1. Home
  2. BODY
  3. 軽い運動+アスタキサンチン摂取で、〇〇力がアップ!

軽い運動+アスタキサンチン摂取で、〇〇力がアップ!

Healthday News

3,863

MYLOHAS編集部

ウォーキング

「軽い運動+アスタキサンチン摂取」で記憶力がさらに高まる? 筑波大の研究グループ

強い抗酸化作用のある天然色素「アスタキサンチン」を摂取すると、低強度運動による記憶力の向上効果がさらに高まる可能性があることを、筑波大学体育系教授の研究グループがマウスを用いた実験で突き止めました。軽い運動と抗酸化成分の摂取を組み合わせた、認知症の新しい予防法が開発されるかもしれないということです。

研究グループは、これまでに動物と人において、低強度運動が記憶力を高めることを報告しています。またサケやエビに含まれる赤橙色の天然色素「アスタキサンチン」を動物に与えると、海馬歯状回の神経新生が促進し、記憶力が向上することも明らかにしていました。

そこで今回、低強度運動とアスタキサンチン摂取の併用が海馬機能をより向上させるかどうかについて、マウスを使った実験で検討したのです。

軽い運動+「アスタキサンチン」でマウスの空間記憶能が向上

アスタキサンチンが入っている食べ物

研究では、まず正常な成体マウスに、4週間にわたり低強度運動に加えてアスタキサンチンを添加したエサを与え、それぞれを単独に行ったマウスと比較して、マウスの脳にある海馬の神経新生と空間学習記憶能への影響を調べました。

その結果、低強度運動とアスタキサンチン摂取を同時に行ったマウスでは、それぞれを単独に行ったマウスに比べ、空間記憶能が向上し、海馬歯状回の細胞も増殖し、新生成熟細胞の数も増えたことが分かりました

またこの効果は、それぞれを単独で行った場合に得られる効果の合算を超える、相乗的なものであることも明らかになりました。

次に遺伝子解析の手法で、低強度運動とアスタキサンチン摂取の併用がもたらす効果の分子メカニズムを検討しました。

その結果、併用時には海馬内のレプチンタンパク質の発現量が相乗的に増加し、海馬内のレプチン遺伝子が関与している可能性が示されました。ただし、血漿内のレプチン量には、併用による変化はみられませんでした。

脳のレプチンが記憶力向上の鍵かもしれない!?

脳の活性化

さらに、低強度運動+アスタキサンチン併用による相乗効果のメカニズムを確かめるため、レプチンのない遺伝性の肥満マウスで低強度運動とアスタキサンチンの併用効果を検討しました。すると、肥満マウスでは、通常のマウスでみられたこれらの併用による記憶力の向上は認められませんでした。

しかし低強度運動を行っている期間中に肥満マウスの脳内にレプチンを投与すると、消えていた併用効果が再び現れたということです。このことから、脂肪細胞ではなく脳からのレプチンが、この相乗効果の発現に必要であることが示されました。

研究グループは「アルツハイマー病患者の認知機能低下に対して、低強度運動とアスタキサンチン摂取を併用して海馬のレプチンを高めることができれば、認知機能の改善につながる可能性が考えられます」と期待しています。

脳を活性化する方法

年を重ねてもボケないコツ。脳機能低下を防ぐサプリも。

「人生100年時代」ってどんな時代──? ずっと健康で楽しく暮らしていくには一体どうしたら?そんな疑問にさまざまなヒントを与えてくれるのが、東京大学...

https://www.mylohas.net/2019/03/186480brain.html

食事や運動、睡眠など。アルツハイマー予防のための生活習慣まとめ

今からでもできるアルツハイマーの予防法をまとめてみました。アルツハイマー予防だけでなく、たくさんのメリットも!

https://www.mylohas.net/2019/05/189128alzheimers.html

HealthDay News 2019年5月27日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved. /(参考情報)Abstract/Full Text Press Release/image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた