1. Home
  2. BODY
  3. 公園に行くだけで健康良好!? 何時間いると効果的?

公園に行くだけで健康良好!? 何時間いると効果的?

Healthday News

2,337

MYLOHAS編集部

0828hld_01shutterstock_1040030050

自然の中で週に数時間過ごすと健康にプラス効果がある?

週に数時間ほど自然の中で過ごすだけで、心も身体も健康になるかもしれない――

そんな研究結果がイギリスから報告されました。約2万人の成人を対象とした調査で、自然の中で週に2~3時間過ごす人は、まったく屋外で過ごさない人に比べ、心身ともに健康である率が高いことが分かったそうです。

週2~3時間自然の中で過ごしていた人は82%が「健康良好」

0828hld_02shutterstock_445912552

この研究は、英国政府が行った調査に参加した英国成人19,806人を対象としたもの。

参加者には、全般的な健康状態とウェルビーイング(身体的、精神的および社会的に良好な状態)を自己評価してもらい、過去1週間に森林や海岸、街中の緑地などの屋外で過ごした時間について回答してもらいました。

また、外出を妨げるような健康上の問題や運動習慣、年齢・職業、婚姻状態、さらに、貧困率・犯罪率といった居住地域の特徴などの因子についても調べました。

その結果、自然の中で過ごす時間が週に2時間以上3時間未満だった人で健康状態を「良好」と回答したのは82.0%ウェルビーイングを「高い」と評価したのは64.0%だったのに対し、全く自然に触れていなかった人では、それぞれの割合は68.5%、55.7%と低かったことが分かりました。

また、高齢者や運動機能に制約がある人などでも、屋外で週に2時間以上過ごす人は、2時間未満の人に比べ、自身の健康状態とウェルビーイングを高く評価していました。

近所の公園で、短時間でも効果は十分!?

0828hld_03shutterstock_129326879

参加者の多くは、自宅から約3km以内にある公園や緑地などで自然を楽しんでいました。結果を受け、研究リーダーは、必ずしも山歩きや遠出をする必要はなく「場所はどこでもいいですし、一度に2時間かけなくてもいいのです」と分析しています。

アメリカの専門家も、「〝自然と触れ合う″といえば国立公園などに出かけることを連想する人が多いですが、時間やお金をかける必要はありません。自宅近くの公園で十分です」と話しています。

今回の研究については、「単に、屋外で過ごすことをすすめるだけではなく、具体的に過ごすべき時間を明らかにしている点が興味深いです。このエビデンスには説得力があります」と評価し、「地域の住環境を整備する際は、緑地化を真剣に進めるべきでしょう。公園は単なるお飾りではありません。地域住民の誰もが公園や緑地を利用できるように配慮することも大切です」と語っています。

自然と触れ合うことが健康に有益であることのメカニズムは明らかになってはいませんが、2018年には140の研究結果をまとめた論文が発表され、日常的に屋外で過ごしたり、自宅周辺に緑地が多かったりする人では、血圧・心拍数・〝ストレスホルモン″のコルチゾールの血中濃度がいずれも低いだけでなく、睡眠時間が長く、2型糖尿病や心疾患になりにくいことが示されています。

時間をみつけて自然とふれあいたい

屋外で過ごすと健康によい11の理由。うつや認知症予防にも

暑いと涼しい部屋に引きこもっていたくなりがち。でも夏こそ外でアクティブに過ごして楽しみましょう。夏におすすめの屋外アクティビティをリストアップしまし...

https://www.mylohas.net/2019/08/195403pvn_activities.html

写真でもOK! 「自然に触れるとリラックスする」は本当だった

サイエンスライターの鈴木祐さんによる著書『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』より、すぐに実践できるストレス対策を毎日紹...

https://www.mylohas.net/2018/12/stress_27.html

HealthDay News 2019年3月20日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved. /(参考情報)Abstract/Full Text /image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?