1. Home
  2. BODY
  3. 「疲れたら休む」ために、さっそく実践したい2つのこと

「疲れたら休む」ために、さっそく実践したい2つのこと

脱・疲労!

11,967

MYLOHAS編集部

0814brain02_shutterstock_1254446761

ボディチューニングメソッドを考案した内田あやさんに、前回は、本当の「REST」を知っていますか? と題して、休むとはどういうことなのか? そのためにできるメソッド「One Thing At A Time」などを伺いました。

後編では、その「One Thing At A Time」をさらに進化させた「感じる練習」の実践編をお届けします。

【後編 】回復するための「感じる練習」。実践編

3層の脳

──前回は、One thing at a time を教わりました。三位一体型脳モデルについてもう少し教えてください。動物脳を使うことで、何が起きるのでしょう?

内田さん

内田さん

前回の話の続きから。まずトイレの張り紙「人間はヒトである前に動物」を思い出してください(笑)。

私たちの脳は、古い脳に新しい脳が乗っかっていく形で進化していった。動物脳という土台がしっかりしている上で、人間脳も有効に使えるということです。

動物は、お酒を飲んだり、寝ないでずっと走り続けたり、体に悪いことや無理をかけることはしないはずです。人間がそれをしてしまうのは、人間脳の部分が肥大化して、私たちの野生、動物脳の部分が圧迫されてしまっているからです。

回復を狙うなら、頭でっかち、人間脳からのトップダウンの指令を減らしたい


──人間脳からの指令が減ると、回復していくってことですか?

内田さん

内田さん

そうなんです。なぜかというと、回復とは自然治癒力を活用することだから。

動物を見れば一目瞭然ですが、彼らは自分で自分の傷を癒す方法を知っています。自ら何もしなくても、勝手に開いた傷がかさぶたになったり、上がった熱が下がったりするこの自己調整システムは、私たち人間にもそもそも備わった力です。


──問題点は何なのでしょう?

内田さん

内田さん

疲れることは別に悪いことでもなんでもない。

問題な点は、疲れが回復しないこと。生物に本来備わっている自然治癒力を発揮できないこと。そしてこの力は、動物脳が司っているということに気づけていただけたでしょうか? そして、身体感覚を感じることでその動物脳は活性化できます


疲れたら休むセンスの磨き方とは?

疲れて休む女性

──その身体感覚を、日本人は感じることができるのでしょうか?

内田さん

内田さん

「感じる」力は高いはずですよね。カルチャーだって料理だって、日本の素晴らしい繊細さは「感じる」力なくして成り立たないはず。

ただ、休むことに“guilty〜罪の意識”を感じているのかも。これは環境や文化ですかね。これはもちろん人間脳の仕業です。疲れたら休む、これもセンスだと思うんです。このセンスを磨くべき。


──そのセンス、磨きたいです! そのためには何をしたらいいでしょう?

内田さん

内田さん

それには、自分の体をまず知ることですよね。そのときその瞬間の状態を、そして体力の限界を。ここまでは大丈夫! だとか、これ以上はキケンとか。

いつでもどこでも誰にとっても、いいことなんて世の中にはない。なぜなら、それはみんな体の個性も状況も異なるから。だから、自分の体を知って自分に必要な体を手に入れればいい。世の中の風潮的に理想の体ばかり求める傾向があるけど、実はそれでは何も得られない。って、これも動物脳と人間脳の関係だってわかりました?

大切なのは、理想な体よりも必要な体を手に入れることだと思うのです。


自分の体の状態を知る方法とは?

ベッドの上のアイバック

──では、具体的に実践できることはありますか?

内田さん

内田さん

はい、あります! ひとつめの実践方法がアイバックを使うことです。レッスンでは、シャバアーサナ(屍のポーズ)やリラックスポーズのときに、少し重さのあるアイバッグを使用します。一般の方でも、寝る前に目や額に乗せると深く眠れると好評です。レッスンではなく、日常に取り入れるなら、10分から20分くらいの心地いい範囲で使用するのがよいと思います。

実はこのほどよい重さがリラックスのトリガーになるんです。私たちの脳神経は12対あり、そのうちのひとつに迷走神経があります。頸部から胸部、腹部の内臓は血管などを支配し、主に嚥下や発声、消化管の蠕動運動などに関係する働きをします。

自律神経のひとつであるリラックスのための副交感神経と深く関係していて、まぶたの上から眼球に心地よりプレッシャーがかかると、アシュネル反射(眼心臓反射)を誘発して、心拍と血圧が下げるという仕組みです。光をシャットダウンするだけのアイマスクより、心臓や内臓にも影響を与えることができる、優れものです。


アイバックをのせた女性

実践編2.ボディスキャン、やることはただひとつ!

ボディスキャンする女性

──あともうひとつの実践方法をぜひ教えてください。

内田さん

内田さん

もうひとつお教えするのは、ボディスキャンです。

このボディスキャンは、昼寝でもなく、無になることでもなく、やることはただひとつ。自分の体を体で感じること。人間脳ではなく、動物脳で体を感じるトレーニングです。いつも横になってやる必要もなく、座ってやってもいい。いつでもどこでも日常生活に取り入れることができます。


──自分の体を、自分の体で感じることはむずかしそうですね。

内田さん

内田さん

多くの人が自分の体に対して、何かしらの思考や感情を持っています。好きだとか嫌いだとか、お腹が出ている、硬い、やせたい、坐骨神経痛がいつもあるけどこれはもう治らない、もっと健康になりたいとか。

しかし、思い込みをちょっと片隅に置いておいて、自分の体を頭ではなく、体で感じることをしていくと、いろいろな変化が起きてきます。目の前にある体との関わり方が変わるので、その結果、動きが変わるかもしれないし、外見も変わるかもしれないし、そもそも自分が求めていた結果の執着さえ手放せるかもしれない。

まるで科学者のように自分の体を客観的に観察できた人がそのギフトを手にします。言うまでもなく、動物脳が活性化して回復のプロセスが起こるでしょう。


──最初は頭で考えてしまいそう……。いろいろ浮かんできたり……。

いろいろ考えがでてきてしまう人

内田さん

内田さん

注意の妨げとなるものは、さまざまな形で現れます。たいていひとつのことに気を取られると、三段論法ばりに発展していきます。判断して、解釈して、誰かと比較して、それを未来に投影して……と大変なことに!

たとえば、「寝ちゃった!私ってなんてヘマなの!」

「隣の人はちゃんとできてる。っていうか私だけできていない!」

「こんなんだからきっと明日のオーディションも失敗するんだわ」

「って、こんな事考えてるからイライラするし。もはや残りの人生ずっとイライラしっぱなしなのかも」


──なんと激しい負のスパイラルですね……。

内田さん

内田さん

もはや不幸へダイブの三段論法と名づけたくなりますが、他人事ではない気がしませんか? きっと誰の中にもこんな思い込みトラップはあるはずです。

考えが浮かぶことは自分でコントロールできません。だから、自分の考えを責めるのは時間とエナジーの無駄。私たちにコントロールできるのは、浮かんだ考えをどう処理するのかということだけです。善悪の判断を下さずに、ただ、客観的に眺めて正しく認識する。「ただそのことに気づいていればいい」これのみ


──「ただそのことに気づいていればいい」。これをくりかえすだけでよいのですか?

内田さん

内田さん

ボディスキャンは究極は何もしないトレーニングなんですね。これをくりかえすことによって頭の中の回転数が減ってきて、普段感じられなかったインナーピースに出会うかもしれませんよ!


「ボディスキャン」3つのポイント

01.Comfortable Place &Time(いい場所といい時間)

床の上に寝てもいいし、椅子に座っても胡座でも。自分が心地よくいられる場所と時間を確保して。五感の刺激をできるだけ閉じた方が内側に集中しやすいので、お気に入りのブランケット(触覚)や、騒音のない場所(聴覚)、そして目は軽く閉じた方が(視覚)初心者ほどやりやすい。

02.Breathing(呼吸)

呼吸する

大きな呼吸をした方が集中しやすかったら、まずはそれから始めて。体全体から大きく息を吐き出して、そして体全体に大きく吸い入れる。十分にできたら、だんだんとその意識的な呼吸を小さくして、いつかは鼻の穴にただ呼吸が出入りしているという程度に無意識でできる呼吸を感じられるようになることを目指して。

03.Scanning(スキャンする)

体全体を観察する人

頭のてっぺんからつま先までパーツに分けてもいいし、途中で折り返してもいいし、自分のやりやすい方法で、感覚でスキャンしていく。どこももらさぬように、くまなく体の各部分を感覚で観察する。長時間やりたい人はくりかえしてもよいですし、初心者の方は全身の体を観察したらOK。

寝苦しい夏の夜やなんかイライラしたとき、心身疲れたとき、この「感じる練習」、ぜひトライしてみて!

【前編】ボ〜ッとしていても脳は疲れている!? 神経から休ませる方法とは?

休む・ゆるめる練習

脳疲れを簡単に回復する方法。締め切りや目標に追われている人必見

現代人はどれだけ「休むことができている」のでしょうか? 本当のRESTとは? 神経から身体の回復につなげるとは? について、ボディチューニング®創設...

https://www.mylohas.net/2019/08/196274sp_fatigue_bodytuning01.html

2017年は副交感神経の時代?! 「ゆるめる」具体的な方法。

ボディメイク連載『ボディ・コンシェルジュ〜筋肉は最高のファッション』の前編で、「ゆるめる」ことの大切さを教えてくれたトレーナー・内田あやさん。今回の...

https://www.mylohas.net/2017/08/064166bodyconscious_04.html

aya_profile

内田 あや(うちだ・あや)さん as・i・am/apartment代表。ボディチューニング®創設者。『25ans』『Figaro Japon』で女性誌の編集を手がけているときにジャイロトニックに出会い、パーソナルトレーナーに転身。ヨガ、呼吸法、リストアティブヨガなどを学んだのち、独自のボディチューニングメソッドを考案。やみくもに鍛えるのではなく、心身をしなやかに保つ理論で女優やモデル、俳優、編集者、ファッション関係者にも多くのファンが。著書に『エグゼクティブ・ボディ・チューニング』(講談社刊)。Instagramはこちら
http://bodytuning-assoc.com

文/内田あや、写真提供/ボディチューニング®協会、image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた