1. Home
  2. BODY
  3. 世界のだいぶ珍しい病気7つ。肌が青くなる、自分の毛を抜いてしまう…

世界のだいぶ珍しい病気7つ。肌が青くなる、自分の毛を抜いてしまう…

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,997

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

タイトル

糖尿病、がん、心臓病……。

よくある病気であれば、誰しもどこかで聞いたことはあるはず。一方で、まさかそんな病気が? と、驚くような病気も世の中にはあるのです。

例えば、急に外国語のようなアクセントで話し始める症候群、文字通り肌が青くなる病気など。アメリカ人の10人に1人は、何らかの希少疾患(レアディジーズ)にかかっています。ここでは、聞いたこともないような病気について紹介します。

  1. 外国語様アクセント症候群
  2. ファブリー病
  3. 不思議の国のアリス症候群
  4. メトヘモグロビン血症
  5. トリコチロマニア、抜毛症
  6. 異食症
  7. 寒冷アレルギー

1. 外国語様アクセント症候群

話す人

普通に話したと思ったら、次の瞬間には外国語のアクセントで話してしまう、そんな不思議な状態になってしまうのが、外国語様アクセント症候群(FAS)と呼ばれる病気です。突然話し方が変わるというもの。通常、脳卒中や脳損傷を患った後に起こります。

テキサス大学によると、まったく新しいアクセントで話しているように聞こえます。言葉を発するタイミング、イントネーション、舌の使い方が変わるため。例えば、イギリス英語がフランス語のように聞こえたりするほか、アメリカ英語がイギリス英語、スペイン語がハンガリー語、日本語が韓国語などと話し方に変化が出てくるという事例があります。

2. ファブリー病

ファブリー症

消化器に関する病気かと思っていたら、まれな病気であるファブリー病であるというケースがあるのです。脂質(脂肪)の新陳代謝に異常が起こり、男女ともに起こる可能性があるのですが、ほとんど男性がかかるという特徴を持った病気です。

症状は「グロボトリアオシルセラミド」と呼ばれる脂肪の一種の蓄積によって起こります。この成分は、体の細胞に含まれることが分かっています(米国国立医学図書館のジェネティックスホームリファレンスの解説より)。

「患者は長年にわたって消化器系のトラブルを抱えていました。確認された症状とは、ほとんどは腹部の痛み、または下痢。さらに、暑い環境に弱くなって、お腹のまわりに発疹が見られたりします」と、マシュー・テイラー医師(UCヘルスの遺伝子学専門医)。

「振り返ると、そうした軽くて慢性的な症状が、最終的にはひとつの病気につながります。あまり見られない病気であるため、何人もの患者を診療したことがある医師はほとんどいないはず」とテイラー医師。

3. 不思議の国のアリス症候群

鏡を見る女性

不思議の国のアリスと言えば、特別なケーキを食べてしまって、体で部屋がはちきれるほど大きくなってしまうというエピソードがあります。まさに、そんな風に体の感覚が変わってしまうのが、不思議の国のアリス症候群という病気。

自分が感じる自分自身の体の大きさのイメージが変わってしまうのです(体のまわりにあるものについての感覚も)。実際よりも大きく感じたり、小さく感じてしまったり。

幻覚ではなく、脳の中に起こる問題によって、感覚が変わります。短い時間に限られることも、ずっと続いてしまうことも。研究によると、頭痛を伴うことがよくあるそう。治療方法はまだ見つかっていません。

4. メトヘモグロビン血症

青い手

肌が青くなる病気を聞いたことがあるとしたら、これかも。実際、肌がアニメのように青くなってしまうのですが、血液の病気であるメトヘモグロビン血症になるとこうした外見になります。

この色の秘密は、体がメトヘモグロビンを作りすぎてしまうため。メトヘモグロビンはヘモグロビンの一形態で、通常は血液の1%程度なのですが、病気になると20%にまで上昇。こうなるとヘモグロビンがうまく酸素を体に運べなくなるので、肌が青く変化したり、唇が紫になったり、血液は茶色になったりします(ジェネティクスホームリファレンスより)。

病気は遺伝する可能性がありますが、ある種の化学物質や医薬品によって起こる可能性もあります。

5. トリコチロマニア、抜毛症

目と眉

だれでも髪の毛をいじってしまうことはあるでしょうが、髪の毛を抜き始めたら、トリコチロマニア(抜毛症)と呼ばれる病気です。そうなると髪の毛が失われてしまい、原因も不明ですが、強迫性障害と呼ばれる精神的な病気の一分類と考えられています。

不幸にも、毛が失われる場所はまつげだったり、眉毛だったり、ヒゲだったりするのですが、そのことが精神的な苦痛にもつながります。これは米国希少疾患協議会(NORD)による解説です。

6. 異食症

チョーク

こんなことがあるのです。定期的に石を食べたり、チョークを食べたり、石けんを食べたり。異食症と呼ばれる、強迫的に異物を食べてしまう病気です。食べ物でもないものをほしがって、食べてしまう。

研究からは、鉄分や亜鉛の不足のために起こる可能性があると考えられています。大人よりも子どもで起こりやすく、歯や消化器を痛めてしまうのが問題に。妊婦さんもこの病気になりやすいと言われています。

7. 寒冷アレルギー

温度計

寒い季節に「イヤだな」と思うのは普通かもしれません。でも、この病気では、本当にアレルギーになってしまうのです。

家族性寒冷自己炎症性症候群(FCAS)、または家族性寒冷じんましんと呼ばれるもの。まれに起こる遺伝性の病気で、寒さにさらされたときにアレルギーのような症状を起こしてしまう病気です。

発疹が起きたり、関節痛が起きたり、けん怠感が起きたり、目がかすんだり、吐き気が出たりする症状が、1、2時間の間に起こり、だいたい24時間以内に治まります。米国希少疾患協議会による解説です。

続きます。

気になる症状は病気のサインかも?

吹き出物だと思っていたら…まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

吹き出物を放置していたら、それはなんと皮膚ガンだった! そんなこともあるほど皮膚ガンはわかりにくいことがあります。医師にかかるタイミングや見分け方と...

https://www.mylohas.net/2019/08/196866pvn_pimple.html

わかりにくい「女性の難病」。頬が赤い、口内炎が治らない…

目に見えずに全身が侵されるエリテマトーデス。「遺伝、ホルモン、環境などさまざまな要因で、エリテマトーデスになることがあります」とリウマチ専門医が解説...

https://www.mylohas.net/2019/08/195682pvn_autoimmune.html

Tehrene Firman/15 Weird Medical Conditions You Probably Haven't Heard Of/weird-medical-conditions/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    regularbanner

    Ranking

    1. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    2. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    5. お酒をやめるとやせますか? 3か月の禁酒で5.4kgの成功例は

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?