょう。カロリー摂取量を意識することは、自分の食事を評価することにもなるのです。

次回は、不要な体重を減らしつつ、必要な栄養はしっかり摂取するためのヒントをガンズさんに教えてもらいます。

ダイエットは健康的に

やせないときに試したい。ダイエット成功の秘訣3つ

ダイエットの停滞期から抜け出す3つのコツを、管理栄養士が教えます。やせない時期から脱出するために心がけたいことは?

https://www.mylohas.net/2019/08/196833diet_plateau.html

食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも…

農薬やGMO、発がん性物質などが含まれる食材は、実は身近にたくさんあります。食品事情に詳しい医師や栄養士が、普段食べないように心がけている食材は?

https://www.mylohas.net/2019/08/195267pvn_50foods.html

Alyssa Jung/How Many Calories Should You Eat to Lose Weight? A Dietitian Explains/Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbanner

    Ranking

    1. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    2. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    3. 【クイズ】便秘解消の味方「さつまいも」の食べ方。温める? 冷やす?

    4. 心の波を落ち着かせるには? 今すぐできるメンタルトレーニング2つ

    5. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    6. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    7. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    8. 在宅時のおやつにも! 「ナッツ」は思っているより低カロリーだった

    9. ぜい肉を振り落とせ! 家で運動不足を解消できるエクササイズDVD6つ

    10. 「在宅勤務」の時間を健康的に過ごす方法

    1. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    2. ダイエットの神降臨。やせない人がまずやるべき超簡単な方法

    3. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. ダイエット中でもお腹が空きにくい「高タンパク質低炭水化物」おかず5選

    6. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    7. 【クイズ】やせやすい体をつくるなら。腹筋とスクワットどっちがいいの?

    8. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    9. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    10. 太ってきたときの炭水化物との付き合い方。お米・パン・麺はどう選ぶ?

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    5. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    6. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    9. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    10. ダイエット中でもお腹が空きにくい「高タンパク質低炭水化物」おかず5選

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention