1. Home
  2. PRESENT
  3. 濃厚豆乳と乳酸菌の最強成分「豆乳発酵液」配合のこだわり豆乳せっけん【プレゼント】

濃厚豆乳と乳酸菌の最強成分「豆乳発酵液」配合のこだわり豆乳せっけん【プレゼント】

9,271

知恵子

洗顔する女性

image via Shutterstock

豆腐屋さんの手はまるで豆腐のようになめらか。なぜなら、豆腐のもとになる豆乳には、女性にうれしい大豆イソフラボンがたっぷり含まれているからだそう。だから豆乳を使ったコスメは根強い人気があるのですね。

豆腐屋だからできた上質な豆乳を使用

豆乳

image via Shutterstock

実際に「豆腐づくりで手がすべすべになった」という女性スタッフの声からうまれたのが、豆腐の盛田屋の化粧品。数ある豆乳コスメのなかでも、「豆乳の質」が違います。

豆腐の盛田屋があるのは、日本三大秘境のひとつと言われる宮崎県椎葉村。標高は700m。通称、豆腐村と呼ばれています。名水の里として有名なその地の天然の湧き水と、厳選した2種類の国産大豆で豆乳がつくられています。しかも、一般の無調整豆乳の約1.5倍も濃厚だそう。※

それだけでも驚きですが、美容パワーをより高めるために乳酸菌で発酵させた「豆乳発酵液」を配合しています。発酵させることで分子が小さく変身し、角質層のすみずみまで浸透。たっぷりのうるおいで満たされるとか。

※ 消費者庁の品質表示基準で定められた豆乳と比較

悩み別に選べるスキンケアシリーズ

スキンケア

豆腐の盛田屋には、スキンケアシリーズ、メイクアップ、ヘアケア、サポート食品といったさまざまなラインナップがあります。

肌が敏感な人には豆乳ベースのスキンケアシリーズ「自然生活」。ニキビや肌荒れが気になる人には、自然の恵みを活かした美容成分配合の薬用スキンケアシリーズ「薬用どくだみ」。メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ敏感肌のための美白スキンケアシリーズ「つくも」。食品由来の美容成分を配合した、時短ケアにおすすめのスキンケアシリーズ「玉の輿」。年齢を重ねた肌を潤いに満ちたふっくらハリ肌へ導く「金のまゆ」スキンケアシリーズがあります。

自然のやさしさをぎゅっと凝縮した石けん

石けん

今回注目するのは、豆乳せっけんシリーズ。濃厚な豆乳成分を活かすために昔ながらの「釜炊き・枠練り製法」にこだわっています。しかも約60日もの時間をかけてひとつひとつ手で磨き上げているとか。もちろん小さな子どもや敏感肌でも安心して使えます。

一番人気は天然由来成分100%の「豆乳せっけん 自然生活」。また年齢を重ねた肌におすすめなのが「赤大豆豆乳せっけん 自然生活」。アミノ酸の含有量が多い赤大豆使用です。ニキビや肌荒れに悩んだときは「薬用どくだみ豆乳せっけん 自然生活[医薬部外品]」が◎。

これら3種類の豆乳せっけんをトライアルサイズでセットにした「豆乳せっけん 三色セット」があります。今回は、こちらを3名様にプレゼント。

【プレゼント詳細】

  • 当選者数:3名様
  • 応募締切:8月25日(日)
  • 当選発表:8月26日(月)
  • プレゼント提供:豆腐の盛田屋

【商品詳細】

  • 商品名:豆乳せっけん 三色セット
  • 内容量:50g×3個
  • 価格:2,700円(税込)
  • 付属:ふんわり泡立てネット・巾着

↓応募はこちら↓

    specialbunner

    Ranking

    1. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    2. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    3. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    4. 自分が「敏感気質」かどうかを知る方法。疲れない心を育てる4つのヒント

    5. 肩こりや腰痛、全身のコリにも。楽天で買えるフォームローラー5選

    6. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    7. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    10. 塗って焼くだけ、15分の簡単おかず。鶏もも肉の酒粕味噌焼き

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    10. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    7. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?