1. Home
  2. BODY
  3. お尻美人はピラティスをしてる。真似したくなる5つの運動習慣

お尻美人はピラティスをしてる。真似したくなる5つの運動習慣

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

12,096

Maya A. Kishida(翻訳)

ジェナ・ディーワン

その引き締まった体に、納得。

映画『ステップ・アップ』やダンス番組『ワールド・オブ・ダンス』でダンサーとして、また女優として活躍を続けるジェナ・ディーワン。運動神経抜群の彼女が、美しいボディを保つために毎日続けていることは? 彼女のインスタグラムからヒントを見つけましょう。

1. ピラティスマシンで効率的に!

最初の動画では、38歳になるダンサーのジェナが、ピラティスの専用マシンのリフォーマーを使って足を持ち上げる動作を行っています。

お尻をまっすぐに保ち、肩は手首の上に維持して体幹をしっかり意識している点に注目。多くのピラティスのエクササイズ同様、足を持ち上げている間、正しいフォームをキープすることがエクササイズから最大限の効果を引き出すカギとなります。

ジェナのように臀部をしっかりと引き締めれば、負荷がかかっていることを感じることができるでしょう。

2番目の動画では、ジェナはリフォーマーの上でグルートブリッジを行っています。つま先はまっすぐ上を指した状態で両足の筋肉を引き締めて、天井に向かって腰を持ち上げる動作がきちんとできていますね。これこそまさに、美尻をつくるための動きです。

ジェナはこの激しいワークアウトをゆっくりと確実に数ラウンドこなしています。要するに肝心なのは回数を多くやることではなく、エクササイズの質を高めることなのです。

2. ダンスの動きも取り入れて

ピラティス以外にも、ハリウッドのトレーナー、ジェニファー・ジョンソンと行っているダンスをベースにした個別のセッションやスピンクラスもお気に入り、と雑誌の取材で答えたジェナ。

トレーナーのジェニファー・ジョンソンも「ダンスを取り入れると、屋内サイクリングやランニングのように同じ動きを何度も繰り返さないんです」と『セルフ』誌に話しています。

ジャンプする、スクワットする、床に寝転ぶ、横に飛ぶ、くるくる回る、ターンする。そうやって常に動きの方向や強度を変えていきます。そうすると楽しいので、有酸素運動を簡単に取り入れることができるんです」

また、ジムのワークアウトとバランスを取るために、ジェナは飼い犬のミカとルルと一緒にハイキングに行くのも楽しんでいるそう。「週に2、3日はワークアウトをするようにしています。心と体と精神にいいから。家の中のみんなにとっても、いいことなの」と答えたジェナ。

3. スキマ時間を運動時間に変えよう

6歳になるエヴァリーちゃんの母親として、子育ての合間に運動の時間を捻出しているジェナ。

そんな彼女は、母親としてやらなくてはならない作業、たとえばエヴァリーの寝かしつけなどもワークアウトに変えてしまっているんです。『インスタイル』誌では次のように話しています。

「エヴィーを寝かしつけるための数分、数時間もすべて活用してエクササイズにしてしまうの。部屋を横切るときにランジをしながらとか、スクワットでもなんでもやるわけ。いずれにしても40分間かかるなら、それならその時間をちょっとした運動の形に変えてしまったほうがいいでしょ? このおかげで、普通よりも少し早く体調を元に戻せたんじゃないかな」

4. ホテルの部屋でもエクササイズ!

あちこち飛び回って忙しいとき、ジェナはホテルの部屋でエクササイズをやる方法も見つけています。2018年10月のインスタグラムの投稿はこんな感じ。

「ときには、家かホテルにさっさと帰ってワークアウトする時間しかないことも! ひざを胸に抱える運動を25回、スクワット20回、腕立て10回、スクワットジャンプ10回、腹筋25回、これを5回繰り返す」

5. 健康的に食べることが大事

ジェナ・ディーワンはアクティブなだけでなく、10歳の頃から始めたというヴィーガンの食生活にも従っているそう。

2018年の『ピープル』誌で「単純明快で心地よく感じるので、健康的に食べることも生き方のひとつだと考えています」と語っています。

「できるだけ健康的に食べるようにしているのは、ダイエットがあまり好きではないから。こうしてバランスを取るように心がけているので、急激な食事制限を設けなくて済むんです」

こうした食事やエクササイズの習慣が、ダンサーであるジェナ・ディーワンにとって驚異的な効果を発揮しているんですね!

もっと、ピラティス!

たるんだ腕を引き締めたい! 軽めのウェイトを2つでできるピラティスエクササイズ4

腕に筋肉をつけるといいことがいっぱい。効率的に鍛えられるピラティスエクササイズをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/11/178572arms.html

ピラティスインストラクター マサコさん|My Favorite Sports vol.012

現在、ピラティスのインストラクターとして活躍しているマサコさん。もともと運動経験がなく、鉄棒の逆上がりもできないほどだったという彼女が、ピラティスに...

https://www.mylohas.net/2018/09/174584myfavoritesports_012.html

Nicol Natale/Jenna Dewan Reveals the Pilates Workout She Does for a Strong, Sculpted Butt /Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由