1. Home
  2. BODY
  3. 命にも関わる「足のむくみ」4つの原因。片足だけ太くなるのは危険信号

命にも関わる「足のむくみ」4つの原因。片足だけ太くなるのは危険信号

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

11,990

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

足

image via shutterstock

足がむくんで、パンプスが入らない?

「足や足首をむくませる原因は、50くらいはあります」というのは、イエール大学医学部の血管外科であるブリット・H・トネッセン医師。 単に体内の水分が重力によって下に引っ張られるというのも、腕や指といった部位よりも足がむくみやすい理由のひとつ。

前回は、「塩分の摂りすぎ」「妊娠中」などをピックアップ。今回も足がむくんでしまう、よくある理由をまとめます。

体重の増加

体重計

image via shutterstock

もし最近体重が増えていれば、足もすこし太くなっていることに気付くかもしれません。

「座っている状態が多ければ、腹部の重みが足の付け根あたりを圧迫し、リンパの流れが滞ります」(トネッセン医師)。「しかし5~10kg体重を落とすだけで、かなりそれも改善します」

薬の副作用

薬

image via shutterstock

経口避妊薬、ステロイド剤、血圧の薬であるカルシウム拮抗薬のほか、(三環系やMAO阻害薬を含む)抗うつ薬、糖尿病の薬など、薬によっては、体に水分を溜めさせ、足をむくませます

あなたのその足のむくみの原因が、薬の副作用のようであれば、医師にご相談を。

静脈瘤(りゅう)ができている

静脈瘤

image via shutterstock

「20代や30代の若い世代にも、静脈瘤ができる可能性はあります」とトネッセン医師。

この一般的によく見られる疾患は、加齢とともに足の血管が弱り、弾力性が失われることで起こります。血管の弾力が無くなることで、血液を心臓へ押し戻す役割がある血管の弁が効率的に働かなくなり、それにより血液がたまります。

そして足にある青色と赤色の血管がはっきりと浮き上り、足がむくむのです。着圧ストッキングの着用や、ダイエット、それから一日に15分間足を高く上げ、規則的に運動するのも効果があります。

血栓ができている可能性

血栓

image via shutterstock

より深刻なケースとして、突然の足のむくみ、特にそれが片足のみに起こる場合、深部静脈血栓症(DVT)と呼ばれる血栓ができている可能性があります。

「これは年齢に関わらず発症するもので、ケガの後にしばらく横にされた状態であったり、入院していたり、また長時間のドライブやフライトで起こるものです」とトネッセン医師は説明します。

この症状は、超音波で診断し、血栓が脳や心臓や肺へ回るのを防ぐために、抗凝血薬による治療が必要となります。

いますぐに受診が必要なサイン

胸痛

image via shutterstock

もしそのむくみがひどく悪化し、息切れや、胸・腹部の痛み・圧迫感などの症状が併発していれば、いますぐ医療機関を受診するか、救急車を呼んでください。

心疾患、腎疾患、肝疾患の外的兆候である可能性があります。場合によっては、腹部の腫瘤がリンパ管を圧迫し、むくみが生じることもあります。

本記事は、2019年6月26日に、『Prevention』の医療監修ボードのメンバーである、レカー・クマール医師によって、医学的知見から監修されています。

食事からむくみを予防

フルーツならいくら食べても太らない? むくみすっきりハニーデューメロン

「フルーツならいくら食べても太らないだけでなく、身体のあらゆる不調を改善してくれる」という理論に基づき、フルーツを主食にする「フル―タリアン栄養学」...

https://www.mylohas.net/2017/06/062857fruits.html

お米と一緒に炊くだけ。漢方を気軽に取り入れる「和漢ごはん」

お米と合わせて炊くだけという手軽さなのに、和漢食材入りごはんが楽しめる。本格派のヘルシーな和漢ごはんの素が便利です。

https://www.mylohas.net/2018/09/172800kamshoku.html

Marisa Cohen/10 Reasons You Have Swollen Feet, Ankles, and Legs, According to a Doctor/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    Ranking

    1. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    5. 糖質制限と脂質制限ダイエット。管理栄養士がメリット・デメリットを解説

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    10. 目に悪影響? コンタクトレンズをつけてシャワーを浴びてはいけない

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと