1. Home
  2. PRESENT
  3. ごわつく肌を、しっかり保湿で柔らかく。10種のベリー&てんさい糖のスクラブパック【プレゼント】

ごわつく肌を、しっかり保湿で柔らかく。10種のベリー&てんさい糖のスクラブパック【プレゼント】

7,934

知恵子

肌が綺麗な女性

image via Shutterstock

最近なんとなく、肌がごわつくような感じがする。それは、角質肥厚(かくしつひこう)かもしれません。厳しい紫外線を浴びた肌は、防御反応が活発にはたらきます。その結果、角質細胞が必要以上に作られ、硬い層を作るのだとか。

日焼けなどで角質肥厚が起きてしまったら、角質を優しく取り除き、しっかりと保湿することが大切です。そこで使いたいのが、オーガニックナチュラルコスメブランドBLUME edena(ブルーメエデナ)の「ベリーベリーシュガースクラブパック」

ベリーの果実水やエキスを使った角質ケアと保湿ケアが同時にできる、フェイス&デコルテ専用のシュガースクラブ パックです。

日本人の肌に合わせたコスメ

BLUMEのイメージ写真

「花や植物」を意味するBLUME。それに、EDEL「気高い」と NATUR「自然」を組み合わせたedena。BLUME edenaというブランド名には、“凛と咲く花のように”という想いが込められています。

ブランドが提案するのは、日本人の肌に合った、まったく新しいジャパニーズ・オイルセラピースキンケア。公式サイトにはこのように書かれています。

世界中から厳選したプレミアムなボタニカルオイル、日本の大地が育んだ日本古来の植物・花から蒸抽されたボタニカルウォーター、そして植物が本来持つ豊潤で奥ゆかしい天然の香り、3つの大地の恵みが出会い、織りなし、誕生しました。(公式サイトより)

日本古来の「水美容」と、西洋からの「オイル美容」が見事に融合。天然・植物由来原料を99%以上使用し、品質と結果に徹底的にこだわったワンランク上のコスメブランドなのです。

カラーセラピーもできそうな天然色

ベリーベリーシュガースクラブパック

紫外線や乾燥などで硬くなりがちな肌におすすめなのは、CONCENTRATE CLEARシリーズ。2タイプあり、どちらとも精製水は一切不使用。油分と水分をバランスよく与えてくれます。

ひとつは、濃縮美容液の「コンセントレートクリアエッセンス」。植物が持つ化学成分、フィトケミカルとしても注目されている植物たちを凝縮。肌のキメを整えることで、透明感も引き出します。毎日のスキンケアに最適です。

ふたつめは「ベリーベリーシュガースクラブパック」。北海道産の甜菜糖と、ポリフェノールを豊富に含むベリーを10種も配合しています。天然ベリーの香りがふわっと広がり、テクスチャーはとっても滑らか。ふっくら肌へと導きます。

2タイプともに、すべて天然の色素とは思えないほど綺麗なカラー。眺めるだけでもハッピーな気分になれそうですね。今回は「ベリーベリーシュガースクラブパック」を3名様にプレゼントします。

【プレゼント詳細】

  • 当選者数:3名様
  • 応募締切:8月4日(日)
  • 当選発表:8月5日(月)
  • プレゼント提供:BLUME edena

【商品詳細】

  • 商品名:ベリーベリーシュガースクラブパック
  • 内容量:80g
  • 価格:4,212円(税込)

↓応募はこちら↓

    specialbunner

    Ranking

    1. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    2. 「幹細胞コスメ」って何がいいの? 専門家に聞く選び方のポイント

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. お腹を引き締め「くびれ」をつくる、山登り風のエクササイズ

    5. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    6. 彼女の夜の営みが「年に一度」から「週に一度」に増えたのはなぜ?

    7. 脇腹のぜい肉にかなり効く「ひざタッチ」

    8. 便秘・むくみを解消したいときのメニュー3選、管理栄養士が教えます

    9. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    10. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?