1. Home
  2. BODY
  3. 部屋の照明をつけっぱなしで眠る女性は太りやすい?

部屋の照明をつけっぱなしで眠る女性は太りやすい?

Healthday News

1,959

MYLOHAS編集部

照明をつけたままのベッドルーム

部屋のテレビや照明をつけたままうっかり寝てしまうことはありませんか?

米国50州とプエルトリコの女性約4万3,722人を対象とした研究で、電気を消さないで眠ると太りやすい可能性があることが明らかになりました。研究リーダーは「就寝中には照明やテレビを消して部屋を暗くすることが、女性にとって有効な肥満対策になるかもしれません」と話しています。

照明をつけっぱなしにして眠る女性の肥満リスクは33%高い!

体重オーバー

今回の研究で対象となったのは、研究の開始時点で交代勤務や昼夜逆転の生活を送っておらず、がんや心血管疾患などの病歴がなく、妊娠もしていない女性たち。

睡眠中の照明について回答してもらい、それを「照明をつけない」、「小さな常夜灯」、「室外の照明」、「寝室の照明やテレビ」に分け、その後平均5.7年間にわたり追跡調査を行いました。

その結果、何らかの照明をつけたまま眠っていた女性は、照明をつけずに眠っていた女性に比べ、肥満リスクが19%高いことが分かりました。

特に、就寝中に寝室の照明やテレビをつけっぱなしにしていた女性では、照明をつけずに眠っていた女性に比べ、5年間で体重が5kg以上増える確率が17%高く、過体重リスクは22%、肥満リスクは33%高いという結果でした。

睡眠中の照明の強さも肥満に関連する!?

寝室

それだけではありません!体重増加には、照明の強さも関連しているようです。

例えば、照明やテレビではなく、小さな常夜灯をつけっぱなしにしていた場合では、体重増加に影響はありませんでした。食生活や身体活動などを考慮してもこれらの結果が変わることはなく、就寝中には照明を消すことが女性の体重増加や肥満の予防に重要である可能性が示されました。

眠っているときの照明と肥満が関連するメカニズムについて、研究リーダーは「夜間に人工照明にあたると、〝睡眠ホルモン″メラトニンの分泌が抑えられ、自然な睡眠・覚醒サイクルが乱れる可能性があります」と説明しています。

また、ストレス時に出るホルモン(副腎皮質ステロイド)の日内変動が抑えられ、体の中のさまざまな代謝プロセスにも影響が及び、体重増加につながる可能性も考えられるとのこと。

さらに、照明をつけたまま眠ると睡眠の質が低下すること、また睡眠不足により運動量が減ると同時に食欲が増して食べ過ぎてしまうことも肥満の一因になるのかもしれないそうです。

今回の研究で睡眠時の照明と肥満の関連は示されたものの、両者の因果関係はまだ明らかになっていません。

この分野のある専門家は、「むしろ今回の重要なポイントは睡眠の質の低下です。睡眠不足や睡眠障害は肥満のリスクを高めますが、その理由は、気分の変化、自制心の低下、ホルモンバランスの変化などさまざまです。もっとも、就寝中も部屋を明るくしたいという気持ちと肥満の双方に、孤独や不安といった因子が介在している可能性もありますが」と分析しています。

寝る前に気をつけたいこと

体重が密かに増えている、寝る前にやってはいけない9つの行動

何気にやっている寝る前の行動が、その肥満の原因かも?やってしまいがちな体重が増えるNG行動をチェックしましょう。

https://www.mylohas.net/2019/02/184865pvn_night.html

快眠の決め手は「寝つき」にあり! 寝つきを良くする5つの法則

寝つきの良さは、快眠を促します。つまり、寝つきをよくすることが大切になりますが、就寝のタイミングで眠気が高まっている必要があります。そこで、快眠セラ...

https://www.mylohas.net/2019/08/194668sleep_training04.html

HealthDay News 2019年6月10日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved. /(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた