1. Home
  2. BODY
  3. 一生筋トレ宣言! 松島 花さんがこんなにも筋トレにはまった理由とは?

一生筋トレ宣言! 松島 花さんがこんなにも筋トレにはまった理由とは?

筋肉学

17,258

島田ゆかり

松島花

ユニクロのCMに登場する、あまりにも美しいボディが印象的なモデルの松島 花さん。あの美しい体を作り上げたのは、2人のトレーナーと一緒に8年続けているパーソナルトレーニングなのだそう。松島 花さんのトレーニングの秘密、そして筋トレを続ける理由とは?

「バレエ筋肉貯金」がなくなりはじめ……

松島花

3歳から始めたというクラシックバレエ。11歳からはモデルの仕事もスタートした松島さんですが成長痛でひざを痛めてしまい、モデルに専念することに。

松島花さん

松島 花さん

当時は毎日バレエのレッスンをしていたので、バレエを辞めた当初は「バレエ筋肉貯金」があったんですけど、何もせずにいたらあっという間に筋肉が落ちてしまって。それに、バレリーナのボディラインと、モデルが求められるボディラインは違うものなんです。

だからジムに行き始めたのですが、やっぱり自己流では思い通りのボディラインが作れない。それでパーソナルトレーニングを始めました。


服を格好よく着こなし、靴も美しく履きこなす。それに見合うボディに仕上げるには、自分の悩みに合わせた筋トレメニューを行うのが一番なのだそう。

松島花さん

松島さん

私は週に2回、1回2時間のパーソナルトレーニングをしています。自己流で筋トレをしていた頃と比べると、格段にボディラインの仕上がりがよくなりました。トレーナーさんは少しの変化にも気づいてくれるので、「太ったりたるんだりしたところがあったら、はっきりと指摘してください」とお願いしています。

具体的に『ここをもっとこうしたい』と伝えて、それに見合うメニューでトレーニングをしているので、自分なりの理想のボディが作れるのだと思います。


パーソナルトレーニングの様子はときどき松島さんのインスタグラムでもご覧になれます。


ヒップアップと二の腕を重点的に

松島花

家ではチューブを使った3種のトレーニングを朝晩、各200回ずつ。腹筋は30回×3セットという驚きのストイックぶり!

松島花さん

松島さん

筋トレは確かにつらいんですけど「ここからが効く!」というところからがんばるのが好きなんです(笑)。

最近、重点的にトレーニングしているのがお尻と二の腕。モデルのお仕事では海外のブランドの服を着ることも多く、お尻がキュッとあがっていないと格好よく着こなせないんです。ヒップアップにチューブトレーニングは効果的で、結構すぐに結果がでます

二の腕は最近たるみが気になってきて、他の人は気づかないレベルかもしれませんが、自分では確実にわかります。写真で見るとなんとなく違うんですよね。毎日自分に向き合って、自分の変化に敏感になることは、モデルでなくても女性ならみんな、大切なことだと思っています。

「筋トレをしないと逆に疲れてしまう」

松島花

8年間トレーニングを続けて、「これで仕上がった! 筋トレ終わり」ということはないそうです。

松島花さん

松島さん

忙しくてトレーニングに行けないときもあるのですが、かえって体がかたまって疲れてしまうんです。ロケバスに座っていると体が硬くなって体勢がつらかったり。

トレーニングは「きれいなボディラインのために」という目的もありますが、体を動かしていたほうがむしろ疲れません。おまけに、トレーニング中の2時間は頭をからっぽにできるので、心もスッキリ。この先、筋トレをやめることはないと思います。

モデルじゃなくてもトレーニングはしていたと思う

松島花

一生筋トレ宣言! その理由は、20代前半など若い頃は見た目の美しさのためにトレーニングをしていたそうですが、まもなく30代を迎えるにあたり、別の理由があると言います。

松島花さん

松島さん

間もなく30代になりますが、たとえばモデルのお仕事で飛んだり跳ねたりすることもあるし、ハイヒールを履いてしっかり歩かなきゃいけないこともある。体幹や体力は絶対に必要で、若い頃に比べてどうしても衰えていくので、これからは美容に加えて体づくりのためにもトレーニングを続けたいと思っています。

その先40代になり、50代になっていくわけですが、筋肉は使わなければあっという間に落ちてしまうので、筋トレを辞めることはないと思います。


もしモデルという仕事をしていなくても、それは変わらないそうです。

松島花さん

松島さん

女性なら誰しも、お気に入りの服を素敵に着たいという気持ちありますよね。私もひとりの女性として同じ思いですし、いつまでも自分がベストな状態で服を着たいと思っています。

モデルであるないにかかわらず、「これが私のベストだ!」と思える体を作る努力は、無駄ではないと思うのです。理想的な自分を見てもらうのって、すごくうれしいことじゃありませんか。だから私にとってトレーニングは苦ではなく、楽しみともいえるんです。

食事でストレスは溜めない

matushimahana_06

トレーニングにストイックな松島さんですが、意外なことに、食事制限はほとんどしていないのだそう。

松島花さん

松島さん

甘いものも炭水化物も、しっかり食べています。もちろん、撮影の前などは節制することもありますが、基本的には食事は楽しむタイプです。お酒も好きなので、楽しい食事会のときなんて、結構飲みますね。

気を付けていることは食べる時間を遅くしない、食べ過ぎないくらいで、食べたカロリーはトレーニングで消費します


「なかったことにしてくれる」筋トレだから、やめられないというのもわかります。

つらい筋トレはどうやって続ければいいか

atari_MLH1968

たかが筋トレと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、松島さんにとって筋トレは自分を表現する手段かもしれない。そう感じました。ある意味では、その人の生き方を表すとも言えるのではないでしょうか。

松島花さん

松島さん

よくいわれることかもしれませんが、結局は自分がどうありたいかだと思います。ラクに生きるか、美しく生きるか。トレーニングは誰かに強制されるものではないので、自分がやっていて気持ちいいと感じたり、目標達成の達成感を得ることで、続けていけるのではないでしょうか。

幸いなことに、筋肉は必ず応えてくれるので、続ければ達成感は必ず得られます。あとはひとりでトレーニングをせず、最初だけでもパーソナルトレーナーに見てもらうのがおすすめです。自分にとって正しいトレーニングをしているか否かは、結果が大きく変わるからです。

そして、相性のいいトレーナーに出会えたら、どんどん理想の自分に変わっていくことができます。1回で決めずに何人かのトレーナーでトライアルしてみるのがいいと思いますよ。


まずは筋肉が応えてくれるまで続けてみる。そうすると、想像してないような世界が見えるかもしれません。筋トレをがんばって継続することで、見たことがない景色を見てみませんか?

松島 花(まつしま はな)/モデル・女優。
1989年8月5日生まれ。東京都出身。11歳からモデルとして活躍。女性誌やCMなどでもファッションモデルとして活躍中。公式instagram

著名人の金言

【丸山桂里奈のメンタル】「自分自身を信じること。それがすべてを可能にする」

日本サッカーで初めてワールドカップ優勝を経験した、当時のメンバー、丸山桂里奈さん。現在は、おとぼけキャラとしてお茶の間の人気者です。そんな丸山さんを...

https://www.mylohas.net/2019/05/191400sp_mental_maruyamakarina.html

15歳で直面した内面から出る「美しさ」の追求と表現〜元新体操選手・畠山愛理

元アスリートに現役時代を振り返っていただき、意識が変わったエピソードをお伺いする連載「元アスリートの意識改革」の7人目にご登場いただいたのは、元フェ...

https://www.mylohas.net/2018/04/hatakeyama.html

写真/佐山順丸

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?