1. Home
  2. BODY
  3. 尿もれ予防にもおすすめ。「骨盤底筋」を鍛える4つの運動

尿もれ予防にもおすすめ。「骨盤底筋」を鍛える4つの運動

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,069

Maya A. Kishida(翻訳)

ヨガ

image via shutterstock

骨盤底筋とは、坐骨(左右のお尻の山のそれぞれちょうど下に位置する骨)の間に水平に走る恥骨と尾骨をつなぐ筋肉で、あなたの膀胱、腸、子宮を支えています。

妊娠、出産、老化によって骨盤底筋は弱くなり、それが尿もれや性交痛の原因ともなります。また骨盤底筋は性的機能においても重要な役割を果たしています。つまりオーガズムを得る上でも大切ということ。

ロサンゼルスで活躍するヨガ教師カーリー・トレーシーさんおすすめの「骨盤底筋エクササイズ」を試してみましょう。

「座って呼吸」「ケーゲル」など、簡単なエクササイズ4つはこちら

  • 所要時間:〜20分
  • 道具:ヨガマット、ボルスター(または丸めたタオル2本)、ヨガブロック2個
  1. ハムストリング・ストレッチ
  2. サポーテッド・ピジョン
  3. グルートブリッジ
  4. バードドッグ

1. ハムストリング・ストレッチ

ストレッチ

お尻の筋肉が硬いですか? このストレッチでは、かかとからお尻の下まで足の後ろ側全体をよく伸ばし、結果的に骨盤底筋を深くストレッチするのに役立ちます。

ハムストリング・ストレッチのやり方:

  1. 両手をヨガブロックの上に置き、膝の上にお尻がくるような姿勢で四つんばいになります。片方の足を体の正面に伸ばし、足先をほぐします。後ろの足側のお尻が膝の真上にある状態をキープしたまま、背骨が丸まらないようにします。
  2. ヨガブロックの上に両手を押し付けて、深くストレッチして安定性を高めましょう。ストレッチしたこの姿勢のまま、10〜12回深く呼吸をします。

2. サポーテッド・ピジョン

ヨガ

「これは回復のヨガのポーズで、骨盤まわりの腰の外側の筋肉をストレッチして伸ばします」とトレーシーさん。ヨガボルスターか畳んだ毛布を、ヨガマットの上に横に配置します。

サポーテッド・ピジョンのやり方:

  1. 片方の前のすねをボルスターの前に置きます。もう片方の足は腰からまっすぐ後ろに伸ばし、内ももが天井を向くようにします。前にある足に向かって、心地よい状態になるまで深く体を曲げます。この時、リラックスして体が柔らかく感じられるようにしてください。
  2. あまりにストレッチがきついと感じるようなら、胴体と頭を別のボルスターか毛布で支えましょう。トレーシーさんは「このポーズでリラックスできない場合は、筋肉が締まり続けてしまっているので骨盤底筋には何の役にも立ちません」と注意しています。
  3. このストレッチの姿勢のまま10〜15回呼吸をしましょう。反対の足でも同じように行います。

3. グルートブリッジ

ヨガ

ヨガのブリッジのポーズは臀部を鍛えるのによく、骨盤底筋に作用して胸を開き、より十分呼吸ができるようになります。

グルートブリッジのやり方:

  1. 両膝を曲げて仰向けに横たわります。両足の裏は床につけ、両手は手のひらを下にして体の両脇に置きます。
  2. 臀部と骨盤底筋を引き締めるようにして腰を天井に向かって押し上げ、お尻を床から持ち上げます。腰が丸まるのを防ぐためにも、お尻をあまり高く持ち上げないように注意してください。
  3. お尻を持ち上げた姿勢でいったん止まり、1回か2回呼吸をして、マットにお尻を戻します。これを8〜12回行います。

4. バードドッグ

ヨガ

このバランスのエクササイズは、体を安定した状態で維持するために骨盤を含む体幹にしっかり働きかけます。

バードドッグのやり方:

  1. 四つんばいになり、肩は手首の真上の位置に、そしてお尻と膝が直線になるようにします。腹筋と骨盤底筋を意識しながら右腕を前方に伸ばし、左足を曲げたまま後ろに持ち上げます。
  2. 体の後ろにある壁をかかとで押すようなイメージで足を伸ばし、手は前に伸ばして深くストレッチします。その姿勢のまま3〜5回呼吸をして、手と足を元の位置に戻しましょう。
  3. 反対側でも同じように行い、一連の動作を全部で8回繰り返します。

骨盤底筋を手軽に鍛えよう

デリケートゾーンは「第二の顔」。自宅で骨盤底筋マッサージ

デリケートゾーンケアは、かなり重要。今回は女性にとってとても大切な骨盤周りやデリケートゾーンの温め方、ケアについて、デリケートゾーン専門サロン「Pu...

https://www.mylohas.net/2016/12/058808pubicare.html

骨盤底の筋肉を鍛えてお腹ポッコリを解消! 尿もれも予防!

自分の体をきちんと知ろう!をテーマに、増田美加(女性医療ジャーナリスト)さんによる連載「カラダケア戦略術」。Vol.9&10のテーマは、骨盤底筋。V...

https://www.mylohas.net/2017/11/065607bodystrategy10.html

Meghan Rabbitt/8 Best Exercises to Strengthen Your Pelvic Floor for Great Sex, According to a Trainer /Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由