1. Home
  2. BODY
  3. 肩こり・頭痛・首こりを劇的に改善する「1分間ストレッチ」3選

肩こり・頭痛・首こりを劇的に改善する「1分間ストレッチ」3選

脱・疲労!

81,199

山本千尋

疲れた女性

デスクワークやスマホの見すぎで、ガチガチに固まった肩や首。さらにクーラーのきいた部屋でじっとしていることが多いこの時期は、頭痛にもなりやすいからつらいですよね。

Twitterのフォロワー数15万人超えで、現在予約は4か月待ちという人気のストレッチトレーナー・中田雄大さんに、“頭痛・肩こり・首こり”が劇的に改善する「1分間ストレッチ」を教えていただきます。

筋肉を動かして血流をよくするのが、ストレッチ

肩こり

中田雄大さん

中田雄大さん

“こり”は運動不足によって血流が悪くなり、老廃物がたまることで起こります。そして、血の巡りが悪くなると脳に十分な酸素が届かなくなるので、頭痛を引き起こしてしまうのです。


肩や首がこると、まず思い浮かべるのは“マッサージ”や“整体”ですが、ストレッチとの違いはなんでしょう。

中田雄大さん

中田さん

マッサージ”をすると血流がよくなるので、もんでいるときは気持ちいいけれど、根本的な改善にはなりません

また“整体”は、ズレた骨を正しい位置に調整して不調を取り除くものですが、コンスタントに施術しないと、いずれ不調が出てきてしまいます。


マッサージや整体はプロの手にゆだねる必要がありますが、ストレッチは自分でできるのが魅力ですね。

中田雄大さん

中田さん

本当はストレッチもプロの施術を受けたほうが、より高い効果を得ることができるんですよ。でもたしかに、コツさえつかめば自分でできるのが、ストレッチのいいところ。

マッサージや整体と違って、ストレッチは筋肉を動かして血流をよくするので、いわば筋トレのようなものなんです。運動効果もあるので、ふだん運動しない人は軽い筋肉痛になることもあります。


ストレッチの目安は“イタ気持ちいい”ことと、ひとつの部位につき20秒×3セット=1分間伸ばすこと。では、実際に上半身のこりや痛みなど、悩み別に効くストレッチを教えていただきましょう。

上半身の悩みに効くストレッチ3選

ヨガ

【頭痛】“肩甲骨はがし”で、脳に酸素が行きわたる!

まずは両手を組んで背中を丸めます。次に両ひじを離すように腕をねじりながら前に突き出すと、肩甲骨同士を引き寄せる役割の「菱形筋(りょうけいきん)」がじわーっと伸びていきます。

この動きはいわゆる“肩甲骨はがし”。血流がよくなって脳に酸素が行きわたるので、頭痛の軽減につながります。

「効かない」という人は「背中を丸めて」腕を「ねじりながら」「前に出す」という三つの動きを同時にできていないのかも。菱形筋は、複合的な動きを同時に行わないと伸びません。

【肩こり】肩から胸にかけてスッキリ。呼吸しやすくなる効果も!

デスクワークの宿命「肩こり」解消には、「上腕三頭筋」を伸ばすのが効果的。上腕三頭筋は、ひじから肩甲骨についている、二の腕の後ろ側の筋肉です。

壁から50cm以上離れたら、両ひじを壁につけ、腕のつけ根がぐぐっと伸びるよう沈み込みます。このときに注意するのは腰を反りすぎないこと。

かなりキツいストレッチですが、効果はテキメン! 肩甲骨周りの重だるい感じが抜けますし、姿勢がよくなり呼吸までしやすくなる人もいます。

【首こり】“前もも”を伸ばせば、首こりがラクになる!

人間の頭は重いので、まっすぐ立っているときは4~5kg、前に60度傾くと30kgもの負担が首にかかってしまいます。首がこったときに伸ばすのは首や肩ではなくて、前ももの筋肉「大腿四頭筋」

首こりで悩む人の多くは、前ももの筋肉がガチガチになっているので、前ももをほぐすだけで首こりがなくなることも。

イスに片ひざをつき、曲げているほうの足を持って、しっかりお尻に引き寄せる。硬いなと感じるほうを長めにするといいでしょう。

「身体の柔軟性」と「筋肉のやわらかさ」は、別問題

疲労

中田雄大さん

中田さん

女性は骨の構造上、可動域が広いので身体がやわらかい=筋肉もやわらかいと思われがちですが、可動域の広さと筋肉の硬さは別問題。だから、身体がやわらかい人でも肩がこるんです。


今回紹介した「首こり解消のために前ももを伸ばすストレッチ」は、仰向けに寝て片ひざを曲げるだけだと、可動域が広い人には効かないこともあるそうです。でも、イスを使ったストレッチなら、角度は自由に変えられるので、女性にはこちらのほうがおすすめなのだとか。

じわーっと“イタ気持ちいい”のが効いている証拠。「いまいち効かない」というときは、やり方が間違っているか、あなたの可動域が広いことが原因かもしれません。効く角度や強さは自分に合うよう微調整しながらやってみてください!

後編:腰痛・むくみ・疲れに効く1分間ストレッチ。腰痛の原因は硬いおしり?

心身の疲れから解放!

ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

多くの人が悩む肩こりや痛み。上半身全体をほぐしながら、日常生活にも役立つ筋肉を鍛える、簡単な肩のエクササイズを動画でレクチャー!

https://www.mylohas.net/2019/07/193948sp_muscle_pvn_shoulder.html

精神科医が教える「ストレスが溜まる人の特徴」と上手につきあう方法

真面目に頑張っているがゆえに、ストレスを強く感じてしまうことがあります。頑張りを正しく生かしていくための、ストレスの予防や対処の方法をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/07/195186book_stress.html

パーソナルストレッチ専門家・中田雄大さん

中田雄大(なかた ゆうだい)さん
1988年、大阪府生まれ。パーソナルストレッチ専門家、ストレッチ専門店「Nストレッチ」代表。中学から大学まで少林寺拳法に打ち込み、高校時代には型(かた)の大会で日本一に。大学卒業後は会社員となるが、パーソナルストレッチの施術に衝撃を受けたことをきっかけに、「ドクターストレッチ」でストレッチについてイチから学び、ストレッチ専門家の道に進む。現在は「Nストレッチ」で施術のかたわら、「なあさん|ストレッチトレーナー」(@nst_nakata)として、15万人を超えるTwitterフォロワーに対し、動画つきでわかりやすいストレッチを日々紹介している。

取材・文/山本千尋、企画・構成/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた