1. Home
  2. SPORTS
  3. カロリーを燃やし続けて「やせ体質」に。代謝のよい体をつくるには?

カロリーを燃やし続けて「やせ体質」に。代謝のよい体をつくるには?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,998

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

メトコン

HIIT、LISS、EMOM……なんの略か分かる?

最近は、いろいろな名前のトレーニングが溢れています。HIIT(高強度インターバルトレーニング)やLISS(低強度一定負荷有酸素運動)、EMOM(Every Minute On the Minute:1分ごとに運動を変える、インターバルトレーニングの一種)など。

そんな中、MetCon(メトコン/メタボリックコンディショニング/新陳代謝コンディショニング)が今話題です。ナイキのマスタートレーナー、ホリー・ライリンガーさんに、メトコンについて詳しく聞きました。

代謝を上げるコンディショニング

引き締まった体の女性

image via shutterstock

簡単に言うと、体に備わっている3つのエネルギー供給システム(リン酸化合物系、糖分解系、酸化系)の効率を上げる運動なら、なんでもメトコンと言えますとライリンガーさんは説明します。そして、もっと力がつくようにとか、もっと速く走れるようになど、個人の体力レベルと目標に合わせて運動を調整していきます。

メトコンは、多くのアスリートにとってはスポーツの成績を上げるためのトレーニング法ですが、代謝を活発にして体重を減らす優れた方法でもあります。なぜならば、メトコンにはHIITの要素も含まれるので、短時間でカロリー燃焼を最大化させることができます。

運動強度が高いと新陳代謝があがり、体がクールダウンするまで時間がかかります。その結果、EPOC(運動後の過剰な酸素消費がおこる現象)が起きて、トレーニング後も長い間、体がカロリーを燃やし続けるというメリットが生まれるのです。

3つのエネルギー供給システムって?

トレーニング

image via shutterstock

体の3つのエネルギー供給システムとは、リン酸化合物系、糖分解系、酸化系(有酸素系)です。

1. リン酸化合物系

アメリカ運動評議会(ACE)によると、リン酸化合物系はATP(アデノシン三リン酸)という化学物質(基本的には、食べた物を変換して作られるエネルギー物質)を使って、体にすぐにエネルギーを供給します。

オリンピック競技の重量挙げや短距離走など「収縮の速い筋線維」を動かす素早い高強度の運動をすると、まずこのリン酸化合物系が作動するのですが、ほかの2つのエネルギー供給システムと違って、リン酸化合物系はすぐに疲れてしまいます。

2. 糖分解系

しかし、リン酸化合物系が疲れると、糖分解系が作動。「この糖分解系も、運動するためのエネルギー源であるATPを供給します。ウエイトトレーニングや最大限まではいかない筋力を使う、もう少し長めの運動などで、継続時間が数分以内のケースです」と、ライリンガーさん。

3. 酸化系(有酸素系)

そして、次が酸化系(「有酸素系」とも呼ばれます)。これは基本的に、マラソンやトライアスロンなどの持久運動のためのエンジンです。

でも、3つのエネルギー供給システムがそれぞれ独立してはたらくわけではない点が重要。「どのシステムも、すべての仕事をするわけではありません。実際のところ、いつでも3つ全てがはたらいています。その時々で、どれかがほかの2つよりたくさん仕事をしているだけです」(ライリンガーさん)

メトコンの具体的なやり方は、こちらの記事で詳しく紹介します!

効果的にトレーニングをしたい

筋トレを始めるときに知っておきたい、かしこい鍛え方のヒント

筋生理学者の石井直方教授(東京大学教授・理学博士)に、筋肉トレーニングをさらに効率アップする方法を教えていただきました。

https://www.mylohas.net/2019/07/194966sp_muscle_basic02.html

コアをしっかり!簡単にできる筋肉強化トレーニング6

プッシュアップエクササイズには、腕はもちろん、腹筋やお尻、脚の筋肉を鍛える効果があります。ご自身のレベルに合わせて選べる、さまざまな腕立て伏せをご紹...

https://www.mylohas.net/2019/07/194852sp_muscle_pushup.html

Tiffany Ayuda/Metabolic Conditioning Is the Best Way to Design a Workout for Your Fitness Goals/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた