1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 去年使っていた日焼け止め、今年も使える? 化粧品保存の正しい方法

去年使っていた日焼け止め、今年も使える? 化粧品保存の正しい方法

読者の悩みに専門家が答える、ビューティ駆け込み寺

7,199

AYANA

化粧品のチューブ

image via shutterstock

MYLOHAS読者の、ニッチな美容のお悩みを解決する「ビューティ駆け込み寺」連載。

今回は、「去年使っていた化粧品は今年も使える?」というお悩み。確かに気になりますよね。そもそも、化粧品の品質保持期限はどのくらいなのでしょうか?

お答えいただいたのは、化粧品メーカーでの美容コンサルタントとして多方面で活躍する、ビューティサイエンティストの岡部美代治さんです。

化粧品は、未開封なら基本的に3年間は安全

化粧品の品質表示を見る女性

Photo by Getty Images

「化粧品は未開封の状態なら3年は品質が保たれています。そこを目指して各メーカーは商品を開発していますから、購入後に開封せず、普通に室内に保管しているものであれば、購入から3年は問題なく使えるはずです」(岡部さん)

ただし、デリケートな処方のオーガニックコスメやナチュラルコスメの中には3年保たないものもあります。その場合は必ずパッケージにその旨が記載されているので確認してみましょう。

クリームを取る

Photo by Getty Images

では、開封後はどうでしょうか?

「水分などの蒸発や空気に触れて酸化などが起こりはじめるので、だいたいワンシーズンを目安に使いきるといいでしょう。

スキンケアなどは、だいたいひと瓶2~3ヶ月で使い切るように設計されています」(岡部さん)

日焼け止めやファンデーションなど、ワンシーズンで使い切れないものもありますよね。

もし半分以上残っていたら、きっちりと蓋を閉め、冷暗所に保管しておきましょう。これなら来年も使えるかもしれません。

「化粧品が劣化すると、だいたい変色・分離・異臭が起こります。

匂いを嗅いでみて違和感があったり、肌につけたときに心地よいテクスチャーではなくなっていたら、それはもう変質してしまっていますので、廃棄するほうがいいでしょう

そうでなければ使い続けて構いません」(岡部さん)

化粧品を冷蔵保管する必要はなし!

化粧品を並べる女性

image via shutterstock

化粧品の保管方法については、食品ほど神経質になる必要はなく、特定条件を避け、室内に保存しておけばまず問題はないそう。

岡部さんが挙げる、保管のときに避けるべき要素は4つ。

  • 高温(40℃以上。車の中など)
  • 光(直射日光の当たる場所、電球など光の当たる場所)
  • 極端な温度差(5℃と氷点下40℃、など)
  • 水の混入(バスルーム内で、緩んだキャップで放置するなど)

品質保持を目的に冷蔵庫で保管する必要はありません。取り出しやすいところに保管して、ストレスなく使うことが大切です。

もちろん、ひんやりと心地よいテクスチャーを楽しむ目的で冷やしておくのは問題ありません」(岡部さん)

化粧品の正しい捨て方は?

口紅を捨てる

image via shutterstock

変質してしまい、もう使えない化粧品はどのように廃棄するのが正しいのでしょうか?

基本的には、化粧品の中身はすべて燃えるゴミです。スキンケアやリキッドファンデーションなどは、ビニール袋のなかに新聞紙を敷き、そこに流し込んで可燃ゴミとして出せば問題ありません。

パウダーファンデーションや口紅、アイシャドウ、ペンシルなどもすべて燃えます。容器と中身を分けてから、容器は自治体の規定に従って分別廃棄しましょう」(岡部さん)

化粧品を抱えて驚く

image via shutterstock

スプレー缶は、少し手間がかかります。中身を完全に使い切ってから捨てなければならないからです。おすすめは、トイレットペーパーを使うこと

バケツにビニール袋をかぶせ、その中にトイレットペーパーを入れて、スプレーをトイレットペーパーに押し付けるようにエアゾールの中身を噴射します。

押し付けることでスプレーの中身が飛散せず、1ロールで1Lほどの液体を吸収できますので、効率的です。これも燃えるゴミになります。必ず換気のよい屋外で行うようにしてください。

化粧品の空容器

Photo by Getty Images

正しい保管方法・廃棄方法がわかると安心して化粧品と付き合えますね。「捨てどきがわからない……」などと悩むこともなくなるのではないでしょうか。

使えるか迷ったときは、まず中身の状態を確認してみましょう!

>>「ビューティ駆け込み寺」連載をもっと見る

「うっかり日焼け」をなかったことに! 美肌回復への近道スキンケア

夏にしがちな「うっかり日焼け」をなかったことに! エレミスのスーパーフードシリーズを使った、肌ダメージのためのスキンケア術を紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/07/193597elemis.html

皮膚科医に聞く「老け顔」対策。頬がこけるのを防ぐ方法は?

年齢とともにこけてくる頬。「老け顔」の進行をくい止める方法について、銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生に伺います。

https://www.mylohas.net/2019/06/192894beauty_qa5.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた