1. Home
  2. EAT
  3. 管理栄養士が、食べすぎ・飲みすぎの翌日にやっていること4つ

管理栄養士が、食べすぎ・飲みすぎの翌日にやっていること4つ

2,598

横山智世

ベッドの上でヨガをする女性

暑さでバテないようにと、つい食べすぎたり、飲みすぎたり……しかも、ビールがおいしい季節到来。夏を楽しんでいたら太っていた! なんてこともあるかもしれません。

今回は、管理栄養士が実践している飲みすぎ・食べすぎの翌日のすごし方を紹介します。かしこくコントロールしていきましょう。

まずは、体重をはかることから

体重計

ダイエット中に体重を落としたいと思ったら、まず実践したいのは「体重をはかる」こと。シンプルですが、今の体重を把握しておくことで食べすぎ・飲みすぎ防止にもつながります。管理栄養士いわく、毎日の測定がベストだそうですが、忙しい時は3日に1回でも大丈夫だそう。

体重をはかる事で、どのくらいの期間やタイミングで自分の体重が変動するのかを、実際に目で見て実感することができます。測定するタイミングは「起床後お手洗いを済ましてから」を心がけてみてください。

(「DietPlus」より引用)

体重管理ができるアプリも活用して記録しておくとよさそうですね。

食べすぎ・飲みすぎの翌日に気をつけたい4つのこと

海辺を走る女性

飲みすぎ、食べすぎてしまった翌日は、なんとか昨日の過剰分をチャラにしたくていつもよりも食べないようにしていませんか? 実は、極端な食事制限はNGとのこと。翌日からの食事管理のポイントは次の4つです。

1.和食中心のメニューにシフト

和食

脂肪をとりすぎてしまったときは、比較的、脂肪分を控えられる和食がおすすめだと言われています。

脂肪分も控えられるのでカロリーを調節しやすくなります。また、野菜もたくさん食べる事ができるのでおすすめですよ。

(「DietPlus」より引用)

メニュー選びで摂取カロリーをコントロールすることを心がけましょう。

2.18時以降は食事を控えて

18時

食べすぎてしまった翌日からは、夕飯の時間を意識して早めにとるようにしたいもの。

夜は寝るだけなので、摂取エネルギーが多くならないように注意しましょう! また夜に食べた物は、脂肪になりやすいので注意が必要です。難しい場合は、寝る3時間前を目安に食事を終えるよう意識してみましょう。

(「DietPlus」より引用)

飲み食いしすぎたときは、身体にも負担がかかっています。体内を休ませる意識が大切です。

3.量を調節するなら炭水化物で

白米

食べものの量を調整するなら、炭水化物をコントロールしましょう。

普段食べている白米を1/2〜1/3程度減らしたり、6枚切りの食パンを8枚切りにすることで、約100kcal程のカロリーカットが可能になります。

外食時は、普通盛りを小盛りにするだけでも大丈夫です!

(「DietPlus」より引用)

4.夕食は、野菜たっぷりヘルシースープ

野菜たっぷりスープ

管理栄養士によると、夕食でカロリーを調節することで体重が落ちやすくなるといいます。

野菜たっぷりで体があたたまる、ヘルシーなスープをチョイスすることをおすすめします。お肉を入れたい時には、皮などの脂身をしっかりカットすることを忘れずに。

(「DietPlus」より引用)

前日の過分を調節したい時は、18時前にヘルシースープを食べてギルティフリーに。無理に絶食するのではなく、メニューや量、時間を意識して行うことで、食べすぎや飲みすぎをカバーしていきましょう!

ダイエットに必要なのは知識です

白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

食事によって「代謝」を上げることはできるの? 管理栄養士の柴田真希先生に取材した内容を3回に分けてお届けします。第三回では、簡単代謝アップ術をご紹介...

https://www.mylohas.net/2018/12/180712metabolism_meal03.html

納豆ごはんがダイエットをサポート。食べて痩せる4つのパワー

和食の定番メニュー「納豆ごはん」。発酵食品の納豆が健康によいイメージを持つ人は多いと思いますが、実はダイエットにも役立つことを知っていますか? 納豆...

https://www.mylohas.net/2018/12/181457natto_rice.html

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた