1. Home
  2. HEALTH
  3. 仮眠を取るベストな時間帯は?

仮眠を取るベストな時間帯は?

30日間の「快眠トレーニング」

3,484

田邉愛理

睡眠にまつわるあらゆる悩みを、1万人の眠りを変えた快眠セラピスト・三橋美穂さんが解決。20年以上にわたる研究の中で導き出された、誰でも実践できて本当に効果がある「眠トレ」=睡眠トレーニングメソッドをご紹介します。

仮眠

image via Shutterstock

しっかり運動したはずなのに眠くならない人は、仮眠のとり方に原因があるのかもしれません。

長すぎる昼寝や夕方以降のうたた寝は要注意。仮眠をとると睡眠物質が減るので、就寝時刻までに十分な睡眠時間がたまらないからです。

上手な仮眠のとり方

  • 午後早めの時間にとる(正午~午後3時がベスト)
  • 時間は20分以内、シニアは30分以内(深睡眠に入る前に起きる)
  • 毎日決まった時間にとる(体内時計が安定する)
  • 仮眠前にカフェインをとる(目覚めがスッキリする)

うたた寝は就寝時間に近いほど、睡眠に悪影響を及ぼします。就寝前8時間はしっかり起きて過ごし、睡眠物質を減らさないことが大切です。

30日間の「快眠トレーニング」をもっと見る

眠トレ!ぐっすり眠ってすっきり目覚める66の新習慣 」(三笠書房)
1万人の眠りを変えた快眠セラピストが教える、睡眠改善の画期的新メソッド(=眠トレ)。心地よく眠りにつくためには、体内時計や自律神経、体温、ホルモンなど、すべての準備が整っている必要があります。そのための「生活習慣」や「運動」「考え方」など、著者が20年以上にわたって研究を重ねてきた中で、誰でも実践できて本当に効果がある66の「眠トレ」を厳選して紹介します。

三橋美穂(みはし・みほ)
快眠セラピスト・睡眠環境プランナー。寝具メーカーの研究開発部長を経て、2003年に独立。これまでに1万人以上の眠りの悩みを解決してきており、とくに枕はその人の頭を触っただけで、どんな枕が合うかわかるほど精通している。日本語版を監訳した『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』(カール=ヨハン・エリーン、飛鳥新社)はシリーズ累計100万部を突破。NHK「あさイチ」など、テレビ番組の出演多数。

仮眠の重要性

NASAの研究から導く、オーバーヒートしかけている脳を休める方法

昼間に眠気に襲われ、瞬間的に意識が飛び「カクン」となったことがありませんか。あれは「瞬間睡眠」あるいは「マイクロスリープ」と呼ばれ、人間の脳にとって...

https://www.mylohas.net/2019/03/185630get_better09.html

パワーナップ——パフォーマンスを上げる効果的な昼寝の方法とは?

企業でも取り上げられている「パワー・ナップ」(昼寝)。睡眠習慣も皆違うので、自分にあったものを見つけることが大事。色々方法はありますが、専門家おすす...

https://www.mylohas.net/2018/04/165079power-nap.html

    Ranking

    1. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    4. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    5. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    6. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    7. 2021年3月1日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    8. アルコール消毒と手洗いどっちが効果的? 今さらすぎて聞けなかった感染予防の基礎知識

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 温まるし、美肌作りにもぴったり。自宅で「炭酸風呂」を楽しむ方法

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    5. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    10. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら