1. Home
  2. MIND
  3. その不調、夏バテじゃなくて「夏のうつ」。ホルモン乱れが主な原因

その不調、夏バテじゃなくて「夏のうつ」。ホルモン乱れが主な原因

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,561

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

うつ

image via shutterstock

気分が上がらないのは夏バテと思っていた?

季節性大うつ病性障害(MDD-SP)は、かつては季節性感情障害(SAD)と呼ばれていたもので、日照時間が短くなる冬に発症が増えるうつ病ですが、これは夏にも発症します

大うつ病性障害は、日差しが強まる季節にはあまり発症しませんが、躁状態とうつ状態の両方が現れる双極性障害をもつ人は、春から夏にかけて躁の状態(躁病エピソード)の頻度が最も上がると言われています。さらに、普段の生活リズムが乱れ、日に当たり過ぎると、サーカディアン(概日)リズムが狂ってホルモンが乱れ、不安障害やストレス障害へつながることがあります。

夏のうつになるしくみ

夏のうつ

季節性感情障害の人を対象とした研究では、感情を制御し精神を安定させる神経伝達物質・セロトニンの分泌に問題があることが示されています。

冬になると、私たちの体は、セロトニン・トランスポーター(SERT)と呼ばれる、セロトニンの量のコントロールに関係したタンパク質をより多く生産します。しかし、夏には日光を多く浴びることで、セロトニン・トランスポーターのレベルが低下、それがうつ病の一因となるそう。

運動や光を使った改善方法も…

さらには、冬の終わり頃に光療法をやめると、春から夏には季節性感情障害の症状が収まってくるとされます。

季節性大うつ病性障害の治療法には、光療法、薬物療法(抗うつ薬または選択的セロトニン再取込阻害薬)、それから心理療法があります

もし季節性大うつ病性障害の発症リスクを自分で分かっていれば、夏の終わりごろから運動量を増やし、9月ごろから心理治療をはじめ、10月に入って日照時間が短くなりだしたら光療法をはじめる、といった具合に、前もって治療を計画しておくことを医師らは推奨しています。

あなたの症状にどのように対処できるか、ここでは、季節性大うつ病障害の主な症状とその対処法を説明します。

1. ふだんより睡眠時間が長くなり、朝起きられない

睡眠

睡眠とうつ病には、複雑な因果関係があります。なぜなら甲状腺機能低下症、糖尿病、心疾患といったような健康状態でも、過眠の症状は現れるからです。

しかし、季節性大うつ病障害の人においては、日光を浴びすぎることで、睡眠を整えるホルモンであるメラトニンの生産量が減ります。

つまり、日照時間が長くなると、睡眠時間が減り、それにより日中に疲れを感じやすくなり、朝寝坊するようになってしまうのです。そして、寝坊することで、日光に当たる時間が短くなり、それが不安障害やうつ病へとつながります。

一方でまた、多くのうつ病の人が不眠症を患っています。うつ病が原因で、夜眠りにつくのに時間がかかったり、または寝ている途中で目が覚めてしまったりするのです。2019年に『Heliyon』誌で発表された研究では、不眠症は不安障害やうつ病と関係しており、不安障害が不眠症の前駆体となることが示唆されています。

2. イベントに参加すると不安感が高まる

ワイン

夏は、結婚式や卒業パーティーなどのイベントが増える季節です。これらのイベントでは、あなたの期待と現実との間に大きなギャップがあることが多々あります。

それで、自分だけが祝福ムードになれず、まわりのように楽しめていないのではないか、とストレスや不安感が増し、無気力感や挫折感を感じるようになります。これらはうつ病のよくあるサインです。

3. ひとりになりたいと思う時間が増える

浮き輪

夏のイベントのにぎやかな喧騒の中にいると、人込みの中にいることで強い不安感を抱くようになり、ひとりの時間を取りたいと強く感じるようになることがあります。結果として、まわりからの批判の声を恐れるようになり、他人から離れて過ごしたいと考えるようになるのです。

数々の研究で、引きこもりが季節性大うつ病障害の初期症状であることも明らかになっています。

毎日必ず自分のための時間を見つけるようにし、プールサイドでリラックスしたり、読書したり、またはおいしくて健康的な食事を作ったり、とにかくあなたがリラックスできて楽しいと思えることを何かしらやってみるといいかもしれません。

次回に続きます。

心を楽にしたいなら

「人生つらい」が口ぐせになってる? 簡単マインドフルネスを試してみて

「マインドフルネスの父」と称される禅僧ティク・ナット・ハンによる仏教の実践法と教え。日常のなかに取り入れるには? 島田啓介さんの著書から紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/08/196530book_mindfulness.html

自己肯定感はなぜ必要? 禅僧が教える、自分に優しく生きていくヒント

自己肯定感は何のために必要でしょうか? 自分に優しく、他人を尊重し、心地よく生きていく心理的なヒントとは。精神科医で禅宗の僧侶である川野泰周先生によ...

https://www.mylohas.net/2019/06/193460positive_30.html

Tiffany Ayuda/7 Warning Signs You May Have/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?