1. Home
  2. MIND
  3. 自分が「がん」と診断されたら。 身近な人にどう伝えますか?

自分が「がん」と診断されたら。 身近な人にどう伝えますか?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,491

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

親子

image via shutterstock

がんと診断されたとき、その現実を受け入れるのはとても難しいこと。

特に、子どもにはどのように伝えればよいのでしょうか。悩みは深まり、悲しみは増します。しかし、そんな難しい状況でも、少しでもうまく伝える方法はあるはず。

そこで、がん患者とその家族のケアが専門のセラピストと、母親であり二度のがんを経験した女性に、この難しい状況への対処の仕方を聞きました。彼女たちいわく、一番大事なことは、家族が(もちろんあなたも!)大きな愛情で支えられていると感じること。

それから、自分に厳しくなりすぎないこと。自分のがんの伝え方に、正しいとか間違っているとかいうことはないのです。ここでは、自分ががんになったときのベストな伝え方をご紹介します。

  1. まずリラックスして、ゆっくり考える時間をとる
  2. ウソをつかない
  3. 子どもがいる場所へ行く
  4. 説明し過ぎない
  5. 前向きな姿勢で

1. まずリラックスして、ゆっくり考える時間をとる

思考

「何よりもまず、自分自身をケアできていなければ、親のがんを受け止める子どものサポートはできません」と臨床心理士(LCSW)でアッカーマン家族療法研究所のメンバーでもあるネル・シャナハンさん。

「自分のがんを子どもに伝える前に、まず親が、自身のがんに対する情緒的な反応をよく把握して、それに対処することが重要です」と、マウントサイナイ病院Tischがん研究所のデュビン胸部センターで、がん患者家族のカウンセリングを行っているマリリア・G・ネべスさん(心理学博士)は説明します。

「そうすることで、親は自分のがんに対する恐怖心や不安感をまずコントロールすることができ、子どもに伝えるときに、自分の恐怖感を子どもに気付かれないようにできます」

2. ウソをつかない

親子

image via shutterstock

ネべスさんいわく「子どもがうまく受け止められるようにするには、自分のがんを素直に包み隠さず伝えること最も重要であると、研究でも判明しています」。

つまり言いかえれば、あなたが、子宮がんを患っているにもかかわらず、子どもに「ママはただひどい風邪を引いただけよ」とウソを言ってはいけません。

無理のないレベルで、素直に包み隠さず伝えるのが、家族全員のためです。

3. 子どもがいる場所へ行く

数字

「子どもにその話を伝える場を、どこで、どのように設けるかは、その子の年齢や情動的な成熟度で大きく異なります。また恐怖感を抱かせる話や、精神的に疲れる話を、その子がどの程度受け止められるかにもよります」とシャナハンさんは説明します。

就学前や学齢期の子どもには、単刀直入に短く簡潔に説明するのが効果的です。またごく近い将来のことを話すのがベストでしょう」

思春期の子どもには、まずどれだけ知りたいかを確認してみるとよいかもしれません。「思春期の子どもは、全てを知りたがる場合と、そうでない場合に分かれます。親は子どもの気持ちを尊重し、どんな場合であっても自分たちがいつも支えてあげることを、子どもによく伝えます」(ネべスさん)

4. 説明し過ぎない

吹き出し

シャナハンさんがすすめるのは「皮肉なことですが、説明し過ぎないことが、子どもの気持ちを落ち着かせます。自分は聞く側に徹し、いろいろな意味で、子ども自身にリードさせるのです。子どもは、パパやママの病気がどのくらい続くのか、どのくらいでよくなるのか、この病気を克服できるのかを受け止める心構えがまだできていないかもしれません」

「同じことを何度も繰り返すようですが、とにかくゆっくりと、子どもの様子を観察しながら話します。自分の子どものことは、誰よりもあなたが一番よく分かっているはず。だから、自分の直感を信じ、我が子にベストと思う方法で伝えるようにしてください」とシャナハンさんは付け加えます。

5. 前向きな姿勢で

水

弁護士で、二度の子宮頸がんを克服し、ふたりの子を持つクリス・フェハーさんも、このシャナハンさんの意見に賛成します。

「私たち夫婦は、不必要に子どもたちを怖がらせず、効果的に伝えることができたと思います。私のがんは治療可能であり、ちゃんと治療計画があるとしっかり伝え、常に前向きな姿勢を心がけました。子どもが怖いと感じるか、うまく対処ができる状況かを見極めて、その場面に応じて適切な言葉を選ぶと、より効果的です」

次回に続きます。

がんになったら考えることはたくさん

乳がん検診で「要精密検査」という結果がでたら、次にすることとは?

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダケア戦略術」。前回は「乳がん検診で精密検査と言われたら…」について、お届けしました。今回は、「乳が...

https://www.mylohas.net/2019/07/strategy48.html

乳がん経験者が語る。がんを告知されたら…そのときにすべきこと

自分の体をきちんと知ろう! がテーマの連載「カラダケア戦略術」。前回は「乳がん検診で精密検査と言われたら…」について、お届けしました。今回は、「乳が...

https://www.mylohas.net/2019/07/strategy49.html

Daisy Melamed Sanders/How to Talk to Your Kids About Your Cancer Diagnosis/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    3. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    6. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    7. ストレスでゆらぐ肌をケア。ナチュラルスキンケアブランド【プレゼント】

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?