1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

12,357

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

カクテル

映え狙いのカクテルが、まさかの展開に……!

とある夏の日。プールサイドで家族と楽しい時間を過ごしていたコートニー。きりりと冷えた氷入りのマルガリータで乾杯をしました。完璧な写真映え、そして味もいい手作りマルガリータをつくるため、コートニーは何百個ものライムを絞って氷を投入、テキーラを加え、プールに入る前にカップに分けたのです。

太陽の下でめいっぱい楽しく過ごした、その翌朝。コートニーは、自分の手が“燃える”ように熱くなっているのに気づきました。おそるおそる見てみると、手が大きく膨れ、真っ赤な水ぶくれに覆われているのです。もはや「軽いヤケド」とは言えないほどの状態に……。

これはマルガリータによるヤケドとして知られる皮膚病なのです。医学的には植物性光皮膚炎と呼ばれ、特定の植物化学物質(特に柑橘系の果物に含まれるもの)のために、皮膚が日光に敏感になり、水ぶくれをともなうヤケドを起こすことがあるもの。

今回は、植物性光皮膚炎について知っておきたいことと、防ぎ方をまとめます。

植物性光皮膚炎とはズバリ何?

ライム

image via shutterstock

ニューヨークのマウント・サイナイ医療センターの美容・臨床皮膚科の研究ディレクター、ジョシュア・ザイヒナー医師によると、特定の植物、特に柑橘系の果物にはフロクマリンと呼ばれる化合物が含まれています。このフロクマリンが日光の存在で激しい化学反応を引き起こすのです。

フロクマリンは紫外線A波にさらされると、皮膚で光化学反応を起こし、皮膚細胞を傷つけ、細胞死を促進します。反応は人によって異なりますが、大きな水ぶくれ、発赤、灼熱感、痛みを引き起こすことがあります。

日光の下でフロクマリンと接触する人ならだれでも植物性光皮膚炎のリスクがあり、園芸、ハイキング、釣り、農業、キャンプはさらにリスクを高めるでしょう。柑橘系ジュースを使うバーテンダーの仕事ももちろん反応の引き金に。

ザイヒナー医師によると、最大の“犯人”は柑橘系の果物、特にライムですが、レモン、セロリ、野生のパースニップ、パセリ、ブタクサなどもフロクマリンを含んでいます。

植物性光皮膚炎になるとどうなる?

やけど

日光にさらされて数時間後に不規則な形の水ぶくれができます。重度の日焼け、また化学ヤケド、アトピー性皮膚炎、蜂窩織炎などと誤診されることもあります。しかしザイヒナー医師は反応が局所的で見た目に特徴があるといいます。

「これは化学物質が皮膚に触れた場所にだけ発生し、ライムジュースがこぼれたり、飛び散ったりした場所にしま模様や点のような奇妙な形のヤケドがでてくるのです。最初の発疹は燃えるような赤です。だいたい焦げ茶っぽい黒に変わっていきます」(ザイヒナー医師)

痛みを軽減する方法は?

軟膏

image via shutterstock

植物性光皮膚炎になった場合、痛みを軽減する方法がいくつかあります。軽度のヤケドの場合は、アスピリンやイブプロフェンなどの市販薬で処置することができます。

中程度の水ぶくれの場合、医師が勧めるのは、炎症やかゆみを軽減する局所に使うステロイドクリーム。より重症の場合、コルチステロイドまたは抗ヒスタミン薬の飲み薬を処方するかもしれません。

1〜2週間の間に最初の症状が治まり、水ぶくれが消えると、皮膚にかさぶたや赤みができることがありますが、それを取ったり、はがしたりしないようにします。皮膚が治っていく際に水分を保ち、保護し、瘢痕化を最小にするための皮膚軟化剤ベースのクリームを医師は処方してくれるはずです。

最後に、水ぶくれした皮膚を日光にさらさないでください。植物性光皮膚炎は再発することはなく、時間とともに消えていきます。「肌に恒久的な変化をもたらすことはめったにありません」(ザイヒナー医師)

植物性光皮膚炎を予防する方法

ゴム手袋

image via shutterstock

悪名高いマルガリータのヤケドについて理解しておけば、症状の進行を簡単に避けられるはず。「植物性光皮膚炎を引き起こす植物や食物と接触した場合は、必ず衣服や手袋で皮膚を保護し、日光に当たる前に皮膚を完全に洗い流します」(ザイヒナー医師)

夏のマルガリータのために、パセリを摘んだり、ライムを絞ったりする場合は、ガーデニング用もしくは調理用の手袋を使うとよいでしょう。また、日焼けを避けるために日焼け止めも忘れずに。

そうすれば、飲み物に柑橘類を使いながら、日光にさらされた皮膚から離し、マルガリータによるヤケドを防ぐことができるでしょう。

思いがけない肌トラブルの対処法は?

月経前後、更年期にも増える「大人ニキビ」。日常で気をつけたい6つのこと

大人になってもニキビに悩む女性は多いもの。ニキビを治すベストな方法を皮膚科医に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/02/185983pvn_acne.html

髪と頭皮こそ、日光から守るべき。肌より深刻な「頭」の紫外線ダメージ

屋外で過ごす時間が多くなると、より気を付けたいのが紫外線対策。実は身体で最も日焼けしやすいのは、実は髪と頭皮なのだそう。特に、髪の分け目は...

https://www.mylohas.net/2019/04/186546hair_uv.html

Nicol Natale/What Is Margarita Burn? The Painful Skin Reaction You Need to Know About This Summer/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた