1. Home
  2. BODY
  3. 吹き出物だと思っていたら…まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

吹き出物だと思っていたら…まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

14,215

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

ニキビ

image via shutterstock

こんなことって、あるの?

ニューヨークに住むギブソン・ミラーさん(24) はある日、左目の下にほくろのようなシミがあるのに気づいたものの、吹き出物だと思っていました。1年経っても、そのシミが消えていないことに気付き、ついに医師に診てもらうことにしたのです。

ミラーさんは担当医による生検を受け、吹き出物はステージ1の基底細胞がんであると判明。通常、皮膚の上に半透明の盛り上がりとして現れる皮膚がんの一種です。

ミラーさん

「とても小さくて、色もほとんどなかったので、自分以外の人に気づかれることもありませんでした」と、教師をしているミラーさん。「古い写真を見てみると、3年間も同じ場所にあったのです。でも、1年前までは自分でも気づいていなかった」といいます。

ミラーさんは、基底細胞がんを切除するためによく行われているモース手術と呼ばれる手術を受けて、縫合を受けることに。ミラーさんは、「やられたなという感じ。そんな病気があることも知らなかったので」とテレビ局の取材に対して語っています。

今はもう、がんはなくなったと説明を受けているミラーさんですが、日光を浴びるときには日焼け止めがとっても大事、と多くの人に説いています。

皮膚がんなのに、吹き出物のように見えるのはよくあること?

ニキビ

image via shutterstock

皮膚科医にとっては日常茶飯事。「皮膚がんは最初、なかなか消えない赤い色をした盛り上がりとして現れることがあるので、吹き出物や傷に似ていることはよくあります」と、マウントサイナイ病院アイカーン医科大学皮膚科のゲイリー・ゴールデンバーグ医師は説明します。

ゴールデンバーグ医師によると、基底細胞がん(ミラーさんがかかったがん)と、またべつのタイプのがんである扁平上皮がんは、専門家以外の人から見ると、ニキビのように見えることがあるそう。

吹き出物と皮膚がんはどうやって区別する?

ニキビ

image via shutterstock

必ずしもはっきりと区別できるわけではありませんが、ゴールデンバーグ医師によると、単なる吹き出物でなく、もっと深刻なケースである場合もあるとのこと。見分け方は、以下。

  • そこから出血している
  • どんどん大きくなる
  • 膿を出そうと押さえても中から何も出てこない

医師にかかるタイミングは?

医者

image via shutterstock

ゴールデンバーグ医師によると、一般的に、吹き出物が2週間以上続く場合は、調べてもらったほうがよいとのこと。心配な場合は、もっと前に相談を。

ただし、盛り上がりが持続しているからといっても、必ずしも皮膚がんであるとは限りません。「嚢腫である可能性もあります」とゴールデンバーグ医師。いずれにしても、念のため皮膚科を受診するとよいようです。

ミラーさんは、皮膚のシミを定期的にチェックすることの重要性も強調しています。「年に一度は、全身の皮膚を検査してもらうべき。それは誰もに当てはまる必要なことです」とミラーさんは話します。

気になる症状は放っておかない

わかりにくい「女性の難病」。頬が赤い、口内炎が治らない…

目に見えずに全身が侵されるエリテマトーデス。「遺伝、ホルモン、環境などさまざまな要因で、エリテマトーデスになることがあります」とリウマチ専門医が解説...

https://www.mylohas.net/2019/08/195682pvn_autoimmune.html

ごっそり髪が抜けた、トイレが近い…早めに検査すべき病気の兆候10

ちょっとした身体の不調は重大な病気のサインかも? 気をつけるべき症状をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/04/188851pvn_wrong.html

Korin Miller/This Woman Thought She Had a Pimple Under Her Eye—But It Turned Out to Be Skin Cancer/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由