1. Home
  2. BODY
  3. 起床時のスマホがOKな理由。スッキリする目覚め方8つ

起床時のスマホがOKな理由。スッキリする目覚め方8つ

30日間の「快眠トレーニング」

2,158

田邉愛理

睡眠にまつわるあらゆる悩みを、1万人の眠りを変えた快眠セラピスト・三橋美穂さんが解決。20年以上にわたる研究の中で導き出された、誰でも実践できて本当に効果がある「眠トレ」=睡眠トレーニングメソッドをご紹介します。

すっきり目覚めるための8つの方法

image via Shutterstock

1日のスタートを最高のかたちで始めるには、どうしたらいいでしょうか。朝、なかなか起きられなくて困っている、という人のために、これまで述べてきたことの復習をかねて、すっきり目覚めるための8つの方法を紹介しましょう。

1.毎朝同じ時刻に起きる

起床時刻が定まっていると、その時刻に向けて体温やホルモンが調整されるので、すっきり目覚めることができます。また、食事や運動の時間、就寝時刻などを揃えることも効果的です。

2.目覚まし時計は遠くに置く

目覚まし時計は遠くに置きましょう。立ち上がって抗重力筋に力が入ると交感神経が刺激されて目が覚めます。二度寝、三度寝を繰り返していると、体は起きるタイミングを見失い、目覚めても頭がぼんやりします。

3.目覚ましライトを使う

まるで朝日が昇ってくるように照度が調整されている「目覚ましライト」は、すっきりと起きやすくしてくれる便利グッズです。

4.朝日を浴びる

朝起きたらまずカーテンを開けて、太陽の明るい光を浴びましょう。太陽光を浴びるとメラトニンの分泌が止まり、脳がスッキリします。

5.背筋を伸ばして深呼吸する

カーテンを開けたら、両手を上げてグーッと背筋を伸ばします。背中やお腹、太ももなどの大きな筋肉に力を入れると、交感神経が刺激されて目が覚めます。さらに深呼吸すると、脳に酸素が届いてすっきりします。

6.メールやSNSをチェック

夜寝る前のスマホはNGですが、朝なら問題ありません。ブルーライトには目覚まし作用があるからです。文字を読むことで脳が活性化し、ブルーライトとのW効果で目が覚めます。

7.熱めのシャワーを浴びる

湯温42℃くらいのシャワーを浴びると、交感神経が刺激されて目が覚めます。このときアロマの精油を1~2滴お風呂の床にたらすのもおすすめ。レモンやローズマリー、ペパーミントなどすっきりする香りで嗅覚からも脳を刺激しましょう。

8.音楽やラジオをかける

リズミカルな音楽やお気に入りのラジオを流して、聴覚からも脳を刺激して。同時に軽く部屋の掃除をすれば、眠気もお部屋もすっきり。

睡眠時間が短すぎたり、睡眠が浅ければ、目覚めは当然悪くなります。できるだけ睡眠時間を確保し、睡眠の基本ルールを参考にして、質の高い眠りを目指しましょう。

30日間の「快眠トレーニング」をもっと見る

眠トレ!ぐっすり眠ってすっきり目覚める66の新習慣」(三笠書房)
1万人の眠りを変えた快眠セラピストが教える、睡眠改善の画期的新メソッド(=眠トレ)。心地よく眠りにつくためには、体内時計や自律神経、体温、ホルモンなど、すべての準備が整っている必要があります。そのための「生活習慣」や「運動」「考え方」など、著者が20年以上にわたって研究を重ねてきた中で、誰でも実践できて本当に効果がある66の「眠トレ」を厳選して紹介します。

三橋美穂(みはし・みほ)
快眠セラピスト・睡眠環境プランナー。寝具メーカーの研究開発部長を経て、2003年に独立。これまでに1万人以上の眠りの悩みを解決してきており、とくに枕はその人の頭を触っただけで、どんな枕が合うかわかるほど精通している。日本語版を監訳した『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』(カール=ヨハン・エリーン、飛鳥新社)はシリーズ累計100万部を突破。NHK「あさイチ」など、テレビ番組の出演多数。

まだある快眠のコツ

睡眠の質を左右する「朝の過ごし方」3つ

ご紹介したいのは「体内時計を整える」ためのメソッドです。個人差はありますが、体内時計は平均24.2時間のリズムを刻んでいるといわれています。日々生じ...

https://www.mylohas.net/2019/08/194670sleep_training05.html

世界的スリープドクターが伝授! 眠りをもっとグレードアップする方法

質のよい睡眠は、疲労回復や美容のためのみならず、仕事のパフォーマンスアップの点でも大切。一日の疲れをすっきりリセットし、羽のように軽い体で明日を始め...

https://www.mylohas.net/2018/08/173262sleep_doctor.html

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由