1. Home
  2. BODY
  3. 気心知れた仲間との会話が何よりも大切|元プロサッカー選手・福西崇史さん

気心知れた仲間との会話が何よりも大切|元プロサッカー選手・福西崇史さん

脱・疲労!

まついただゆき

fukunishi_main

2000年前後のジュビロ磐田黄金期を支え、日韓ワールドカップ(2002年)、ドイツワールドカップ(2006年)と2大会連続で日本代表として活躍したプロサッカー選手の福西崇史さん。

2009年に現役を引退後は、NHKのサッカー解説をはじめ、サッカースクールでの指導、講演会やトークショーなどで活躍。昨年2018年末には東京社会人サッカーリーグ1部の南葛SCの監督に就任し、自身では初となる指導者としての一歩を踏み出したばかりです。そんな福西さんに、現役時代と現在の疲労回復方法について伺いました。

Q:現役時代に体調管理で気をつけていたことを教えて下さい。

福西崇史

福西崇史さん(以降、福西さん)

現役時代はできるだけ入浴を心がけていました。その際は温かいお湯と水風呂の交代浴をすることで、早めに疲労が回復できるようにしていました


Q:現役時代のリフレッシュ方法を教えて下さい。

福西崇史

福西さん

食べることが好きなので、あまりストレスを感じないように好きなものを食べるようにしていました。
また、ゴルフは現役時代から続けていて、とてもリフレッシュできる趣味のひとつ。気心知れた仲間とラウンドするのは最高の時間です。
あと、現役時代は子どもがまだ小さかったので、彼らと遊ぶ時間もリフレッシュのひとつでした。それ以外にも、自宅にこもってテレビを観たり、ゲームをしたり……、僕の場合、サッカーから離れることがリフレッシュだったのかもしれませんね。


Q:現役時代、たまった疲労はどのように解消していましたか?

福西崇史

福西さん

血流をよくするために散歩などの軽い運動は定期的にやっていました。
あとは昼寝ですね。移動時間や午前中の練習が終わった後など、隙間を見つけては昼寝していました。時間はそれほど長くなく、毎回15分程度です。少し寝るだけでも疲れはだいぶ取れますよ。


Q:現在、疲労をためないためにやっていることはありますか?

福西崇史

福西さん

現役時代に比べると身体の疲労は少ないので、「頭のリフレッシュ」という意味で会話は大切にしています。ゴルフやテニスなど気の合う仲間と食事をしながらの会話は、他愛もない内容でもリフレッシュになります。


Q:疲労に限らず、心身のメンテナンスのためにやっていることはありますか?

福西崇史

福西さん

たまにボールを蹴ったりもしますが、適度な運動で汗をかくこと。加えて何よりも、気が合う人たちとの会話が僕にとっては大切ですね。


元アスリートの疲労回復

33個のルーチンが私の疲労回復法|元プロテニス選手・杉山愛さん

テニス界のレジェンドという名にふさわしい元テニスプレイヤーの杉山愛さん。テレビ番組にコメンテーターとして出演するなど、引退後は現役時代と違った仕事も...

https://www.mylohas.net/2019/08/196533sp_fatigue_sugiyama.html

入浴の工夫が私の疲労回復法|元バレーボール選手・大山加奈さん

アテネ五輪の元バレーボール日本代表の大山加奈さん。エースとして活躍していた現役時代、日々の練習や試合を重ねる中で、疲労とどう向き合っていたのでしょう...

https://www.mylohas.net/2019/08/195953sp_fatigue_ohyama.html

福西崇史(ふくにし・たかし)さん
1976年生まれ。愛媛県新居浜市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。1995年~2006年ジュビロ磐田、2006年〜2007年FC東京、2007年〜2008年東京ヴェルディで活躍する。主な出場試合に2002年日韓・ワールドカップ、2004年AFCアジアカップ 中国大会、2006年ドイツ・ワールドカップなどがある。日本代表としては国際Aマッチ64試合に出場、7得点を記録した。公式ツイッター

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?