1. Home
  2. BODY
  3. 体のプロが実践する「ぐっすり眠るための工夫」6

体のプロが実践する「ぐっすり眠るための工夫」6

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,445

Maya A. Kishida(翻訳)

快眠

image via shutterstock

普段から身体のことを気遣っているプロフェッショナルな人々は、毎日ぐっすり眠るためにどのような工夫をしているのでしょうか。

医療関係者と協力して活動するヨガ教師のためのコミュニティを運営しているティファニー・クルックシャンクさん。年間15万マイルも出張で飛び回っている彼女にとって、睡眠は非常に大切だといいます。

女性とペット

「ふだんからよく眠れるタイプ」というクルックシャンクさんは、寝る前の習慣を大切にしているのだそう。クルックシャンクさんがつけた「睡眠日記」から、よく眠るためのヒントを紹介しましょう。

夕方5時以降はワインを飲まない

ワイン

image via shutterstock

日曜日。デッキにペンキを塗ったりして屋外でのんびり過ごした1日の終わりに、スパークリングワインをちょっと味わったけど、明日の撮影にそなえてぐっすり眠れるように、夕方5時には飲むのをやめます

夕食には、ケールやほうれん草など葉もの野菜をたっぷり使ったサラダを。庭で採れたイチゴも少し。夕食後に寝る準備を始め、顔を洗って歯を磨き、照明を落とす。実際にベッドに入ったのは、夜10時半から11時くらい。もう少し早く寝たかったけど、夫と一緒の時間が必要だったし、ふたりですてきなひとときを過ごせたので問題なし。

早めに照明を暗くする

照明

image via shutterstock

月曜日。夫を空港に送るため、5:30に起床。その後も1日中仕事で大忙し。

わたしはふだんから寝るための準備にとても気を使っていて、ベッドに入る前にゆっくりと部屋の明かりを暗くしていくようにしています。そのために家中のほとんどすべての照明にダイヤル式の調光器を取り付けていて、寝室に行く2〜3時間前から照明を少しずつ落とすように。寝る1時間前には、明かりが消える寸前のぎりぎりまで部屋を暗くします。夜10時には就寝。

安眠マスクを着用する

アイマスク

image via shutterstock

火曜日。今日の夕食は、海塩とオリーブオイルでBBQしたサーモンとアスパラガスというシンプルな食事。夜9時45分には幸せな気分でベッドへ。いつものように安眠マスクを着用して、睡眠用の音楽を聞きます

マッサージボールで回復ストレッチ

マッサージボール

image via shutterstock

水曜日。今週は座り仕事が多かったので、今晩はマッサージボールを使って10分ほど臀部をほぐす。筋膜組織をほぐして潤いをもたらし、怪我や痛みを予防するタイプを使います。

出張やスケジュールの変更などで連日慌ただしいので、毎晩こうしてストレッチを行う時間を確保するようにしています。夜10時にはベッドに入る。

週末に向けて全力で仕事を片付ける

仕事

image via shutterstock

木曜日。今日はヨガレッスンと、鍼とスポーツ医療の診察をする日。おいしいごはんを作って、少し休憩。それから、いくつか締め切りが迫っている案件があったので、夫が帰宅する前にすべて終わらせるべく、夜10時近くまで仕事をがんばる。10時半に夫をピックアップして、ふたりとも夜11時半には就寝。

夕食はミールキットで手早く

ミールキット

image via shutterstock

金曜日。今日はたくさんの作業を終わらせて、夫と一緒に、飼い犬のルルと散歩。わたしたち夫婦は離れている時間が長いので、一緒に過ごす時間を大切にしています。だから夕食は、おいしくて手早くできる食材宅配サービスのミールキットを利用。そして週の締めくくりとして、家で映画を楽しみました!

良質な睡眠がとりたい

筋トレで「睡眠の質」を上げるトレーニングのコツ

筋トレが世の中の問題のほとんどを解決すると信じ、書籍やSNSなどで発信を続けるTestosteroneさん。筋トレが持つ計り知れない効能を、スポーツ...

https://www.mylohas.net/2019/07/193660muscle21.html

6時間未満では心の疲れはとりきれない? 意外とやっている睡眠のNG習慣

忙しい現代人にとって、眠りは生活の質を左右する重大テーマのひとつ。 心地いい睡眠で明日への活力をチャージするために、私たちが意識すべきこととは? 予...

https://www.mylohas.net/2019/06/193227sleep.html

Devin Tomb/Yoga Medicine Founder Tiffany Cruikshank Dims the Lights 3 Hours Before Bed /Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由