1. Home
  2. SPORTS
  3. 体の柔軟性を高める、基本のストレッチ12とおり

体の柔軟性を高める、基本のストレッチ12とおり

44,226

MYLOHAS編集部

ストレッチ

──BUSINESS INSIDER JAPANより転載

ストレッチのやり方は様々だ。

だが、筋肉を痛めずに柔軟性を高め、怪我から身体を守るのに「最適なストレッチ」とは、どのようなものだろうか?

Business Insiderは、ニューヨーク大学の理学療法の教授で、『アンチエイジングフィットネス —— 40歳からはじめる加齢に負けないからだづくり(原題:Age Defying Fitness』の著者マリリン・モファット(Marilyn Moffat)氏に、誰にでもできる基本的なストレッチを教わってきた。

イラストを使って、紹介しよう。

※途中で具合が悪くなったり、あらかじめ身体に痛みなどがある方は、これらのストレッチを控えてください。

まず初めに、姿勢を正して座ります。

正しい姿勢

Samantha Lee/Business Insider

顎を下に引いてください。首が背骨に沿って真っ直ぐになります。

首を左右に回しましょう。左右でそれぞれ30〜60秒ほど、その状態をキープします。これは他のストレッチでも同じ。

首を回すストレッチ

Samantha Lee/Business Insider

首をゆっくり右に回して、そのままキープ。顔を正面に戻し、左側も繰り返します。

首を傾けるストレッチでは、左手で頭の右側を抑えながら左に倒します。もう一方の手は椅子を掴むか、自然に下ろしましょう。

首を横に倒すストレッチ

Samantha Lee/Business Insider

右側に首を傾ける時は、右手で左耳の近くを軽く押さえます。左右、両方行いましょう。

姿勢を真っ直ぐに保ち、体を左右に回しましょう。ここでも同じ状態を30〜60秒ほどキープします。

体(胴)のストレッチ

Samantha Lee/Business Insider

手を交差して肩の奥を見るように右に回しましょう。正面に戻って、左側も行いましょう。

体を後ろに倒して伸展。背筋を少し伸ばすくらいで十分です。倒し過ぎないでください。

体を後方に少し倒すストレッチ

Samantha Lee/Business Insider

体を少し後ろに倒して背筋を伸ばしましょう。

体側のストレッチはこちら。

側屈

Samantha Lee/Business Insider

反対側の腕を頭上で斜めに伸ばしながら、体を少し横に倒します。反対側も行いましょう。

シンプルな前屈です。

前屈

Samantha Lee/Business Insider

椅子に座ったまま前にかがみましょう。首を痛めないように注意してください。

背中で手を組むストレッチ。イラストのように、上の手は手のひらを背中側に、下の手は手の甲を背中側に向けてください。

背中で手を組むストレッチ

Samantha Lee/Business Insider

猫背にならないように、手を繋いでみましょう。手を入れ替えて反対側も行います。

立ち上がって、大腿四頭筋のストレッチです。

大腿四頭筋のストレッチ

Samantha Lee/Business Insider

つま先を掴んで、膝が真下を向くように膝を曲げましょう。脚を入れ替えて反対側も行います。

アキレス腱のストレッチ。脚の裏側を伸ばすようにしましょう。特にふくらはぎの周辺を伸ばしてください。

アキレス腱のストレッチ

Samantha Lee/Business Insider

足の親指を壁に向け、両足を床につけましょう。前の足の膝を壁に向かって曲げます。脚を入れ替えて反対側も行いましょう。

今度はマットを敷いて横になってください。股関節のストレッチです。曲げていない方の脚は床にしっかりとつけたままにしてください。

股関節のストレッチ

Samantha Lee/Business Insider

片脚を真っ直ぐに伸ばし、反対側の膝を胸に近づけましょう。脚を入れ替えて反対側も行います。

大腿四頭筋のストレッチ。トレーニングチューブを使えば、脚をさらに高くあげて伸ばすことができます。

大腿四頭筋のストレッチ

Samantha Lee/Business Insider

一方の足の裏を地面につけ、反対側の足を天井に向かって伸ばしましょう。角度は90度が理想です。反対側も行いましょう。

最後は太ももの裏側のストレッチ。きつく感じる場合は、組んでいない方の脚を少し身体から離してみましょう。

太ももの裏側のストレッチ

Samantha Lee/Business Insider

首と背中は地面につけたままで、右足を曲げて左足の膝の上のももにのせましょう。脚を入れ替えて反対側も行います。

効果的なストレッチあれこれ

ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

多くの人が悩む肩こりや痛み。上半身全体をほぐしながら、日常生活にも役立つ筋肉を鍛える、簡単な肩のエクササイズを動画でレクチャー!

https://www.mylohas.net/2019/07/193948sp_muscle_pvn_shoulder.html

1日たった5分で体の流れを整えていける「スゴレッチ」はすごかった!

ダイエットよりも100倍ラクだと絶賛されている本『スゴレッチ』から、心身の不調や悩みを解消できる1日5分の超簡単ストレッチ術を学びましょう。

https://www.mylohas.net/2019/07/193850sp_muscle_book_sugoretch.html

BUSINESS INSIDER JAPAN

image via shutterstock

    Ranking

    1. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    5. 糖質制限と脂質制限ダイエット。管理栄養士がメリット・デメリットを解説

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    10. 目に悪影響? コンタクトレンズをつけてシャワーを浴びてはいけない

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと