1. Home
  2. BODY
  3. 週にどれくらい運動するのが効果的なの?

週にどれくらい運動するのが効果的なの?

Healthday News

4,506

MYLOHAS編集部

640_shutterstock_226560094

余暇のわずかな運動でも早期死亡リスクが減る!?

軽いウォーキングやガーデニングなどの適度な運動を週に10分~1時間程度行うだけで、早期死亡リスクが低下する可能性があるという研究結果が報告されました。運動時間が長くなると、死亡リスクはさらに低くなったということです。

40歳を過ぎたら余暇に体を動かすことが長生きの秘訣?

640_shutterstock_744161863

研究グループは、米疾病対策センター(CDC)が1997~2008年に行った全米健康聞取り調査(National Health Interview Survey)のデータから、40~85歳の成人88,140人の余暇の身体活動量を評価。これを2011年末までの死亡率データと関連づけて、身体活動量の死亡リスクへの影響について検討しました。

その結果、適度な身体活動を週に10~59分行う人では、座りがちな生活の人と比べて全死亡リスクが18%低く、身体活動の時間が長いほど死亡リスクの低下効果が大きいことが明らかになりました。適度な身体活動を週に150分~299分行う人では全死亡リスクは31%低く、週に1,500分(25時間)以上行う人では46%低いという結果でした。

また、適度な身体活動を週に10~59分行うと、心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患(CVD)による死亡リスクは12%、がんによる死亡リスクは14%低下しました。週に1,500分以上では効果はさらに大きく、CVDによる死亡リスクは33%、がんによる死亡リスクは47%低下しました。

週5時間ぐらいは体を動かしたい

640_shutterstock_735156763

ということは、できるだけ長く運動すればよいのでしょうか?

どうやらそういうわけでもないようです。報告によれば、CVDによる死亡リスクは、週1,500分以上運動しても、週300分程度の人と差はみられませんでした。CVDリスクは週150~299分運動した人で37%低減し、これが最大だったということです。

研究が行われた当時、米国の身体活動ガイドラインでは、運動は10分以上継続して行うべきとされていました。しかし、米政府はその後、運動はどのようなものでも、どんなに短時間でも週のトータル時間に含めても良いという見解を発表しています。

米国のある専門医によれば、運動によって心臓の機能が向上したり、血圧やストレスレベルが低下したりすることで、心疾患による死亡リスクが低下した可能性があるということです。

一方、運動のがんを抑えることについて、別の専門家は、運動によって代謝が促進され、古い細胞ががん化する前に新しい細胞に置き換わるからではないかと話しています。

カラダを動かすなら

エネルギーを燃やせる体に変わる! 新陳代謝トレーニングのやり方

メトコン(メタボリックコンディショニング)は代謝を活発にして体重を減らす優れた方法として注目されています。自分の目標に合ったメトコンを決める時のポイ...

https://www.mylohas.net/2019/07/195112sp_muscle_pvn_workout2.html

15分間で素早くカロリー燃焼!自宅でできる有酸素トレーニング

さまざまなエクササイズを取り入れた15分間の有酸素トレーニングで、引き締まったボディを目指しましょう。しっかりカロリーを消費しながら、楽しく心拍数を...

https://www.mylohas.net/2019/07/195179pvn_cardioworkout.html

HealthDay News 2019年3月20日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved. /(参考情報)Abstract/Full Text /image via shutterstock


    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?