1. Home
  2. BODY
  3. 紫外線対策には、夏野菜がいい? 夏に向けた肌づくりは、食事から

紫外線対策には、夏野菜がいい? 夏に向けた肌づくりは、食事から

ポジティブ栄養学

1,920

吉川圭美

日焼けする女性

そろそろ梅雨明けも近づく頃。となると紫外線が気になってきますよね。

紫外線は肌のエイジングを加速させてしまうだけに、ケアは怠らずに行いたいもの。日傘や日焼け止めなど、いつも以上に意識的にUVケアをする人も多いでしょう。

でも一方で「サンダルを履いてきたのに足に日焼け止めを塗り忘れた」「一日中出歩いているのに日焼け止めを塗るヒマがない」など、こまめなケアができない場合もしばしば。

そこでおすすめしたいのが、食べるUVケア。曇り空からギラッと太陽が顔を出したときも、“第二の手”を打ってあれば、慌てずにすみますよ。

活性酸素、主なものは4種類

shutterstock_226386124

紫外線ケアがかかせない理由、それはご存知の通り、活性酸素が作られてしまうから。 シミやしわの原因のひとつといえる物質です。

そもそも活性酸素とは、呼吸によって体内に入った酸素が反応しやすい状態に形を変えたもの。種類はいろいろありますが、主なものでスーパーオキシド、過酸化水素、ヒドロキシラジカル、一重項酸素の4つ。

不安定であるがゆえに、細胞やタンパク質、脂肪など体内にあるさまざまなものと反応し、相手の性質を変えてしまいます。そして傷つけられた細胞は機能を低下させてしまうことに。

例えば、コラーゲンを作る細胞と反応すると、細胞が傷ついてしまい、コラーゲンを作る力が低下。肌のハリが失われてしまう、なんてことも……。

一重項酸素のダメージから肌を守るために

shutterstock_641212150

人間は酸素を使ってエネルギーを作っているため、活性酸素の害は避けられないことでもあります。また、人間の体もこうした状態を黙ってやり過ごしているわけはなく、ダメージを消す物質をみずから作り、対処していることも知っておきたいところです(ただ、これも年齢を重ねることで作られる量は減っていきますが……)。

紫外線と肌のトピックのなかでも注目したいのが、一重項酸素の存在。紫外線の刺激により、皮膚に作られる活性酸素の一種です。 ほかの活性酸素は、先に紹介したダメージを消す物質を体内で作り出すことができるのに対し、一重項酸素は物質を作ることができません。それだけに、一重項酸素のケアに関しては食事からのアプローチが頼りとなります。

陽射しが強いときは色の濃い夏野菜をたっぷりと

shutterstock_1345751810

一重項酸素を消し去ってくれる成分としては、カロテノイド類が挙げられます。色素成分の一種で、β-カロテンやリコピン、ルテイン、アスタキサンチンなどがあります。ビタミンCやEと一緒に摂ることで、強烈な日差しから肌を守ってくれます。

これらはシソやホウレンソウ、パプリカ、赤ピーマン、とうもろこし、トマト、かぼちゃなど夏野菜に豊富。ビタミンCやEが豊富なのもうれしいところです。紫外線が強いときほど、色が濃い野菜を食卓にたっぷり登場させましょう。 カロテノイド類は油に溶けやすいので、調理時に油を使うと吸収率がアップ。サラダを食べるならオリーブオイルやエゴマ油をたっぷりと。

我が家でよく作るのがラタトゥイユ。冷蔵庫にある夏野菜をなんでも入れられるので便利なうえ、トマトに含まれるリコピンは、油と一緒に加熱するとさらに吸収率がアップするので、効率的にチャージすることができます。このほか、鮭やイクラにもアスタキサンチンがたっぷりです。

これらの食材は、毎日コツコツととるのも大切なこと。日焼け止めなどのお手入れと一緒に、食べるUVケアで、今年はワンランク上の紫外線対策、始めませんか?

紫外線対策、できていますか?

紫外線に負けない笑顔でいたい。メラニンと戦う美白スキンケア4選

日差しが強くなりはじめ、そろそろシミやそばかすを予防する準備をしなければと思っている人も多いのでは? そのためには、シミやそばかすの元となるメラニン...

https://mylohas.net/2019/03/186817whitening.html

紫外線による日焼け肌に。オイルの正しい使い方を皮膚科医に聞く

万能に思えるココナッツオイル。しかしヒリヒリ痛む日焼けにべったり塗ってはまずいようです。正しい塗り方を皮膚科医が解説します。

https://mylohas.net/2019/05/189798pvn_coconut.html

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    9. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?