1. Home
  2. MIND
  3. 自分の「プラン」を通す必勝法。提案力をあげる対話テクニックとは?

自分の「プラン」を通す必勝法。提案力をあげる対話テクニックとは?

お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

1,976

TETUYA

20180724_rensai

こんにちは。人間関係の悩みを解決するお助けコンシェルジュTETUYAです。今回の相談は、「やりたいことを実現するために、自分の提案を通すテクニックが知りたいです」というもの。

仕事やプライベートにおいて、自分の提案を通したいシチュエーションは誰にでもあります。例えば、仕事なら自分のやりたいプロジェクトを通したいとき。プライベートなら彼氏に自分の行きたいデートプランを通したいときなど。

今回は、そんな時に役立つテクニックを紹介しましょう。

一本槍(いっぽんやり)で行かないことが大事

いちばん要領の悪い人は、自分のやりたい提案1本で勝負する人。100%、提案を聞く側から「あーだ、こーだ」指摘を受けてしまうのが目に見えています。こうなると、炎上してもう収集がつきません。

どんな提案にも、メリット、デメリットは存在します。また、提案を聞く側の人たちも、正直無責任な人も多いですから、いろいろ言いたいんです(苦笑)。

ひとつ目のテクニックは、提案1本でのぞむんじゃなくて3本くらい準備しておくこと。もちろん、自分で通したい提案以外の2本は、捨て案でいいんです(笑)。

20180724_rensai

そして、聞く側の人にどの提案がいいか選ばせるんです。そうすれば、無責任な発言がしづらくなる。提案を考える労力は多少増えたとしても、1本出していろいろ言われて迷走するよりは、あとあと楽ですね。

相手からの指摘を逆手にとる

提案に対して、「あーだ、こーだ」と文句やアドバイスを言う人はいると言いました。例えば、あなたが幹事で、友達との女子会のお店を、忙しい時間を割いていろいろ調べて、友達に提案したとします。

「どう思う?」と聞いた時、友達から「そのお店のコース、食事もおいしいし、サービスもいいけど、コスト高いよね」という指摘を受けたしましょう。

ここで、すかさず、「じゃあ、コストを落としたプランをお店と交渉できたら、このお店で決めていいよね?」と確認をとるんです。そうすれば、相手もダメとは言いづらい。この相手からの指摘を逆手にとるテクニックも有効。

それでも、あまりにも無責任に文句ばかり言う人には、「最後の切り札」を出しましょう。

「これ以上アイデアが思いつかないので、これに代わるアイデアありますか?」と、いっきに相手にボールを投げて追い込むテクニックです。

ただ、この最後の切り札は、あまり目上の上司などにはやらない方がいいですよ(苦笑)。

>>お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

実用的なコミュニケーション術をもっと見る

隙を見せられない人へ。堅いイメージを崩す方法とは?

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、「完璧の女性と思われ過ぎて、隙の見せ方がわかりません」というお悩みを解決!

https://www.mylohas.net/2019/07/194335concierge01.html

【今週のお悩み】仕事で、相手先のキーマンにもっと近づくためにはどうすればいいですか?

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事、恋愛、家族、友人関係…あらゆるコミュニケーションの悩みを解決します!

https://www.mylohas.net/2019/01/concierge02.html

イラスト/古荘風穂

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた