1. Home
  2. EAT
  3. 砂糖なしでも甘い! 超簡単&ヘルシーな「ナッツ入りチョコがけデーツ」

砂糖なしでも甘い! 超簡単&ヘルシーな「ナッツ入りチョコがけデーツ」

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード

2,122

Lily

最年少トップスーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。インスタグラムでヘルシーなレシピを紹介しています!

デーツチョコ

最近インスタグラムで「デーツを買ったのですが使い方がわかりません!!」という質問を多く頂きます。そのため今回は、デーツを使った超簡単ヘルシースイーツ「ナッツ入りチョコがけデーツ」をご紹介しようと思います!

火は一切使わず、下準備なども必要ありません。材料さえあれば思いたった瞬間作れてしまう、そんなスイーツになります。ヴィーガンスイーツでもあることから、多くの海外モデルや海外のヘルシーカフェでも流行しているんです。

甘いものが食べたいときに! ナッツ入りチョコがけデーツ

デーツチョコ

このレシピ、海外では「スタッフドデーツ(stuffed dates)」と呼ばれており、「何か詰め物がされたデーツ」という意味があります。意味のとおり、デーツの中にはアーモンドやくるみなどのナッツが詰まっており、ナッツの食感とデーツの甘さ、そしてその上から掛かるビターなチョコレートソースのハーモニーが何ともいえません!

デーツの甘さがあるため、チョコレートはカカオ100%(砂糖やカカオバター不使用)のものを使います。よって、ダイエット中でも甘いものを罪悪感なく楽しむことができるんです。

【材料・デーツ10個分】

  • デーツ 10個
  • アーモンドやくるみなどお好きなナッツ 20個
  • カカオマス 30g
  • 塩(できれば岩塩) 少々
  • かぼちゃの種、ピスタチオ、エディブルフラワーなど 飾り付けに必要であれば

【レシピ】

  1. デーツに縦半分に切り込みを入れ、中から種を取り出す。(サンドイッチを作るときのように、種があるところの半分まで切り込みを入れるだけ。完全にふたつには切らない。)
  2. 種が入っていたところに、アーモンドやくるみなどのお好きなナッツを2個ほど入れる。
  3. 金属バットもしくはお皿などにベーキングシートを敷き、その上にデーツを並べる。
  4. カカオマスを湯煎もしくは電子レンジで溶かし、完全に液体状になったらデーツの上にスプーンなどでかけていく。
  5. 最後に少しだけ上からかけ、必要な場合はピスタチオなどで飾り付けをする。
  6. 冷凍庫に入れ、チョコレートが冷え固まるまで、5分程度待ったら完成!

このレシピのスーパーフード: デーツ

デーツ

image via Shutterstock

デーツの特徴は、木の実なのに黒糖のような甘さを持つこと。その特徴から、海外では砂糖の代わりとしても、さまざまなヘルシースイーツに使われています。

ミネラルや食物繊維がたっぷりで、クレオパトラが美と健康を保つために食していた、という説も。

デーツをシロップ状にしたデーツシロップも販売されているので、濃厚なカラメルのような甘さが欲しいスイーツを作る際には特にオススメです!

このレシピのスーパーフード: カカオマス

カカオマス

image via Shutterstock

「カカオマス」とは、砕いたカカオ豆をペースト状にして冷却することで固まった状態のカカオのことを指します。このカカオマスに、牛乳や脱脂粉乳、カカオバターや砂糖などを入れることで、みなさんが普段食べているチョコレートになるのです。

カカオマスは、動脈硬化予防や美容効果の期待できるポリフェノールを豊富に含みます。また、カカオに含まれる消化されにくいタンパク質が腸まで届くことによって、便のカサが増え、便秘解消の効果も期待できるとか。

ダイエット中でも甘いものが食べたい

砂糖不使用! たった4つの材料でつくる、甘酒ときな粉のヘルシーアイス

この時期、多くの人が苦しむ花粉症。そこで大切になってくるのが、「第二の脳」とも呼ばれる腸内環境を整えることだといわれています。そこで今回は、腸内環境...

https://mylohas.net/2019/03/187305icecream.html

ヘルシーなドリンク・お菓子7つ。ポップコーンは健康にいい!?

食べるものによって病気を防いだり、免疫を高めたりすることができます。栄養価の高いおやつで健康をサポートしましょう。

https://mylohas.net/2019/07/194551healthiest4.html

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フードを読む

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた