1. Home
  2. HEALTH
  3. 起床時のスマホがOKな理由。スッキリする目覚め方8つ

起床時のスマホがOKな理由。スッキリする目覚め方8つ

30日間の「快眠トレーニング」

3,350

田邉愛理

睡眠にまつわるあらゆる悩みを、1万人の眠りを変えた快眠セラピスト・三橋美穂さんが解決。20年以上にわたる研究の中で導き出された、誰でも実践できて本当に効果がある「眠トレ」=睡眠トレーニングメソッドをご紹介します。

すっきり目覚めるための8つの方法

image via Shutterstock

1日のスタートを最高のかたちで始めるには、どうしたらいいでしょうか。朝、なかなか起きられなくて困っている、という人のために、これまで述べてきたことの復習をかねて、すっきり目覚めるための8つの方法を紹介しましょう。

1.毎朝同じ時刻に起きる

起床時刻が定まっていると、その時刻に向けて体温やホルモンが調整されるので、すっきり目覚めることができます。また、食事や運動の時間、就寝時刻などを揃えることも効果的です。

2.目覚まし時計は遠くに置く

目覚まし時計は遠くに置きましょう。立ち上がって抗重力筋に力が入ると交感神経が刺激されて目が覚めます。二度寝、三度寝を繰り返していると、体は起きるタイミングを見失い、目覚めても頭がぼんやりします。

3.目覚ましライトを使う

まるで朝日が昇ってくるように照度が調整されている「目覚ましライト」は、すっきりと起きやすくしてくれる便利グッズです。

4.朝日を浴びる

朝起きたらまずカーテンを開けて、太陽の明るい光を浴びましょう。太陽光を浴びるとメラトニンの分泌が止まり、脳がスッキリします。

5.背筋を伸ばして深呼吸する

カーテンを開けたら、両手を上げてグーッと背筋を伸ばします。背中やお腹、太ももなどの大きな筋肉に力を入れると、交感神経が刺激されて目が覚めます。さらに深呼吸すると、脳に酸素が届いてすっきりします。

6.メールやSNSをチェック

夜寝る前のスマホはNGですが、朝なら問題ありません。ブルーライトには目覚まし作用があるからです。文字を読むことで脳が活性化し、ブルーライトとのW効果で目が覚めます。

7.熱めのシャワーを浴びる

湯温42℃くらいのシャワーを浴びると、交感神経が刺激されて目が覚めます。このときアロマの精油を1~2滴お風呂の床にたらすのもおすすめ。レモンやローズマリー、ペパーミントなどすっきりする香りで嗅覚からも脳を刺激しましょう。

8.音楽やラジオをかける

リズミカルな音楽やお気に入りのラジオを流して、聴覚からも脳を刺激して。同時に軽く部屋の掃除をすれば、眠気もお部屋もすっきり。

睡眠時間が短すぎたり、睡眠が浅ければ、目覚めは当然悪くなります。できるだけ睡眠時間を確保し、睡眠の基本ルールを参考にして、質の高い眠りを目指しましょう。

30日間の「快眠トレーニング」をもっと見る

眠トレ!ぐっすり眠ってすっきり目覚める66の新習慣」(三笠書房)
1万人の眠りを変えた快眠セラピストが教える、睡眠改善の画期的新メソッド(=眠トレ)。心地よく眠りにつくためには、体内時計や自律神経、体温、ホルモンなど、すべての準備が整っている必要があります。そのための「生活習慣」や「運動」「考え方」など、著者が20年以上にわたって研究を重ねてきた中で、誰でも実践できて本当に効果がある66の「眠トレ」を厳選して紹介します。

三橋美穂(みはし・みほ)
快眠セラピスト・睡眠環境プランナー。寝具メーカーの研究開発部長を経て、2003年に独立。これまでに1万人以上の眠りの悩みを解決してきており、とくに枕はその人の頭を触っただけで、どんな枕が合うかわかるほど精通している。日本語版を監訳した『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』(カール=ヨハン・エリーン、飛鳥新社)はシリーズ累計100万部を突破。NHK「あさイチ」など、テレビ番組の出演多数。

まだある快眠のコツ

睡眠の質を左右する「朝の過ごし方」3つ

ご紹介したいのは「体内時計を整える」ためのメソッドです。個人差はありますが、体内時計は平均24.2時間のリズムを刻んでいるといわれています。日々生じ...

https://www.mylohas.net/2019/08/194670sleep_training05.html

世界的スリープドクターが伝授! 眠りをもっとグレードアップする方法

質のよい睡眠は、疲労回復や美容のためのみならず、仕事のパフォーマンスアップの点でも大切。一日の疲れをすっきりリセットし、羽のように軽い体で明日を始め...

https://www.mylohas.net/2018/08/173262sleep_doctor.html

    Ranking

    1. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    2. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 10月後半のおひつじ座【LUAの12星座占い】

    9. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    10. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    4. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    5. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    8. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    9. 【永久保存版】人気ブランドから良コスパまで。ソムリエおすすめワイングラス22選

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    8. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら