1. Home
  2. MIND
  3. 友人が多い人が実践している!? 自分の格を上げる断り方のヒント

友人が多い人が実践している!? 自分の格を上げる断り方のヒント

お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

2,925

TETUYA

はっきりNoと言える人

こんにちは。人間関係の悩みを解決するお助けコンシェルジュTETUYAです。

今回は、友達や彼氏に何か物事をお願いされたときに、自分が嫌だなあと思ってもはっきりNoと言えずついついYesと言ってしまう、というお悩みです。

このタイプは、とにかく人に嫌われたくないという思いが強い人。今回は、そんなYesマンから脱出する方法を考えてみました。

「Yesマン」は、優しい人ではなく意志のない人

Yesマンから脱却するためには、マインドチェンジがいちばん大事だと思っています。

友人や恋人からのお願いにすべてYesで答えることで、まわりから「この人、優しい人だな」と思われていると思っている人いませんか? それは大きな間違いです(笑)。

あなたには直接的に言わないけれど、「この人、自分の意志がないのかなぁ」、「この人、流されやすい人だなぁ」と思われているケースって結構あるんです。

だからといってすべてのお願いに「No」と言えばいいわけでなく、なぜNoなのかという理由を合わせて言うことがポイント。

それを言うことで、意志がちゃんとある人というイメージを作りあげるのです。

みなさん、ちゃんと理由があれば、基本Noと言っても相手は不快な気分にならないので勇気を出して言いましょう。

Yesマンから脱却するために、時には、嘘も方便

201908078communication

よくあるシチュエーションを挙げると、例えば「○月○日に、BBQあるから行こうよ?」と誘われるケース。

正直、あまり肌を焼きたくないから行きたくないのが本音だとしましょう。

こんな場合は、先ほど解説した理由を話した上でNoと断るパターンで、ストレートに「肌を焼きたくないから」と理由を言ったら、「ナンダこの子」と相手の心証が悪くなる可能性もあります。

こんな場合は、「嘘も方便」テクニックを使ってみてはいかがでしょう。「その日、ちょっと用事があるから」と用事がなくても、あるテイで言えばいいんです。

そこから「どんな用事なの?」としつこく聞いてる可能性は限りなくゼロに等しい。こんな風に、Noの理由が相手の心証を悪くする場合は正直に言う必要はありません。

たまに、「○月○日空いてる?」といやらしい誘い方をしてくる人もいます(笑)。正直、内容によるところもありますよね(笑)。

そんな時は、「その日に先約があるかも……。だけど、まだ正式決定ではないんだよね」と返して、「その日何があるの?」とその日のイベントを確認してみましょう。その内容次第で行くかどうか決めればいいわけです。

友達からの誘いをすべて断ると、今後一切誘われない場合もあるので、そのあたりは、友達との関係性を加味したうえで、バランスをみて付き合うことが必要だと思います。

ただ、何度も言うように、全部、Yesマンとして付き合う必要はないですからね。あなたの時間がもったいないですから。

>>お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

実用的なコミュニケーション術をもっと見る

自分の「プラン」を通す必勝法。提案力をあげる対話テクニックとは?

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事やプライベートにおいて、自分の提案を通したいシチュエーションで役立つテク...

https://www.mylohas.net/2019/07/195228concierge02.html

【今週のお悩み】仕事で、相手先のキーマンにもっと近づくためにはどうすればいいですか?

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事、恋愛、家族、友人関係…あらゆるコミュニケーションの悩みを解決します!

https://www.mylohas.net/2019/01/concierge02.html

イラスト/古荘風穂

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた