1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. メイクが崩れる意外な要因は? 美肌キープのコツは朝のスキンケアにあり

メイクが崩れる意外な要因は? 美肌キープのコツは朝のスキンケアにあり

読者の悩みに専門家が答える、ビューティ駆け込み寺

22,142

AYANA

汗をかく女性

MYLOHAS読者の、ニッチな美容のお悩みを解決する「ビューティ駆け込み寺」連載。今回は、「夏にメイクが崩れにくいスキンケアのコツは? 夏の乾燥トラブル対策も知りたい!」というお悩み。

夏は肌がべたついてメイクが崩れやすい反面、肌の乾燥の原因にもなるエアコンも稼働中。スキンケアに悩みますよね。

お答えいただいたのは、化粧品メーカーでの美容コンサルタントとして多方面で活躍する、ビューティサイエンティストの岡部美代治さんです。

夏のスキンケア、化粧水だけで終わらせてはダメ!

朝のスキンケア

夏はとにかく汗や皮脂が多く出てしまい、メイクの崩れが気になってしまいます。メイク前のスキンケアも、アイテムを省いてついつい化粧水だけで終わらせてしまう、なんてことはないでしょうか。

「夏でも肌に油分は必要です。きちんと補う必要があるので、乳液やクリームなど油分がきちんと含まれたスキンケアは朝晩ともに怠らないほうがいいでしょう。

化粧水だけでは、つけたその瞬間はうるおいますが、やがて蒸発して肌が乾いてしまう原因になります」(岡部さん)

乳液、クリーム

しかし、特に朝は乳液やクリームを使うとメイク崩れが心配ですよね。適量はあるのでしょうか?

「肌になじませたときに、肌や手がテカテカしすぎず、ベタつきを感じないようならメイク崩れには影響しません。

冬場に比べて量を控えめにするなど調節してみてください。また、夏と冬でスキンケアを変えるのもおすすめ。

春夏はさっぱりと美白効果のあるもの、秋冬はしっとりエイジングケアできるものと、使い分けるといいでしょう」(岡部さん)

スキンケアのタイミングに注意!

スキンケア

夏のスキンケアを肌によくなじませるためには、汗がきちんとひいた状態で行うことが大切です。

朝夜ともにシャワー後は特に汗ばんでしまいがちですから、スキンケアに入る前に状態を整えましょう。

「汗をかいたままの状態でスキンケアしても、保湿成分が肌になじみにくいのです。

その後にメイクをする場合は、化粧崩れも起きやすくなってしまいます。汗はティシュオフなどして拭き取ってから保湿を行うのがベストです」(岡部さん)

洗面所が暑くてどんどん汗が吹き出てしまう! という場合には、エアコンや扇風機をかけた部屋に移動してスキンケアするのもいいですね。

そもそも夏肌は乾燥しやすいの?

夏は湿度が高い季節ですが、エアコンの稼働による空気の乾燥や、また急激な温度差などで肌は乾燥状態に陥りやすいものです。

「夏の肌は表面がべたつく一方で内側は乾燥している……などと言われることがありますが、肌が乾燥する原理は基本的に冬と同じ。

肌の水分、油分のバランスが崩れ、ターンオーバーが乱れているだけです」(岡部さん)

肌のべたつきの原因は油分とは限らず、スキンケアの保湿成分によるものというケースもあるそう。べたつく=油分過多、と早合点せず、適切に油分を補ってあげましょう。

岡部さんおすすめ! 夏肌のためのスキンケア

ポーラ ホワイトショット

ポーラ ホワイトショット LX 150mL 11,880円(税込)

日本で10年ぶりに新承認の美白有効成分を配合した、白濁ローション。肌にすっとなじみ、透明感とうるおいで満たしていきます。

表皮細胞のエネルギーを高めるという新しい発想で、シミ・ソバカスを防げる肌へ。

アルビオン エクサージュホワイト

アルビオン エクサージュホワイト ホワイトライズミルク I 200g 5,400円(税込)

化粧水の前にコットンでなじませ、肌のキメを整える美白乳液。肌をうるおわせつつひきしめて、メラニンの生成を抑えます。

みずみずしさがはじけるような、さわやかな使い心地はオイリーに傾いた肌にもぴったり

クリニーク モイスチャーサージ

クリニーク モイスチャーサージ72ハイドレーター 29g 4,860円

肌に溶け込むようななじみ感で、すみやかにうるおいをチャージするジェルタイプのクリーム。

うるおいを長時間閉じ込める設計で、健康的でツヤのある肌印象が続きます。べたつきを感じない使用感が世界中で愛される名品。

夏を快適に過ごせるよう、使用感のさっぱりとしたものを選び、保湿は油分までしっかりと補うようにしましょう。

>>「ビューティ駆け込み寺」連載をもっと見る

老けないための正しい紫外線対策

紫外線に負けない笑顔でいたい。メラニンと戦う美白スキンケア4選

日差しが強くなりはじめ、そろそろシミやそばかすを予防する準備をしなければと思っている人も多いのでは? そのためには、シミやそばかすの元となるメラニン...

https://www.mylohas.net/2019/03/186817whitening.html

「うっかり日焼け」をなかったことに! 美肌回復への近道スキンケア

夏にしがちな「うっかり日焼け」をなかったことに! エレミスのスーパーフードシリーズを使った、肌ダメージのためのスキンケア術を紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/07/193597elemis.html

[ポーラ, アルビオン, クリニーク]

mage via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由