1. Home
  2. BODY
  3. 寝室の空気は汚れている! 睡眠の質をアップする方法

寝室の空気は汚れている! 睡眠の質をアップする方法

30日間の「快眠トレーニング」

3,739

田邉愛理

睡眠にまつわるあらゆる悩みを、1万人の眠りを変えた快眠セラピスト・三橋美穂さんが解決。20年以上にわたる研究の中で導き出された、誰でも実践できて本当に効果がある「眠トレ」=睡眠トレーニングメソッドをご紹介します。

寝室の空気をきれいに保つ

image via Shutterstock

寝室の空気は、朝晩の換気と空気清浄機を使って、きれいな空気を保ちましょう。

寝室の空気は意外と汚れています。寝具や衣類からは綿ぼこりが出ていますし、花粉やPM2.5など、外気から入ってくる汚れもたまりがちです。また、高温多湿を好むダニは寝具に多く生息し、ダニの死骸や糞を吸い込むことで、アレルギー症状を起こしやすくなります。

空気が汚れていると、呼吸が浅くなります。呼吸が浅くなると酸素を取り込む量が減り、全身に酸素が行き渡らなくなるため、疲れがとりにくくなるのです。

デンマーク工科大学は、室内の二酸化炭素量を減らすだけで睡眠の質が高まったという実験結果を報告しています。この報告によれば、翌朝の気分もよくなり、眠気も減って集中力もアップしたとか。

人間が寝室で過ごす時間は1日の約3分の1。つまり、毎日吸っている空気のうち、約3分の1は寝室で吸っているわけです。いかに寝室の空気を清浄に保つ必要があるか、おわかりでしょう。

30日間の「快眠トレーニング」をもっと見る

眠トレ!ぐっすり眠ってすっきり目覚める66の新習慣」(三笠書房)
1万人の眠りを変えた快眠セラピストが教える、睡眠改善の画期的新メソッド(=眠トレ)。心地よく眠りにつくためには、体内時計や自律神経、体温、ホルモンなど、すべての準備が整っている必要があります。そのための「生活習慣」や「運動」「考え方」など、著者が20年以上にわたって研究を重ねてきた中で、誰でも実践できて本当に効果がある66の「眠トレ」を厳選して紹介します。

三橋美穂(みはし・みほ)
快眠セラピスト・睡眠環境プランナー。寝具メーカーの研究開発部長を経て、2003年に独立。これまでに1万人以上の眠りの悩みを解決してきており、とくに枕はその人の頭を触っただけで、どんな枕が合うかわかるほど精通している。日本語版を監訳した『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』(カール=ヨハン・エリーン、飛鳥新社)はシリーズ累計100万部を突破。NHK「あさイチ」など、テレビ番組の出演多数。

よく眠れる方法

体が疲れているだけではなかった! 海水浴に行くとぐっすり眠れる理由

「日中の活動」と「夜の睡眠」は表裏一体の関係にあります。つまり、質のいい睡眠をとるためには、日中はできるだけ活動的に過ごすのはご存知のことでしょう。...

https://www.mylohas.net/2019/08/194675sleep_training09.html

最高の睡眠を手に入れる方法

「よい睡眠」とは、長さだけではなく、深さも大事というのはもはや周知の事実。ただし、その両方をより良いものにするためには寝つきが重要だと快眠セラピスト...

https://www.mylohas.net/2019/08/194666sleep_training02.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた