1. Home
  2. BODY
  3. 胸の汗とサヨナラする5つの方法。汗をかきにくいブラのタイプはどれ?

胸の汗とサヨナラする5つの方法。汗をかきにくいブラのタイプはどれ?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

8,117

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

笑顔の女性

胸の下の汗は、悩みの種。

「女性はみんな胸の下に汗をかいた経験があるはず。胸が大きかったり、胸が垂れていたりすると、汗をかきやすいと言われています。皮膚がかぶさってしまうと汗がでます」と、ニューヨーク大学ランゴーンのウィス整形外科准教授のアレックス・ハーゼン医師。

それだけでなく、胸の下が熱く湿って、細菌、真菌、酵母菌の感染が起こりやすくなり、不快なかぶれになって現れます。

そんな胸の汗を抑える、とっておきの方法を紹介します。

  1. 適切なブラジャーを選ぶ
  2. 吸湿速乾性がある生地を取り入れる
  3. ゆったりとした、濃い色のトップスを選ぶ
  4. 制汗剤を使用する(胸の下に)
  5. 皮膚の炎症を抑えるパウダーを試す

1. 適切なブラジャーを選ぶ

ブラジャー

image via shutterstock

スポーツブラはよい手段と思われがちですが、もっといい方法があります。

「スポーツブラは生地に厚みがあるため、胸の下に汗をかきやすくなります。腹筋までカバーするようなブラジャーも汗をかきやすくしてしまいます。後ろ側が薄いレースのメッシュ、または軽量の綿素材のブラジャーは、汗の量を減らしてくれます」とハーゼン医師は説明します。

ニューヨークの美容皮膚科のシェリーン・アドリス医師は、「涼しい薄手のブラジャーは、蒸れないのでおすすめです」と話します。快適さとサポート力を両立させたプッシュアップブラもありますので、試してみるとよいかもしれません。

2. 吸湿速乾性がある生地を取り入れる

トレーニングウエア

image via shutterstock

「汗を吸収するトップスは、トレーニング中の肌をドライに。そして、1日中同じ効果が期待できます。吸湿速乾性に優れている新しい技術を取り入れたポリエステルやナイロン生地のトップスを探しましょう」と、ウェストポート、コネチカット州の皮膚科専門医で公衆衛生医師、アメリカ皮膚科学会上級会員(FAAD)のロンダ・クライン医師。

綿の生地はどうでしょう。綿は避けたいと思うかもしれません。通気性はよくても、湿気を逃がすのに優れているわけではないのです。「繊維の中に汗が閉じ込められるため、不快に感じたり、皮膚の炎症を引き起こしたりします」と、クライン医師。

3. ゆったりとした、濃い色のトップスを選ぶ

Tシャツの女性

image via shutterstock

シャツについては、生地だけではありません。ゆったりとした、揺れ動くトップスを着れば、涼しく、そもそも汗をかきづらくしてくれます。

かいてしまった汗を隠すには、黒色、紺色のような濃い色を。淡い色より汗ジミがわかりにくくなります。

4. 制汗剤を使用する(胸の下に)

デオドラントスプレー

image via shutterstock

ハーゼン医師は、「脇の下以外で制汗剤を使うことに違和感があるかもしれませんが、効果はあります。制汗剤は、足、手、ブラジャーの下、どこにでも使えるのです。胸に使いやすいスプレータイプを使用するとよいでしょう」と説明します。

「皮膚の炎症が心配であれば、パラベンや香料を含まず、アルミニウムもフリーの制汗剤をおすすめします。水分を吸収するために活性炭を利用しているアルミニウムフリーの制汗剤などいかがでしょう」と、アドリス医師。

5. 皮膚の炎症を抑えるパウダーを試す

コーンスターチ

image via shutterstock

「胸の下に制汗剤をつけると、閉じ込められていた汗を吸い上げ、不快なかゆみも軽減します。かぶれを予防する抗真菌薬のミコナゾールを含む製品も選択肢。昔ながらの方法として、水分を吸収してくれるコーンスターチの粉末を使う方法もあります」(クライン医師)

体のにおいが気になったら

知られたくない股間の汗ばみ。膣(ちつ)が臭うのは気のせい?

夏はデリケートゾーンも蒸れて臭いが出やすい季節。汗ばみと臭いの原因は何なのかを皮膚科医に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/07/193605pvn_vagina.html

ムレやニオイ、かゆみを解消。携帯できるデリケートゾーン専用アイテム5選

これからの季節に大活躍! デリケートゾーンのムレやかゆみを心地よく解消して清潔に保つ携帯アイテムをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/05/190936delicatezoneitem.html

Meghan Rabbitt and Marygrace Taylor/10 Best Solutions for Dealing With Underboob Sweat This Summer/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由