1. Home
  2. BODY
  3. 軽い運動+アスタキサンチン摂取で、〇〇力がアップ!

軽い運動+アスタキサンチン摂取で、〇〇力がアップ!

Healthday News

3,934

MYLOHAS編集部

ウォーキング

「軽い運動+アスタキサンチン摂取」で記憶力がさらに高まる? 筑波大の研究グループ

強い抗酸化作用のある天然色素「アスタキサンチン」を摂取すると、低強度運動による記憶力の向上効果がさらに高まる可能性があることを、筑波大学体育系教授の研究グループがマウスを用いた実験で突き止めました。軽い運動と抗酸化成分の摂取を組み合わせた、認知症の新しい予防法が開発されるかもしれないということです。

研究グループは、これまでに動物と人において、低強度運動が記憶力を高めることを報告しています。またサケやエビに含まれる赤橙色の天然色素「アスタキサンチン」を動物に与えると、海馬歯状回の神経新生が促進し、記憶力が向上することも明らかにしていました。

そこで今回、低強度運動とアスタキサンチン摂取の併用が海馬機能をより向上させるかどうかについて、マウスを使った実験で検討したのです。

軽い運動+「アスタキサンチン」でマウスの空間記憶能が向上

アスタキサンチンが入っている食べ物

研究では、まず正常な成体マウスに、4週間にわたり低強度運動に加えてアスタキサンチンを添加したエサを与え、それぞれを単独に行ったマウスと比較して、マウスの脳にある海馬の神経新生と空間学習記憶能への影響を調べました。

その結果、低強度運動とアスタキサンチン摂取を同時に行ったマウスでは、それぞれを単独に行ったマウスに比べ、空間記憶能が向上し、海馬歯状回の細胞も増殖し、新生成熟細胞の数も増えたことが分かりました

またこの効果は、それぞれを単独で行った場合に得られる効果の合算を超える、相乗的なものであることも明らかになりました。

次に遺伝子解析の手法で、低強度運動とアスタキサンチン摂取の併用がもたらす効果の分子メカニズムを検討しました。

その結果、併用時には海馬内のレプチンタンパク質の発現量が相乗的に増加し、海馬内のレプチン遺伝子が関与している可能性が示されました。ただし、血漿内のレプチン量には、併用による変化はみられませんでした。

脳のレプチンが記憶力向上の鍵かもしれない!?

脳の活性化

さらに、低強度運動+アスタキサンチン併用による相乗効果のメカニズムを確かめるため、レプチンのない遺伝性の肥満マウスで低強度運動とアスタキサンチンの併用効果を検討しました。すると、肥満マウスでは、通常のマウスでみられたこれらの併用による記憶力の向上は認められませんでした。

しかし低強度運動を行っている期間中に肥満マウスの脳内にレプチンを投与すると、消えていた併用効果が再び現れたということです。このことから、脂肪細胞ではなく脳からのレプチンが、この相乗効果の発現に必要であることが示されました。

研究グループは「アルツハイマー病患者の認知機能低下に対して、低強度運動とアスタキサンチン摂取を併用して海馬のレプチンを高めることができれば、認知機能の改善につながる可能性が考えられます」と期待しています。

脳を活性化する方法

年を重ねてもボケないコツ。脳機能低下を防ぐサプリも。

「人生100年時代」ってどんな時代──? ずっと健康で楽しく暮らしていくには一体どうしたら?そんな疑問にさまざまなヒントを与えてくれるのが、東京大学...

https://www.mylohas.net/2019/03/186480brain.html

食事や運動、睡眠など。アルツハイマー予防のための生活習慣まとめ

今からでもできるアルツハイマーの予防法をまとめてみました。アルツハイマー予防だけでなく、たくさんのメリットも!

https://www.mylohas.net/2019/05/189128alzheimers.html

HealthDay News 2019年5月27日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved. /(参考情報)Abstract/Full Text Press Release/image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 「よつんばいで30秒」が地味にきく! スッキリお腹をつくる簡単トレ

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    7. 体温調節のプロが教える「寒い冬を快適に乗り越える方法」

    8. ぺたんこお腹をつくるペンギンエクササイズ。つらいけど達成感は抜群!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やる気が継続する「エクササイズ・スナック」とは?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?