1. Home
  2. PRESENT
  3. ごわつく肌を、しっかり保湿で柔らかく。10種のベリー&てんさい糖のスクラブパック【プレゼント】

ごわつく肌を、しっかり保湿で柔らかく。10種のベリー&てんさい糖のスクラブパック【プレゼント】

7,919

知恵子

肌が綺麗な女性

image via Shutterstock

最近なんとなく、肌がごわつくような感じがする。それは、角質肥厚(かくしつひこう)かもしれません。厳しい紫外線を浴びた肌は、防御反応が活発にはたらきます。その結果、角質細胞が必要以上に作られ、硬い層を作るのだとか。

日焼けなどで角質肥厚が起きてしまったら、角質を優しく取り除き、しっかりと保湿することが大切です。そこで使いたいのが、オーガニックナチュラルコスメブランドBLUME edena(ブルーメエデナ)の「ベリーベリーシュガースクラブパック」

ベリーの果実水やエキスを使った角質ケアと保湿ケアが同時にできる、フェイス&デコルテ専用のシュガースクラブ パックです。

日本人の肌に合わせたコスメ

BLUMEのイメージ写真

「花や植物」を意味するBLUME。それに、EDEL「気高い」と NATUR「自然」を組み合わせたedena。BLUME edenaというブランド名には、“凛と咲く花のように”という想いが込められています。

ブランドが提案するのは、日本人の肌に合った、まったく新しいジャパニーズ・オイルセラピースキンケア。公式サイトにはこのように書かれています。

世界中から厳選したプレミアムなボタニカルオイル、日本の大地が育んだ日本古来の植物・花から蒸抽されたボタニカルウォーター、そして植物が本来持つ豊潤で奥ゆかしい天然の香り、3つの大地の恵みが出会い、織りなし、誕生しました。(公式サイトより)

日本古来の「水美容」と、西洋からの「オイル美容」が見事に融合。天然・植物由来原料を99%以上使用し、品質と結果に徹底的にこだわったワンランク上のコスメブランドなのです。

カラーセラピーもできそうな天然色

ベリーベリーシュガースクラブパック

紫外線や乾燥などで硬くなりがちな肌におすすめなのは、CONCENTRATE CLEARシリーズ。2タイプあり、どちらとも精製水は一切不使用。油分と水分をバランスよく与えてくれます。

ひとつは、濃縮美容液の「コンセントレートクリアエッセンス」。植物が持つ化学成分、フィトケミカルとしても注目されている植物たちを凝縮。肌のキメを整えることで、透明感も引き出します。毎日のスキンケアに最適です。

ふたつめは「ベリーベリーシュガースクラブパック」。北海道産の甜菜糖と、ポリフェノールを豊富に含むベリーを10種も配合しています。天然ベリーの香りがふわっと広がり、テクスチャーはとっても滑らか。ふっくら肌へと導きます。

2タイプともに、すべて天然の色素とは思えないほど綺麗なカラー。眺めるだけでもハッピーな気分になれそうですね。今回は「ベリーベリーシュガースクラブパック」を3名様にプレゼントします。

【プレゼント詳細】

  • 当選者数:3名様
  • 応募締切:8月4日(日)
  • 当選発表:8月5日(月)
  • プレゼント提供:BLUME edena

【商品詳細】

  • 商品名:ベリーベリーシュガースクラブパック
  • 内容量:80g
  • 価格:4,212円(税込)

↓応募はこちら↓

    specialbunner

    Ranking

    1. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    2. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    3. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    4. 自分が「敏感気質」かどうかを知る方法。疲れない心を育てる4つのヒント

    5. 肩こりや腰痛、全身のコリにも。楽天で買えるフォームローラー5選

    6. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    7. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    10. 塗って焼くだけ、15分の簡単おかず。鶏もも肉の酒粕味噌焼き

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    10. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    7. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?