1. Home
  2. BEAUTY
  3. 女医が教える「そのスキンケアは逆効果」。医学的な正解は?

女医が教える「そのスキンケアは逆効果」。医学的な正解は?

35,101

鈴木希

女医

美白や保湿、毛穴ケアなど、SNSや口コミで話題の美容法。取り入れてみると、「美容意識が高い女性」になった気分になれます。でも、「皮膚科学的には“やってはいけない”美容法がたくさんある」と指摘するのが、皮膚科医の慶田朋子(けいだともこ)先生。

世に出回っている美容習慣のなかには、効果がないばかりでなく、老化を加速させる危険なものもあると言います。そんな「NG美容法とその医学的根拠」をまとめた本が『女医が教える、やってはいけない美容法33』(小学館)。慶田先生が警鐘を鳴らす、ついやりがちな間違い美容習慣とは?

クレンジングマッサージで、肌のきめ崩壊

クレンジング

あと1分! 毛穴を小さく! リフトアップ! と頑張りがちなクレンジング。しかし、慶田先生は「クレンジング料には強力な除去力があり、メイクを落とすと同時に肌に必要な潤いも奪ってしまう、実は要注意アイテムでもある」と言います。成分として含まれる界面活性剤が、肌に存在する潤いのもと「保湿因子」を一緒に溶かし出してしまうのがその理由。

長々とマッサージをしていたら……。そのぶん、保湿因子が溶け出す量も増え、肌は水分を抱え込めなくなって、潤いがあってこそふっくらする“きめ”もペタンコに。透明感やふっくら感が失われてしまいます。

『女医が教える、やってはいけない美容法33』16ページより引用

本書では、クレンジング料を顔にのせてから1分以内にすすぐことが提唱されています。マッサージをするのではなく、肌表面をそっとなでるように優しくなじませることがポイントに。

ハトムギエキスは気休めにすぎない

ハトムギ

また、最近では一般的なハトムギエキス入りの化粧品にも要注意です。ニキビやイボに効く、という説が知られていますが、いくら使っても気休めにすぎないと慶田先生は言います。

この説がでたのは、あるウイルス性のイボに対して漢方薬の「薏苡仁(よくいにん=ハトムギから抽出したエキス)」を内服すると効果がある、という論文が発表されたことに由来します。しかし、ハトムギの効果が実証されている論文はこれだけ

ニキビや、大人の首や腕などにできる「アクロコルドン」「脂漏性角化症」という老人性イボとの関係性は、一切ありません。

『女医が教える、やってはいけない美容法33』61ページより引用

つまり、医学的論拠が無いのに、名前ばかりがひとり歩きしてブームになったという流れ。何が正しい情報なのかをしっかり把握していないと流されてしまいます。

布ナプキンは、むしろ肌荒れに?

ナプキン

本書ではスキンケア以外に、間違った美容習慣にも注目しています。毎月のように訪れる生理についても驚くべき事実が。

デリケートゾーンから化学物質を経皮吸収して子宮にたまるから布ナプキンをつかうべき、という話は、よくネット上で散見されます。しかし、「医学的にはまったく根拠がない」と慶田先生は断言。

子宮に異物がたまることは、構造上ありえない

『女医が教える、やってはいけない美容法33』126ページより引用

とし、使い捨てナプキンに含まれている“高分子”の吸収体は、分子が大きいため、そもそも粘膜から吸収されることはありえないし、月経のたびに子宮の壁は剥がれて新しくなるため、何かが蓄積するとは考えにくい、と説明します。

それよりも、湿った布ナプキンのほうが不用意に使うと危険がいっぱい。どうしても使いたいなら、使い捨てと組み合わせて使う、こまめに取り替えるなど、扱い方にも気をつけるとよいようです。

本書には、頭皮マッサージは薄毛の解決にならない(ほかにも要因があるから)、小顔整体で骨が動いたら、それは事故(頭蓋骨は指の力では動かないから)、ファンデーションのブラシ塗りはニキビを増やす(物理的な刺激への防御反応で角層が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなる)など、体によかれと思っていたのに実は間違っていた美容法が、33も紹介されています。

間違った美容法は、時間も労力もお金もムダになるもの。医学的見地に裏付けられたものだけを、かしこく取捨選択したいですね。

美容の知識、しっかり知ろう

シミ、たるみなど肌トラブルをオーダーメイドで治療/皮膚科医・慶田朋子先生

いざ病院に行こうと思ったとき、どこに行けばいいのかわからない。そんな思いに応える連載「MYLOHAS Doctors」がスタート! 第一回目は、シミ...

https://www.mylohas.net/2019/04/184526doctors_01.html

シワは3種類あること、ご存知ですか? 適切な対処法とは?

シワの悩みは、肌にハリを与える化粧水や美容液でケアできるのでしょうか? 銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生に伺います。

https://www.mylohas.net/2019/05/191227beauty_qa4.html

女医が教える、やってはいけない美容法33]イラスト:黒猫まなこ、画像提供:小学館

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    3. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    4. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 2020年11月30日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 肌の未来は明るい!乾燥や老化へのアプローチを根本から変える新発見

    7. 温度に気をつけるだけ。にんにくの風味を最も引き出す調理法

    8. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    9. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    5. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    6. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    7. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    8. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    9. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    10. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら