1. Home
  2. BODY
  3. わかりにくい「女性の難病」。頬が赤い、口内炎が治らない…

わかりにくい「女性の難病」。頬が赤い、口内炎が治らない…

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

11,921

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

エリテマトーデス

image via shutterstock

信じられないと思われる方もいるかもしれませんが、ある病気が全身を侵しているのに、その病気は目に見えないということがあります。

その病気こそ、アメリカで推定150万人が何らかの形でかかっているとされる「エリテマトーデス」です。

エリテマトーデスとは?

疲れた女性

image via shutterstock

エリテマトーデスは自己免疫疾患のひとつです。本来なら自分自身を守ってくれる免疫システムが、健康な細胞と組織を攻撃するようになります。

米国ループス財団によると、「エリテマトーデスの約70%は、全身性エリテマトーデスに分類され、心臓、肺、肝臓、脳といった主要な臓器や組織に症状を現します」とのこと。

「何が自分の体で何がそうでないのかを、免疫システムは判断できなくなります」と説明するのは、ジョンズ・ホプキンス医科大学の内科准教授で、ホプキンスループスセンターの副所長で、リウマチ専門医を務めるジョージ・ストイヤン医師。

エリテマトーデスの症状は?

足の痛み

image via shutterstock

「体に害のないものから命に関わるものまで、エリテマトーデスの症状はさまざま」とストイヤン医師。これらの症状が進むと、だんだんと本人もつらくなってくるのです。

エリテマトーデスとなった人の65%は、慢性疼痛(慢性痛)がつらいと言います。

エリテマトーデスの主な症状

  • 慢性疼痛(慢性痛)
  • 関節のこわばりと腫れ
  • 顔面の発疹(最も特徴的なのは、鼻から両頬にかけて現れる蝶の形の発疹「蝶形紅斑」
  • 口内炎
  • けいれん
  • 心臓や肺の周りの液体による胸の痛み
  • 発熱
  • 分泌腺の腫れ
  • 血球数の低下

エリテマトーデスの要因と治療法はわかっていません。「エリテマトーデスと関係しているらしい事柄はわかっているのですが、因果関係についてははっきりしていません」とストイヤン医師は説明します。

遺伝、ホルモン、環境の変化がエリテマトーデスの進行と関係しているという研究者もいます。しかし、何が病気にもっとも大きな影響を与えているかはあまり答えが出ていないのです。「エリテマトーデスの発症には複数の要因が重なって起こるものと推測されています」とストイヤン医師は解説します。

エリテマトーデスの治療法は?

薬

image via shutterstock

ストイヤン医師によると、エリテマトーデスと診断された場合、病気の重症度に応じて治療は行われます。

症状が軽度から中程度のときには、痛み、皮膚の発疹、そのほかの症状を抑えるヒドロキシクロロキンのような抗マラリア剤を処方。臓器を守り、体に及ぶ損傷を防ぎます。この薬を服用することで、炎症の50%が抑えられ、最終的に寿命を延ばす効果があります。本人が続けられる限りは、治療を継続していきます。

ほかの選択肢としては、コルチコステロイドがあります。この薬は炎症に対応するために使い、効果が早期に出ることがポイントです。副作用を避けるため、医師は長期にわたる服用はすすめていません。

「エリテマトーデスの治療法は確立されていないため、その治療は困難となる可能性もあります。しかし、医師と一緒になって治療計画を立てて取り組むことで、病気を治すというゴールに近づくことはできるはずです」とストイヤン医師は説明します。

次に、エリテマトーデスになる要因をまとめます。

ちょっとした不調は病気のサインかも

ごっそり髪が抜けた、トイレが近い…早めに検査すべき病気の兆候10

ちょっとした身体の不調は重大な病気のサインかも? 気をつけるべき症状をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/04/188851pvn_wrong.html

だらしないのと似ている甲状腺の不調。横になりたい、ど忘れする…

不調に気づきにくいと言われる甲状腺は、身体の中でも重要なものの一つ。わかりにくい不調のサインを知っておきましょう。

https://www.mylohas.net/2019/06/191629pvn_thyroid2.html

Alisa Hrustic/What Causes Lupus? 8 Possible Triggers of the Autoimmune Disease/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由