1. Home
  2. BODY
  3. 入浴の工夫が私の疲労回復法|元バレーボール選手・大山加奈さん

入浴の工夫が私の疲労回復法|元バレーボール選手・大山加奈さん

脱・疲労!

4,315

まついただゆき

ohyama_kana

力強いスパイクを武器に、日本をアテネ五輪へと導いた元バレーボール日本代表の大山加奈さん。小学校2年生からバレーボールをはじめ、小中高とすべての年代で全国制覇を経験。高校在学中の2001年に日本代表に初選出され、2010年6月に現役を引退するまで、日本を代表するプレーヤーとして活躍しました。

現在は全国での講演活動やバレーボール教室の指導、メディア出演など、多方面で活躍する彼女。現役時代と現在の疲労回復方法を伺いました。

Q:現役時代に体調管理で気をつけていたことを教えて下さい

大山加奈

大山加奈さん

怪我を抱えていた時期もあったので、疲れていてもしっかりとお風呂に浸かることや、交代浴をしていました。交代浴とは、簡単に言うと温かいお湯と冷たい水を交互に浴びる入浴法のこと。自律神経の乱れを整えたり、血流をよくすることで疲労回復に効果があります。 また冬場は、練習や試合の前にもお風呂に浸かって身体を温め、筋肉をほぐすようにしていました。


Q:現役時代のリフレッシュ方法を教えて下さい。

大山加奈

大山さん

現役時代は、ひとりでショッピングに行ったり、チームメイトや妹と一緒にカラオケに行くことがリフレッシュ方法でした。現在は愛犬のお腹に顔をうずめたり、においを嗅ぐのが一番のリフレッシュです(笑)。


Q:現役時代、溜まった疲労はどのように解消していましたか?

大山加奈

大山さん

セルフケアでも取れない疲れは、チームのトレーナーさんにケアをしてもらっていました。疲労をためないためにも、トレーニング後のストレッチはかなり入念にやっていました。


Q:現在、疲労をためないためにやっていることはありますか?

大山加奈

大山さん

忙しくなるとどうしても呼吸が浅くなってしまうので、意識的に深い呼吸をするようにしています。深呼吸をしてから眠りにつくと、翌朝の疲れの取れ具合が変わりますね。


Q:疲労に限らず、心身のメンテナンスのためにやっていることはありますか?

大山加奈

大山さん

愛犬とのスキンシップが一番の癒やしです。定期的に散歩するようになったことで、疲労も溜まりにくくなって、身体が楽になりました。

元アスリートのインタビュー

トスを上げてもらえる絶対的なエースになるために〜元バレーボール選手・大山加奈インタビュー

元日本代表のバレーボール選手の大山さんは、はたから見たら、いわゆるエリート。しかし、当の本人は現役時代に感じていた苦悩があり、絶対的なエースではなか...

https://www.mylohas.net/2018/01/160901.html

15歳で直面した内面から出る「美しさ」の追求と表現〜元新体操選手・畠山愛理

元アスリートに現役時代を振り返っていただき、意識が変わったエピソードをお伺いする連載「元アスリートの意識改革」の7人目にご登場いただいたのは、元フェ...

https://www.mylohas.net/2018/04/hatakeyama.html

大山加奈(おおやま かな)さん
1984年生まれ。力強いスパイクを武器に「パワフルカナ」の愛称で親しまれた日本を代表するバレーボールプレーヤー。オリンピック、世界選手権、ワールドカップと、バレーボールの三大大会すべての試合に出場した。2010年6月に現役を引退し、現在はバレーボール教室講師、バレーボール解説者、スポーツキャスター、講演会講師など幅広く活動中。大山加奈 公式ブログ

    specialbunner

    Ranking

    1. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    2. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「お尻のがん」が増えている。その痛みや出血、痔ではないかも!?

    5. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    6. ニンニク口臭、ドブ口臭。口の臭いの悩みを徹底解決!

    7. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    8. 食欲コントロールできる、10個の簡単メソッド

    9. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    8. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    9. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    10. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    7. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    8. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    9. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?