1. Home
  2. BODY
  3. 週にどれくらい運動するのが効果的なの?

週にどれくらい運動するのが効果的なの?

Healthday News

4,581

MYLOHAS編集部

640_shutterstock_226560094

余暇のわずかな運動でも早期死亡リスクが減る!?

軽いウォーキングやガーデニングなどの適度な運動を週に10分~1時間程度行うだけで、早期死亡リスクが低下する可能性があるという研究結果が報告されました。運動時間が長くなると、死亡リスクはさらに低くなったということです。

40歳を過ぎたら余暇に体を動かすことが長生きの秘訣?

640_shutterstock_744161863

研究グループは、米疾病対策センター(CDC)が1997~2008年に行った全米健康聞取り調査(National Health Interview Survey)のデータから、40~85歳の成人88,140人の余暇の身体活動量を評価。これを2011年末までの死亡率データと関連づけて、身体活動量の死亡リスクへの影響について検討しました。

その結果、適度な身体活動を週に10~59分行う人では、座りがちな生活の人と比べて全死亡リスクが18%低く、身体活動の時間が長いほど死亡リスクの低下効果が大きいことが明らかになりました。適度な身体活動を週に150分~299分行う人では全死亡リスクは31%低く、週に1,500分(25時間)以上行う人では46%低いという結果でした。

また、適度な身体活動を週に10~59分行うと、心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患(CVD)による死亡リスクは12%、がんによる死亡リスクは14%低下しました。週に1,500分以上では効果はさらに大きく、CVDによる死亡リスクは33%、がんによる死亡リスクは47%低下しました。

週5時間ぐらいは体を動かしたい

640_shutterstock_735156763

ということは、できるだけ長く運動すればよいのでしょうか?

どうやらそういうわけでもないようです。報告によれば、CVDによる死亡リスクは、週1,500分以上運動しても、週300分程度の人と差はみられませんでした。CVDリスクは週150~299分運動した人で37%低減し、これが最大だったということです。

研究が行われた当時、米国の身体活動ガイドラインでは、運動は10分以上継続して行うべきとされていました。しかし、米政府はその後、運動はどのようなものでも、どんなに短時間でも週のトータル時間に含めても良いという見解を発表しています。

米国のある専門医によれば、運動によって心臓の機能が向上したり、血圧やストレスレベルが低下したりすることで、心疾患による死亡リスクが低下した可能性があるということです。

一方、運動のがんを抑えることについて、別の専門家は、運動によって代謝が促進され、古い細胞ががん化する前に新しい細胞に置き換わるからではないかと話しています。

カラダを動かすなら

エネルギーを燃やせる体に変わる! 新陳代謝トレーニングのやり方

メトコン(メタボリックコンディショニング)は代謝を活発にして体重を減らす優れた方法として注目されています。自分の目標に合ったメトコンを決める時のポイ...

https://www.mylohas.net/2019/07/195112sp_muscle_pvn_workout2.html

15分間で素早くカロリー燃焼!自宅でできる有酸素トレーニング

さまざまなエクササイズを取り入れた15分間の有酸素トレーニングで、引き締まったボディを目指しましょう。しっかりカロリーを消費しながら、楽しく心拍数を...

https://www.mylohas.net/2019/07/195179pvn_cardioworkout.html

HealthDay News 2019年3月20日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved. /(参考情報)Abstract/Full Text /image via shutterstock


    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. ひどい肩こりを自分で治す。コアを使った深いストレッチ

    3. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    6. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    9. 「おしっこのにおい」でわかる身体の異変。尿が臭い原因は?

    10. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    8. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    9. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    10. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの対人運は?