1. Home
  2. EAT
  3. 栄養士が教える「旅太りを避ける7つのコツ」。食物繊維がカギに!

栄養士が教える「旅太りを避ける7つのコツ」。食物繊維がカギに!

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,762

Seina Ozawa(翻訳)

旅行

image via shutterstock

旅行に行くと、つい太る。

旅に出るたびに太ってしまって、嘆いている人も多いでしょう。でも、いつものルーティンから離れたからといって、健康的な習慣を放り出す必要はありません。

ちょっとした準備と工夫で、旅先でも健康的な食事とエクササイズの時間を確保することができるんです。登録栄養士と認定パーソナルトレーナーに、旅行中でも健康を維持するコツを聞きました。

  1. おやつは自分で用意する
  2. ヘルシーな食事を探す
  3. その地域のことをあらかじめ知っておく
  4. コーヒーを買いに行く
  5. 食事のバランスを考える
  6. 家で楽しめる食事を摂る
  7. 睡眠を最優先に考える

1. おやつは自分で用意する

ランチ

シカゴで活躍する栄養士で米国栄養士会広報のジェニファー・ブルーニングさんは、移動中のおやつは自分で事前に準備をするのが賢明とアドバイスします(飛行機に持ち込める食べ物のルールは各航空会社に確認を)。

彼女はいつもバッグに自家製のグラノーラバーやポップコーン、りんごなどのフルーツを忍ばせているんだそう。「不健康なものを食べなくて済むし、節約になる」と言います。

2. ヘルシーな食事を探す

ランチ

駅や空港では、マップを確認して近くにヘルシーなお店がないかチェックしてみて、とブルーニングさん。カフェには大抵、ヨーグルトやテイクアウトのサラダなどが置いてありますし、ヴィーガン向けのお店なんかもあるかもしれません。

歩いてお店を見極めながら、食物繊維豊富な食べ物をゲットしておくのとよいです。「旅行中は消化器系の調子が狂うこともしばしば。食物繊維を摂れば、普段通りの調子をより保つことができます」とブルーニングさんは指摘します。

「また、善玉菌を増やすプレバイオティクスを摂ることができるので、免疫力もアップします」

3. その地域のことをあらかじめ知っておく

会話する人たち

初めてその国を訪れるなら、名物料理を調べておいて、とブルーニングさん。「その場で決断するのが難しいときもあります。特に見たことのないものがメニューにたくさん載っていたりすると、なかなか決められません」とブルーニングさん。

「現地の言葉をあまり話せない場合は、事前にいくつか料理の名前を覚えていくといいでしょう」そうすれば、知っている料理を安心して頼めます。新鮮な野菜、豆類、全粒穀物、脂肪分の少ないタンパク質源(魚など)を含むメニューを探しておくのがおすすめです。

4. コーヒーを買いに行く

笑顔の女性

女性向けトレーニングサイト「Women’s Strength Nation」の設立者でもあるホリー・パーキンスさんが運動へのモチベーションアップ法としておすすめするのが、自分に小さなご褒美を用意すること。彼女の場合、朝起きて準備運動をする際に、カフェインを少し多めに取ってやる気を出しています。

普段はカフェインの摂取を控えているそうですが、お楽しみが増え、元気をチャージして体を動かす意欲が高まるんだそうです。コーヒーやエスプレッソが苦手という方は、緑茶などでもいいでしょう。

5. 食事のバランスを考える

女友達

旅行中は多少自分を甘やかしても大丈夫。別に1年中365日、そういう食生活を送るわけではないんですから。積極的に楽しむ食べ物と、避けるべき食べ物をきちんと分けましょう、とブルーニングさん。

「お昼を軽めにして、夜ご飯を贅沢に楽しむのはもちろんいいでしょう。特別な体験ができたらいいですよね。ただし、前もって食事のバランスを考えておいて。万全の体調で旅行を楽しめるように、どのぐらいエネルギーを蓄えておくべきか、どのぐらいお腹を満たすべきかを気にかけてみて」とアドバイスします。

6. 家で楽しめる食事を摂る

親子

Airbnbやキッチン付きの宿泊施設のいいところは、1日に最低1回は自分で用意した食事を食べられること。食材をしっかりと管理できるのはよいアイデアだと、ブルーニングさん。

朝食にヨーグルトやオートミールを食べたり、夕食に野菜たっぷりの食事を摂るのもあり。「旅行中は食べ過ぎてしまいがちなので、家で軽めに食べるという選択肢もあるといいでしょう」とブルーニングさんは言います。旅行中に一緒に料理を楽しめば、家族との絆も深まるはず。

7. 睡眠を最優先に考える

睡眠

ブルーニングさんによれば、十分な睡眠が摂れていないと、空腹中枢がおかしくなる場合も。休む時間も予定に入れて、たっぷりと休息をとりましょう

きちんと休めば、朝をすっきりとした気分で迎え、リラックスした気持ちで旅行を終えることができます。

体重管理は毎日の生活から

手っ取り早くシャワーで自律神経を整える裏技とは?

朝から元気よくいきたい! でも運動したくない! という人におすすめなのが、朝のシャワー。シャワーの浴び方にはコツがあるのです。

https://www.mylohas.net/2019/03/186485get_better27.html

コンディションを上げたい人のための、朝の完璧ルーティンは?

「完璧にコンディションを整えたい! 」という人におすすめのルーティーン。運動や入浴法について。

https://www.mylohas.net/2019/03/186488get_better28.html

Mallory Creveling/15 Strategies to Stay Fit and Healthy While Traveling, According to Experts /Seina Ozawa(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた