1. Home
  2. SPORTS
  3. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は…

「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は…

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

144,494

Maya A. Kishida(翻訳)

脇腹

image via shutterstock

脇腹についた無駄な脂肪は、腹筋運動を頑張ってもなかなか落ちにくい気がします。

しかし、脇腹のぜい肉を落とすために重要なのは、健康的な食事と通常のエクササイズというありふれた組み合わせ。地道に実行していれば、目標達成もすぐそこです!

脇腹のぜい肉を落とすのにぴったりのエクササイズは、有酸素運動に筋トレを組み合わせたもの。エクササイズで全身をくまなく使うのがカギになります。

「頭からつま先まで使って動くのを意識してみて」と話すのは、ワンダーバーピラティス創立者でセレブ御用達のトレーナーでもあるエイミー・ジョーダンさん。「心肺機能を高めて、カロリーをしっかり燃やせば、服の上から筋肉がついているのがわかるくらいに体を引き締まりますよ」

ジョーダンさんおすすめ、脇肉退治の2つの運動をご紹介します。

脇肉退治におすすめの運動「プランク」

プランク

ジョーダンさんいわく、脇腹のぜい肉を落とすのに最適なエクササイズのひとつが、プランク。なぜなら完璧なフォームを維持するために、全身を駆使して大いに努力しないといけないから。

「プランクは頭からつま先までをつなぐ筋肉のラインを美しく引き締め、体幹の機能性を高めるのに効果的なんです。いっぽうクランチ(腹筋運動)は、身体の正面の筋膜を縮める動きです」

したがってジョーダンさんは、一般的に腹斜筋を鍛えたいのであれば、おなじみのクランチはすすめないとのこと。

「プランクは関節を動かさず一定の姿勢を保つというアイソメトリックな運動(等尺性筋収縮運動)によって持久力を鍛えます。毎日10秒ずつプランクの時間を長くしていくことに挑戦してみてください」とジョーダンさん。

脇腹に効く! 4つのプランク

1. プランクを行いながら片ひざずつ曲げる(ベイビーベンド)

ベイビーベンド

image via shutterstock

2. 胴体をまっすぐ動かさずに、片方の足を横に伸ばす

3. プランクの姿勢から体を回転させてサイドプランクへ

サイドプランク

image via shutterstock

4. プランクパイク

腰を持ち上げ体を三角にして、再びプランクの姿勢に戻る。天井に向かってお尻を持ち上げるには、足の下にグライディングディスクかハンドタオルを置いて行うとやりやすい。

それぞれのエクササイズを12回行い、これを合計3ラウンド〜適切なラウンド数繰り返すことを、ジョーダンさんは推奨しています。

次回は脇腹の肉をスッキリさせる食事のコツをご紹介します。

ぜい肉を減らしたい!

専門家に聞く! セレブのお腹ダイエット方法は正しいのか?

40歳を越えるとお腹の脂肪は落ちにくいもの。年齢に負けない引き締まった身体のために役立つワークアウトや食事を専門家に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/03/186962pvn_stomach.html

ぽっこりお腹を平らにする「食べ方」は? 栄養士が教える8つの工夫

お腹が出始めた時に気ににするのは食べるもの。でも意外なことに、平らなおなかを手に入れる鍵は「食べ方」にありました。

https://www.mylohas.net/2019/04/188709pvn_belly.html

Tiffany Ayuda/ How to Get Rid of Love Handles Faster, According to a Personal Trainer/Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由