1. Home
  2. BODY
  3. 紫外線対策には、夏野菜がいい? 夏に向けた肌づくりは、食事から

紫外線対策には、夏野菜がいい? 夏に向けた肌づくりは、食事から

ポジティブ栄養学

1,945

吉川圭美

日焼けする女性

そろそろ梅雨明けも近づく頃。となると紫外線が気になってきますよね。

紫外線は肌のエイジングを加速させてしまうだけに、ケアは怠らずに行いたいもの。日傘や日焼け止めなど、いつも以上に意識的にUVケアをする人も多いでしょう。

でも一方で「サンダルを履いてきたのに足に日焼け止めを塗り忘れた」「一日中出歩いているのに日焼け止めを塗るヒマがない」など、こまめなケアができない場合もしばしば。

そこでおすすめしたいのが、食べるUVケア。曇り空からギラッと太陽が顔を出したときも、“第二の手”を打ってあれば、慌てずにすみますよ。

活性酸素、主なものは4種類

shutterstock_226386124

紫外線ケアがかかせない理由、それはご存知の通り、活性酸素が作られてしまうから。 シミやしわの原因のひとつといえる物質です。

そもそも活性酸素とは、呼吸によって体内に入った酸素が反応しやすい状態に形を変えたもの。種類はいろいろありますが、主なものでスーパーオキシド、過酸化水素、ヒドロキシラジカル、一重項酸素の4つ。

不安定であるがゆえに、細胞やタンパク質、脂肪など体内にあるさまざまなものと反応し、相手の性質を変えてしまいます。そして傷つけられた細胞は機能を低下させてしまうことに。

例えば、コラーゲンを作る細胞と反応すると、細胞が傷ついてしまい、コラーゲンを作る力が低下。肌のハリが失われてしまう、なんてことも……。

一重項酸素のダメージから肌を守るために

shutterstock_641212150

人間は酸素を使ってエネルギーを作っているため、活性酸素の害は避けられないことでもあります。また、人間の体もこうした状態を黙ってやり過ごしているわけはなく、ダメージを消す物質をみずから作り、対処していることも知っておきたいところです(ただ、これも年齢を重ねることで作られる量は減っていきますが……)。

紫外線と肌のトピックのなかでも注目したいのが、一重項酸素の存在。紫外線の刺激により、皮膚に作られる活性酸素の一種です。 ほかの活性酸素は、先に紹介したダメージを消す物質を体内で作り出すことができるのに対し、一重項酸素は物質を作ることができません。それだけに、一重項酸素のケアに関しては食事からのアプローチが頼りとなります。

陽射しが強いときは色の濃い夏野菜をたっぷりと

shutterstock_1345751810

一重項酸素を消し去ってくれる成分としては、カロテノイド類が挙げられます。色素成分の一種で、β-カロテンやリコピン、ルテイン、アスタキサンチンなどがあります。ビタミンCやEと一緒に摂ることで、強烈な日差しから肌を守ってくれます。

これらはシソやホウレンソウ、パプリカ、赤ピーマン、とうもろこし、トマト、かぼちゃなど夏野菜に豊富。ビタミンCやEが豊富なのもうれしいところです。紫外線が強いときほど、色が濃い野菜を食卓にたっぷり登場させましょう。 カロテノイド類は油に溶けやすいので、調理時に油を使うと吸収率がアップ。サラダを食べるならオリーブオイルやエゴマ油をたっぷりと。

我が家でよく作るのがラタトゥイユ。冷蔵庫にある夏野菜をなんでも入れられるので便利なうえ、トマトに含まれるリコピンは、油と一緒に加熱するとさらに吸収率がアップするので、効率的にチャージすることができます。このほか、鮭やイクラにもアスタキサンチンがたっぷりです。

これらの食材は、毎日コツコツととるのも大切なこと。日焼け止めなどのお手入れと一緒に、食べるUVケアで、今年はワンランク上の紫外線対策、始めませんか?

紫外線対策、できていますか?

紫外線に負けない笑顔でいたい。メラニンと戦う美白スキンケア4選

日差しが強くなりはじめ、そろそろシミやそばかすを予防する準備をしなければと思っている人も多いのでは? そのためには、シミやそばかすの元となるメラニン...

https://mylohas.net/2019/03/186817whitening.html

紫外線による日焼け肌に。オイルの正しい使い方を皮膚科医に聞く

万能に思えるココナッツオイル。しかしヒリヒリ痛む日焼けにべったり塗ってはまずいようです。正しい塗り方を皮膚科医が解説します。

https://mylohas.net/2019/05/189798pvn_coconut.html

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    2. 「幹細胞コスメ」って何がいいの? 専門家に聞く選び方のポイント

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. お腹を引き締め「くびれ」をつくる、山登り風のエクササイズ

    5. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    6. 彼女の夜の営みが「年に一度」から「週に一度」に増えたのはなぜ?

    7. 便秘・むくみを解消したいときのメニュー3選、管理栄養士が教えます

    8. 脇腹のぜい肉にかなり効く「ひざタッチ」

    9. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    10. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?