1. Home
  2. BODY
  3. 私たちも参考にできる! 美しい53歳が行なっているワークアウト術10

私たちも参考にできる! 美しい53歳が行なっているワークアウト術10

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

16,206

Maya A. Kishida(翻訳)

シンディ・クロフォード

53歳なのに、こんなにかっこいいなんて!

というスターのひとりが、スーパーモデルのシンディ・クロフォード。彼女がよい遺伝子に恵まれているといえばその通りですが、その美しさの秘密は、定期的にジムに通っていて、身体を鍛えるためにエクササイズを行っているから。

シンディ・クロフォードのインスタグラムから、ワークアウトをもっとクリエイティブにする秘訣を見ていきましょう。

  1. ワークアウトを行うのは朝
  2. 週末も例外じゃない
  3. パーソナルトレーナーを活用
  4. エクササイズはクリエイティブに
  5. すっぴんでも完璧
  6. 有酸素運動も取り入れて
  7. 屋外でもワークアウト
  8. 腕と体幹を強く鍛える
  9. 運動はカラフルなレギンスで
  10. バランスを取ることを忘れない

1. ワークアウトを行うのは朝

汗をかくエクササイズは夜に行いたいという人もいますが、シンディ・クロフォードは午前中にやるタイプ。このインスタグラムの投稿には「起きたら、ワークアウト!」と書いています。

午前中にすましてしまうことで、一日の残りをエンドルフィンが高まった状態で過ごせるし、ジムに行く時間が作れるかどうか心配しなくていいんです。

2. 週末も例外じゃない

土曜の朝だって、シンディはジムで過ごしています。この投稿は2個のダンベルを持って、一点に集中しているシンディ。

キャプションに書かれた言葉は「週末は、土曜の朝のワークアウトでスタート」。

3. パーソナルトレーナーを活用

ハル・ベリーやジェニファー・ガーナーなど多くのセレブがパーソナルトレーナーを活用しており、シンディも例外ではありません。

ロサンゼルスのトレーナー、サラ・パーラさんとエクササイズを行っている様子をいくつか投稿しています。

4. エクササイズはクリエイティブに

背後のダンベルの棚は無視して、トレーナーのパーラさんを持ち上げてスクワット。そんな最高の動画を投稿したシンディ。

「トレーナースクワット!」とキャプションに。これもエクササイズをより楽しくする工夫のひとつじゃない?

5. すっぴんでも完璧

それにしてもエクササイズの最中だというのに、なんでこんな完璧に見えるの?

Meaningful Beautyというスキンケアブランドを立ち上げているシンディ・クロフォードは、このすっぴんのセルフィーでも実に輝いています。

6. 有酸素運動も取り入れて

すぐにウェイトをつかんだり、ベンチを使ったりしているシンディですが、有酸素運動も必ず取り入れるようにしています。ホリデーシーズンも例外なし。

7. 屋外でもワークアウト

マリブにある自宅のビーチサイドのデッキで、トレーニングチューブを使ってひと汗かいているスーパーモデル。

横方向へのジャンプスクワットを行うキャプションの言葉は、「人生はワークアウト」

8. 腕と体幹を強く鍛える

BOSUボールを使っている人なら、かなりハードだけどベストな方法で運動できることを知っているはず。

シンディは、ボールの上に座って両足を持ち上げ体幹を引き締め、メディシンボールを持ち左右に体をひねる運動を行っています。キツそう!

9. 運動はカラフルなレギンスで

見た目もいいし、気持ちもいい。キツいはずの足のエクササイズを楽々と行っているシンディ。ホットなピンクのレギンスもいい感じ。

10. バランスを取ることを忘れない

モデルの仕事と化粧品会社の経営をしながら、2人の美しい子どもたちを育てているシンディ。人生においてバランスを見つけることが時にはどれほど難しいか、彼女は身をもって知っています。

いつもエクササイズのための時間を捻出しているシンディ。パープルのヨガマットに書かれた「すべてはバランス」という言葉は、太陽の下でただ横たわって呼吸をすることの大切さを思い出させてくれるのかもしれません。

セレブの若さの秘密とは?

ジェニファー・ロペスも実践中! 筋トレデートが効果的な理由

ジェニファー・ロペスと交際中のアレックス・ロドリゲスが、トレーニング動画を公開しました。かなりハードな内容ですが、お互いに励まし合い楽しみながら取り...

https://www.mylohas.net/2019/07/194867pvn_sp_muscle_workout.html

ムダな肉がひとつもない! 美しい女性が続ける筋トレ習慣は?

美しく鍛えられた腹筋と引き締まったボディライン。人気女優ガブリエル・ユニオンが欠かさず行う体づくりの秘密とは?

https://www.mylohas.net/2019/08/196258pvn_gabrielle-union.html

Nicol Natale/Cindy Crawford's Fit Instagram Posts Are an Ode to Getting Creative With Your Workouts /Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた