1. Home
  2. MIND
  3. 精神科医が教える「ストレスが溜まる人の特徴」と上手につきあう方法

精神科医が教える「ストレスが溜まる人の特徴」と上手につきあう方法

17,585

ナカセコエミコ

ストレス

仕事が忙しすぎるとミスを連発してしまう、がんばっているけれどやる気がでない……。現代の社会では、真面目に一生懸命やればやるほどストレスを抱えてしまうもの。

ストレスはどんな立場の人でも避けることができないものの、工夫や対処次第で、マイナスではなく「成長の糧」というプラスに変えることができる、と話すのが、精神科医で禅僧の川野泰周先生です。

心を整える大切さを教える川野先生の新著『会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン』(すばる舎)から、日常で自分自身の状態を的確に見つめ、ストレスをうまく管理する方法を教えてもらいましょう。

ストレスは無くならない

ストレス脳

マッサージに行ってもストレスが無くならない、と嘆く人がいます。しかし、そもそもストレスはなくならないものと自覚するべきと著者はいいます。

ではなぜ、ストレスが重なると集中力が減ったり、作業のミスが増えるのでしょうか。

ストレスがたまりきっている状況だと、目の前の仕事に集中できなくて、生産性が下がります。なぜなら脳の前頭葉の機能が低下するからです。

『会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン』20ページより引用

やらなければならないことがあるのに、集中できない。しかし、気力や気合いで乗り越えようとしてもうまくいかない。その理由は、脳内で集中力を担っているドーパミンやノルアドレナリン、アドレナリンなどの「脳内ホルモン」と呼ばれる神経伝達物質が機能不全を起こしているから

このように、ストレスの仕組みを正しく理解し、予防や対処をすることが重要に。身につけるべきは、ストレスから逃げるのではなく、うまく立ち向かう術であるようです。

ストレスを溜めやすい人の特徴

ストレス

ストレスに強くなるためには、自分の状態や置かれている状況に気付けるか、不快なことを受け流せるかといったことが鍵になってきます。

自分や他者の状況への気づき、今の状況をあるがままに認めて受け流す受容性の力のバランスで、4つのタイプに分けられます。

1. 気づきが多く、受容性も高いタイプ
2. 気づきが多く、受容性が低いタイプ
3. 気づきが少なく、受容性が高いタイプ
4. 気づきが少なく、受容性も低いタイプ『会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン』42ページより引用

1のタイプが気づきも受容性も高いとしたら、あとの3つがストレスを溜めやすいタイプ。自分がどんなタイプであるのかを把握しておくことも、ストレス対策の第一歩になります。

気づく力を高めるには?

気づく

この気づきの能力を高めるためには、マインドフルネスの手法が有効に。自分の体や呼吸の感覚に関心を寄せて、ひとつひとつの動作に意識を向ける。マインドフルネスを生活に取り入れることで、よけいなストレスを取り払い、脳をクリアにすることができます。

また、コーピングスキルを高めることも大事。コーピングとは、何かストレスを感じたときの対処の仕方のこと。たとえば、お茶を飲んだり、外の空気を吸ったり。そんな行動をひとつ挟むことで、冷静に物事を見られるようになるのだそう。

このように、自分のタイプや手立てを知っておくことは、ストレスに対処するための大事なスキルといえそうです。

すぐにできる「ストレスの手放し方」

スマホ

本書では、心身を整える実践テクニックが多数紹介されています。

ストレスを軽減するためのセルフケアには、さまざまなテクニックがあります。簡単なものでは、「自分に触れるワーク」があります。

『会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン』101ページより抜粋引用

自分の頬や肩、腕や胸に優しく触れることで自分をケアすることができるそう。胸をなでおろすことだけでも、落ち着きを取り戻すことができたりと、時間や場所に関係なく行えるのがよいですね。

また、ストレスは、対人関係の詰まりや葛藤が起きたときだけではなく、日常的にも知らないうちに溜めてしまうことがあります。

代表的なものでは、スマホを長時間使用しているということ。スマホを見ること自体が脳にストレスをためてしまう行為。不用意に長々とスマホを見ることがないように気をつけることも、ごく簡単なことですが有用な対処策です。

季節の変わり目や気候の変化など、小さなことにも人は大きく影響を受けるものです。ストレスを理解・予防し、対処する方法を身につけておくことで、あなたの頑張りはもっと活かされていくのではないでしょうか。

ストレスとうまく付き合う

ストレス対策には、ヤケ食いより「ヤケ筋トレ」がおすすめ!

「筋トレが世の中の問題のほとんどを解決する」と信じ、書籍やSNSなどで発信を続けるTestosteroneさんの、“筋トレ名言”をご紹介。モヤモヤし...

https://www.mylohas.net/2019/07/193085muscle15.html

女性は男性よりストレスを受けやすい。その科学的な理由

別れや不安で、傷つくのはいつも女性のほう。それには、科学的な理由がありました。男女間に生じる「すれ違い」の理由を最近の研究から紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/06/192898pvn_brain2.html

会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン]image via shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの