1. Home
  2. BODY
  3. ふくらはぎがパンパン! 足のむくみをスッキリ解消する方法

ふくらはぎがパンパン! 足のむくみをスッキリ解消する方法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

57,662

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

風船

image via shutterstock

夕方になると、足がパンパン?

「足や足首をむくませる原因は、50くらいはあります」というのは、イエール大学医学部の血管外科であるブリット・H・トネッセン医師。

単に体内の水分が重力によって下に引っ張られるというのも、腕や指といった部位よりも足がむくみやすい理由のひとつ。医師によると、もし月の表面にいるならば、そのむくみも全く気にならなくなるそうです。

足がむくむしくみ

足

トネッセン医師の説明によると、私たちの体にはふたつの排水システムがあるのだそう。

ひとつは血管で、足から心臓へ血液を運びます。もうひとつは、極めて微細な管で体内に水分を巡らすリンパ管です。「これらのふたつのシステムが並行して、足から水分を運び出します。しかし水分がそのまま足や足首にたまり、むくむことを浮腫(ふしゅ)と呼びます

「一日の終わりに少しむくむ程度はよくあることで、おそらく問題はありません」しかし、とトネッセン医師は続けます。

「もしむくみが数週間、数か月経ってさらに悪化していたり、いずれかの足だけがむくんでいたり、それに息切れも併発していれば、すぐに医師の診察を受けるべきです」

以下、足がむくんでしまう、よくある理由をまとめます。

一日中立ちっぱなし(または座りっぱなし)で過ごした

バリスタ

image via shutterstock

仕事で一日中油断できない状態だったり、雑用であちこち走り回ったりしていると、足が痛くなったり、むくんだりします。

逆に、座り作業が多い仕事を新しく始めたり、ケガなどで動けず寝たきりであったり、一日中足がまっすぐ下になった状態でも浮腫が起こる場合があります。これは重力の関係で水分が溜まるむくみ。

この場合、足の下に枕をおいて高くして寝れば、元通りにすることができます。またトネッセン医師は、むくみの軽減に着圧ソックスの使用を強くおすすめします。

塩分の摂りすぎ

塩

トリュフ・ソルトをたっぷりと振りかけたフライドポテトが好きな人は多いでしょう。しかし、塩分を摂りすぎると、体が水分を溜め込み、腫れやむくみの原因となります。

「患者さんには、口にするもの全て、その栄養成分表示をチェックするように指導します。ダイエット飲料、缶詰のスープ、冷凍食品に含まれる塩分を確認し、1日に摂取する塩分量を2000~2400mg以下(※)に抑えるようにアドバイスしています」(トネッセン医師)

※日本では、厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015年版)によると、1日のナトリウム推定平均必要量(食塩相当量)は成人1.5gとされています。

ケガをしている

骨折

image via shutterstock

一般に足のむくみは、水分貯留と血管のコンディションが原因で起こりますが、骨折や腱炎の炎症で腫れている場合もあります。そのようなむくみと腫れの最大の違いは、ケガはとにかく痛い! ことです。

ケガを癒すために、血液や水分がその部分に集中し腫れます。そういう時にはとにかく足を休ませ、イブプロフェンなどの抗炎症作用のある薬を飲み、痛みと腫れの両方をとるようにするとよいかもしれません。

妊娠中である

妊婦

image via shutterstock

女性は妊娠して足がむくみだすと、多くの場合はパンプスを履くのをあきらめて、もっと快適なかかとのない靴を選ぶようになります。

そして、妊娠中は普段以上に水分を溜め込みやすくなります。また、大きくなっていくお腹が骨盤底を圧迫し、足の血管にかかる圧を高めます

リラキシンという名の妊娠のときに働いてくれるホルモンがあります。このホルモンは、その名のとおり、骨盤をリラックスさせ横に広げて、赤ちゃんが通りやすくするものです。しかしまた、このホルモンは足の靭帯も緩めます。

多少のむくみはあっても問題はなく、運動や、まめな水分補給、快適な靴をはくことで和らぎます。しかしそのむくみが頭痛や、吐き気、目のかすみを伴うものであれば、潜在的に危険な妊娠高血圧腎症かもしれず、緊急に治療が必要です。そのような場合には速やかにかかりつけ医に相談してください。

PMS(月経前症候群)

PMS

image via shutterstock

月経周期のホルモンの変化は、イライラさせたり、おなかを痛くしたり、加えて、生理の約一週間前から体に水分をためさせるため、手や足のむくみにつながってきます。

ここでも運動、水分補給、塩分を控えることが最も肝心です。そうすれば数日後にはむくみは解消するはずです。

次回に続きます。

本記事は、2019年6月26日に、『Prevention』の医療監修ボードのメンバーである、レカー・クマール医師によって、医学的知見から監修されています。

むくみには運動も大切

1日たった5分で体の流れを整えていける「スゴレッチ」はすごかった!

ダイエットよりも100倍ラクだと絶賛されている本『スゴレッチ』から、心身の不調や悩みを解消できる1日5分の超簡単ストレッチ術を学びましょう。

https://www.mylohas.net/2019/07/193850sp_muscle_book_sugoretch.html

ぺったんこ腹の人に学ぶ。ベストな睡眠、水の摂取量、運動量とは?

セレブ達のように、美しい体型の維持に必要なことは?専門家に聞いてみました。

https://www.mylohas.net/2019/03/187025pvn_stomach2.html

Marisa Cohen/10 Reasons You Have Swollen Feet, Ankles, and Legs, According to a Doctor/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析