1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 真夏の紫外線対策! フレッシュなビタミンCで、簡単速攻スペシャルケア

真夏の紫外線対策! フレッシュなビタミンCで、簡単速攻スペシャルケア

2,108

知恵子

0shutterstock_220792759(2)

肌が紫外線にあたると、シミやくすみの元になるメラニンが作られます。本来は肌を守るための色素ですが、過剰に作られると美肌を目指す女性にとっては困りもの。

そこで強い味方となるのがビタミンC。メラニンの過剰な生成を抑える働きと、できてしまったメラニンを薄くして、肌のターンオーバーを整える働きがあると言われています。でも化粧品に入れると酸化するなどパワーが弱まるため、ビタミンC誘導体を配合する場合がほとんど。

そんなスキンケアにイノベーションを起こした美容液があります。それはフレッシュな状態の純粋なビタミンCを肌に届けることができる、「トリロジー Cブースタートリートメント」です。

上質な成分と発想力で美肌へと導く

Trilogy(トリロジー)はニュージーランドNo.1のナチュラルスキンケアブランド。40を超える製品を作り、世界20ヶ国以上で販売しています。

自然の力によってもたらさせる健康的な肌こそ、美しさの全て」という考えのもと、余分な化学合成成分は加えず、可能な限りピュアな植物成分を配合。また環境保護、動物愛護、フェアトレードにも積極的に参加しています。

そんなトリロジーが新しい切り口で生み出したCブースタートリートメントは、ビタミンCを中心に配合した2週間集中ケア型トリートメント美容液。

0VitaminCBoosterTreatmentHRNoRef(Downloadmasterfile(NoApproval...

トリロジー Cブースタートリートメント 12.5mL 5,616円(税込)

ボトルの蓋の内側に格納されたビタミンC粉末を、使用直前に美容液と混ぜ合わせることで、フレッシュな状態のビタミンCが肌に届けられるのです。

また、オーガニック認定のデイジーフラワーエキスが、肌に更なる透明感を与え、明るい肌へと導きます。肌全体にハリとツヤを与える、オーガニック認定ローズヒップオイルも配合。オーガニック認証であるネイトゥルー認証を取得済みです。

使うのは朝と夜、化粧水で整えた後がベスト。紫外線でダメージを受けた肌に直接アプローチするので日焼け後のアフターケアにも最適です。

美容液をバックアップするフェイスローション

02cosme

トリロジー Cモイスチュアライジング ローション 50mL 6,588円(税込)

さらに効果をアップさせたいときは、トリロジー Cモイスチュアライジング ローションをプラス。

こちらもネイトゥルー認証取得済み。フリーラジカルによるダメージ等から肌を守り、うるおして整えます。Cブースタートリートメントとの併用をおすすめします。

使い方はCブースタートリートメント3〜4滴を手に取り顔や首にやさしくなじませた後に、このローションをパール大1つ分手の平に取り、顔全体へなじませればOK。

爽やかなマンダリンオレンジピールの香りに包まれます。天然由来のビタミンC、オーガニック認定デイジーフラワーエキス、ビタミンE、オーガニック認定ローズヒップオイルなどを配合。使うたびに明るい肌へステップアップするのを実感するはず。

フレッシュなビタミンCを使ったCブースタートリートメントと、Cモイスチュアライジング ローション。これらをセットで使って、紫外線ダメージをなかったことにしたいですね。

これからが本番! 夏の紫外線対策

間違っている人が多すぎる! 日やけ止めの正しい使い方

皮膚科医の川島眞先生に聞く「光老化の基礎知識」。後編では誤解している人が多い日やけ止めの選び方や塗り方について、くわしく伺っていきます。

https://www.mylohas.net/2019/05/190991photoaging02.html

ベタベタしない。さらさらで気持ちいい日焼け止め7選

「日やけ止めはベトベトしていて苦手!」「毎日塗るなら心地いいものを使いたい」。そんな人におすすめしたい日やけ止め7選を紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/06/193187uvcare.html

[トリロジー]

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?