1. Home
  2. BODY
  3. 「いびき」改善のために、見直したい大切なこと

「いびき」改善のために、見直したい大切なこと

30日間の「快眠トレーニング」

5,041

田邉愛理

睡眠にまつわるあらゆる悩みを、1万人の眠りを変えた快眠セラピスト・三橋美穂さんが解決。20年以上にわたる研究の中で導き出された、誰でも実践できて本当に効果がある「眠トレ」=睡眠トレーニングメソッドをご紹介します。

いびき

image via Shutterstock

いびきは気道(空気の通り道)が狭くなることによって起こる現象です。いびきをかいていると体内に取り込む酸素量が少なくなるので、睡眠の質が低下してしまいます。

いびきをかかないようにしたいなら、まずは枕を見直しましょう。枕が高いと喉元が詰まり、いびきをかきやすくなるからです。

枕を変えても変わらない場合には、加齢の影響も考えられます。歳をとると筋肉にハリが失われ、気道が狭くなります。横向き寝を取り入れ、下記の舌まわし体操で舌の筋肉の柔軟性を保つようにしましょう。

いびき防止にも役立つ「舌まわし体操」

  1. 口を軽く閉じた状態で、左の頬の内側に舌先を当てる。
  2. 舌先で左頬をプッシュしながらゆっくり左まわりで真下に。
  3. そのまま右頬も同様に。
  4. そのまま上に。これを2回繰り返す。終わったら右まわりで2回。

ポイント:1〜4を1セットとして、朝昼晩に3セット以上行う。慣れてきたら徐々に回数を増やして。

いびきが悪化して危険なのは「睡眠時無呼吸症候群」です。男性がかかりやすいというイメージがありますが、実は50代以降の女性にも多い病気です。女性ホルモンが低下して筋肉のハリがなくなり、気道が狭くなりやすいからです。比較的軽度ではありますが、やせていても起こります。

30日間の「快眠トレーニング」をもっと見る

眠トレ!ぐっすり眠ってすっきり目覚める66の新習慣」(三笠書房)
1万人の眠りを変えた快眠セラピストが教える、睡眠改善の画期的新メソッド(=眠トレ)。心地よく眠りにつくためには、体内時計や自律神経、体温、ホルモンなど、すべての準備が整っている必要があります。そのための「生活習慣」や「運動」「考え方」など、著者が20年以上にわたって研究を重ねてきた中で、誰でも実践できて本当に効果がある66の「眠トレ」を厳選して紹介します。

三橋美穂(みはし・みほ)
快眠セラピスト・睡眠環境プランナー。寝具メーカーの研究開発部長を経て、2003年に独立。これまでに1万人以上の眠りの悩みを解決してきており、とくに枕はその人の頭を触っただけで、どんな枕が合うかわかるほど精通している。日本語版を監訳した『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』(カール=ヨハン・エリーン、飛鳥新社)はシリーズ累計100万部を突破。NHK「あさイチ」など、テレビ番組の出演多数。

「いびき」を放っておかない

30分以内に眠れない? 睡眠障害かもしれない代表的な6つのサイン

夜に、なぜか目覚めてしまう?たまたま寝つけないだけなのか、実は睡眠障害なのか。見分けるポイントはこの6つ!

https://www.mylohas.net/2019/06/189546pvn_sleep.html

「横向き寝」でストレートネックやいびきも解消!? 専用まくらを使ってみた

睡眠環境を整えることは快眠につながるというのは当然の話ですが、実際いま使っているまくらは、あなた自身に合っているのでしょうか? 首や肩がこった理、頭...

https://www.mylohas.net/2018/11/yokone.html

    regularbanner

    Ranking

    1. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    2. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    5. お酒をやめるとやせますか? 3か月の禁酒で5.4kgの成功例は

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?