1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 女医が教える「そのスキンケアは逆効果」。医学的な正解は?

女医が教える「そのスキンケアは逆効果」。医学的な正解は?

34,095

鈴木希

女医

美白や保湿、毛穴ケアなど、SNSや口コミで話題の美容法。取り入れてみると、「美容意識が高い女性」になった気分になれます。でも、「皮膚科学的には“やってはいけない”美容法がたくさんある」と指摘するのが、皮膚科医の慶田朋子(けいだともこ)先生。

世に出回っている美容習慣のなかには、効果がないばかりでなく、老化を加速させる危険なものもあると言います。そんな「NG美容法とその医学的根拠」をまとめた本が『女医が教える、やってはいけない美容法33』(小学館)。慶田先生が警鐘を鳴らす、ついやりがちな間違い美容習慣とは?

クレンジングマッサージで、肌のきめ崩壊

クレンジング

あと1分! 毛穴を小さく! リフトアップ! と頑張りがちなクレンジング。しかし、慶田先生は「クレンジング料には強力な除去力があり、メイクを落とすと同時に肌に必要な潤いも奪ってしまう、実は要注意アイテムでもある」と言います。成分として含まれる界面活性剤が、肌に存在する潤いのもと「保湿因子」を一緒に溶かし出してしまうのがその理由。

長々とマッサージをしていたら……。そのぶん、保湿因子が溶け出す量も増え、肌は水分を抱え込めなくなって、潤いがあってこそふっくらする“きめ”もペタンコに。透明感やふっくら感が失われてしまいます。

『女医が教える、やってはいけない美容法33』16ページより引用

本書では、クレンジング料を顔にのせてから1分以内にすすぐことが提唱されています。マッサージをするのではなく、肌表面をそっとなでるように優しくなじませることがポイントに。

ハトムギエキスは気休めにすぎない

ハトムギ

また、最近では一般的なハトムギエキス入りの化粧品にも要注意です。ニキビやイボに効く、という説が知られていますが、いくら使っても気休めにすぎないと慶田先生は言います。

この説がでたのは、あるウイルス性のイボに対して漢方薬の「薏苡仁(よくいにん=ハトムギから抽出したエキス)」を内服すると効果がある、という論文が発表されたことに由来します。しかし、ハトムギの効果が実証されている論文はこれだけ

ニキビや、大人の首や腕などにできる「アクロコルドン」「脂漏性角化症」という老人性イボとの関係性は、一切ありません。

『女医が教える、やってはいけない美容法33』61ページより引用

つまり、医学的論拠が無いのに、名前ばかりがひとり歩きしてブームになったという流れ。何が正しい情報なのかをしっかり把握していないと流されてしまいます。

布ナプキンは、むしろ肌荒れに?

ナプキン

本書ではスキンケア以外に、間違った美容習慣にも注目しています。毎月のように訪れる生理についても驚くべき事実が。

デリケートゾーンから化学物質を経皮吸収して子宮にたまるから布ナプキンをつかうべき、という話は、よくネット上で散見されます。しかし、「医学的にはまったく根拠がない」と慶田先生は断言。

子宮に異物がたまることは、構造上ありえない

『女医が教える、やってはいけない美容法33』126ページより引用

とし、使い捨てナプキンに含まれている“高分子”の吸収体は、分子が大きいため、そもそも粘膜から吸収されることはありえないし、月経のたびに子宮の壁は剥がれて新しくなるため、何かが蓄積するとは考えにくい、と説明します。

それよりも、湿った布ナプキンのほうが不用意に使うと危険がいっぱい。どうしても使いたいなら、使い捨てと組み合わせて使う、こまめに取り替えるなど、扱い方にも気をつけるとよいようです。

本書には、頭皮マッサージは薄毛の解決にならない(ほかにも要因があるから)、小顔整体で骨が動いたら、それは事故(頭蓋骨は指の力では動かないから)、ファンデーションのブラシ塗りはニキビを増やす(物理的な刺激への防御反応で角層が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなる)など、体によかれと思っていたのに実は間違っていた美容法が、33も紹介されています。

間違った美容法は、時間も労力もお金もムダになるもの。医学的見地に裏付けられたものだけを、かしこく取捨選択したいですね。

美容の知識、しっかり知ろう

シミ、たるみなど肌トラブルをオーダーメイドで治療/皮膚科医・慶田朋子先生

いざ病院に行こうと思ったとき、どこに行けばいいのかわからない。そんな思いに応える連載「MYLOHAS Doctors」がスタート! 第一回目は、シミ...

https://www.mylohas.net/2019/04/184526doctors_01.html

シワは3種類あること、ご存知ですか? 適切な対処法とは?

シワの悩みは、肌にハリを与える化粧水や美容液でケアできるのでしょうか? 銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生に伺います。

https://www.mylohas.net/2019/05/191227beauty_qa4.html

女医が教える、やってはいけない美容法33]イラスト:黒猫まなこ、画像提供:小学館

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた