1. Home
  2. BODY
  3. 命にも関わる「足のむくみ」4つの原因。片足だけ太くなるのは危険信号

命にも関わる「足のむくみ」4つの原因。片足だけ太くなるのは危険信号

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

13,661

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

足

image via shutterstock

足がむくんで、パンプスが入らない?

「足や足首をむくませる原因は、50くらいはあります」というのは、イエール大学医学部の血管外科であるブリット・H・トネッセン医師。 単に体内の水分が重力によって下に引っ張られるというのも、腕や指といった部位よりも足がむくみやすい理由のひとつ。

前回は、「塩分の摂りすぎ」「妊娠中」などをピックアップ。今回も足がむくんでしまう、よくある理由をまとめます。

体重の増加

体重計

image via shutterstock

もし最近体重が増えていれば、足もすこし太くなっていることに気付くかもしれません。

「座っている状態が多ければ、腹部の重みが足の付け根あたりを圧迫し、リンパの流れが滞ります」(トネッセン医師)。「しかし5~10kg体重を落とすだけで、かなりそれも改善します」

薬の副作用

薬

image via shutterstock

経口避妊薬、ステロイド剤、血圧の薬であるカルシウム拮抗薬のほか、(三環系やMAO阻害薬を含む)抗うつ薬、糖尿病の薬など、薬によっては、体に水分を溜めさせ、足をむくませます

あなたのその足のむくみの原因が、薬の副作用のようであれば、医師にご相談を。

静脈瘤(りゅう)ができている

静脈瘤

image via shutterstock

「20代や30代の若い世代にも、静脈瘤ができる可能性はあります」とトネッセン医師。

この一般的によく見られる疾患は、加齢とともに足の血管が弱り、弾力性が失われることで起こります。血管の弾力が無くなることで、血液を心臓へ押し戻す役割がある血管の弁が効率的に働かなくなり、それにより血液がたまります。

そして足にある青色と赤色の血管がはっきりと浮き上り、足がむくむのです。着圧ストッキングの着用や、ダイエット、それから一日に15分間足を高く上げ、規則的に運動するのも効果があります。

血栓ができている可能性

血栓

image via shutterstock

より深刻なケースとして、突然の足のむくみ、特にそれが片足のみに起こる場合、深部静脈血栓症(DVT)と呼ばれる血栓ができている可能性があります。

「これは年齢に関わらず発症するもので、ケガの後にしばらく横にされた状態であったり、入院していたり、また長時間のドライブやフライトで起こるものです」とトネッセン医師は説明します。

この症状は、超音波で診断し、血栓が脳や心臓や肺へ回るのを防ぐために、抗凝血薬による治療が必要となります。

いますぐに受診が必要なサイン

胸痛

image via shutterstock

もしそのむくみがひどく悪化し、息切れや、胸・腹部の痛み・圧迫感などの症状が併発していれば、いますぐ医療機関を受診するか、救急車を呼んでください。

心疾患、腎疾患、肝疾患の外的兆候である可能性があります。場合によっては、腹部の腫瘤がリンパ管を圧迫し、むくみが生じることもあります。

本記事は、2019年6月26日に、『Prevention』の医療監修ボードのメンバーである、レカー・クマール医師によって、医学的知見から監修されています。

食事からむくみを予防

フルーツならいくら食べても太らない? むくみすっきりハニーデューメロン

「フルーツならいくら食べても太らないだけでなく、身体のあらゆる不調を改善してくれる」という理論に基づき、フルーツを主食にする「フル―タリアン栄養学」...

https://www.mylohas.net/2017/06/062857fruits.html

お米と一緒に炊くだけ。漢方を気軽に取り入れる「和漢ごはん」

お米と合わせて炊くだけという手軽さなのに、和漢食材入りごはんが楽しめる。本格派のヘルシーな和漢ごはんの素が便利です。

https://www.mylohas.net/2018/09/172800kamshoku.html

Marisa Cohen/10 Reasons You Have Swollen Feet, Ankles, and Legs, According to a Doctor/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?