1. Home
  2. MIND
  3. 嫉妬で、彼に“重たい女性”と思われないコツ

嫉妬で、彼に“重たい女性”と思われないコツ

お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

3,177

TETUYA

0concierge_2

こんにちは。人間関係の悩みを解決するお助けコンシェルジュTETUYAです。

今回のテーマは、重たい女性だと思われないコミュニケーション術。嫉妬をあからさまに見せずに、うまく伝える方法を男目線からみなさんにお伝えしたいと思います。

重たい女性とは、一体どんな女性のことをいうのか? まずはそこから考えてみました。

男性との会話で“否定語”を使う女性

男性から見て、重たい印象の女性にも、ライトからヘビーまでいろんなタイプがいますよね。

あくまで相手の男性が受けるイメージですから、個人差はあります。ライトなもので言えば、話がまわりくどくて長い女性。ヘビーで言えば、愛が重い女性(苦笑)。

冒頭に書いた、嫉妬する気持ちをダイレクトに伝えるとするなら、「遅くまで飲んでこないでね」や「浮気しないでね」、「他の女性とLINE交換しないでね」など、「Don’t ○○」という束縛色の強いフレーズになってしまうと思います。

子どもの頃に、みなさんも大人に言われた経験があると思います。「○○しちゃだめよ」って。この言葉を言われると、子どもながらに、従順に従わなきゃと思う反面、時には、どこか不満やストレス、反発したい気持ちがフツフツと湧き上がるようなこともあったと思います。

特に、大人の男性に向かって言い過ぎてしまうと、束縛色の強い重たい女性の印象を与えてしまうんです。

I believe in you ~信じてる~

0concierge_2

でも、嫉妬する気持ちを、自然と彼にも分かってもらいたい時ってありますよね?(笑)。そんな時に使うと便利なフレーズが、「信じてる」。

例えば、「○○君は、浮気するタイプじゃないよね? 信じてるから」というように、フレーズのどこかに「信じてる」という言葉を明るく冗談っぽく付けると効果的。

さきほどの「○○しちゃだめよ」だと、重たい女性の印象を与えると同時に、だめと制限されたことって、逆にしたくなるという欲求にかられてしまうことがあるからです。

「信じてる」と言われると、大抵の人は「裏切ってはいけない」と思っちゃいますからね。言い方ひとつで、全然変わるのです。

>>お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

実用的なコミュニケーション術をもっと見る

友人が多い人が実践している!? 自分の格を上げる断り方のヒント

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事、恋愛、家族、友人関係…あらゆるコミュニケーションの悩みを解決します! ...

https://www.mylohas.net/2019/08/196030concierge01.html

自分の「プラン」を通す必勝法。提案力をあげる対話テクニックとは?

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事やプライベートにおいて、自分の提案を通したいシチュエーションで役立つテク...

https://www.mylohas.net/2019/07/195228concierge02.html

イラスト/古荘風穂

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    4. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    5. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    7. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    8. マスク着用で過敏になった肌にも。ディオールの「シカ成分」配合バーム

    9. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    4. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    5. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    6. 自分を褒めることを習慣にしたら、人生が変わった/モデル・野沢和香[前編]

    7. 自律神経の乱れ、寝つきの悪さを1分で整える

    8. 更年期の不調に「個人差」があるのはなぜ? 日によって症状も程度も違うのは?

    9. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    10. マスク着用で過敏になった肌にも。ディオールの「シカ成分」配合バーム

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    8. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    9. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    10. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら