1. Home
  2. BODY
  3. 男女469人のトレーニング事情が明らかに!【 筋トレレポート】

男女469人のトレーニング事情が明らかに!【 筋トレレポート】

筋肉学

11,917

田邉愛理

muslelogo0721

筋トレ、してますか? MYLOHAS読者469人のアンケートから浮かび上がってきたのは、トレーニングへの意識の高さ。コツコツ実践中の先輩たちの声から、トレーニングを続ける秘訣もピックアップしました。

筋トレへの意識は高い?

筋トレアンケート結果

MYLOHAS読者の筋トレへの関心の高さがうかがえた、こちらの質問。「体を鍛えたいと思っていますか?」という質問に対しては、469人中96%がイエスと回答。実際にトレーニングをしている人の割合も多く、全体の65%に達していました。

今トレーニングしていない人たち(35%)の最大の理由は、「やろうとは思っているけれども、行動できていないだけ」がダントツ1位。きっかけさえあれば……という思いがうかがえます。

トレーニングのいちばんの目的は? TOP5はこちら

0002(3)

すでにトレーニングを始めている人は、何がモチベーションになったのでしょうか? 一番多かったのは「ダイエット、メタボ対策のため」。2位の「体力向上、維持のため」、3位の「ボディメイクのため」も僅差で、全体的に体型維持、体力の向上・維持を求める人が多いことがわかりました。

「鍛えたい部位」と名指しされたのは、加齢とともに気になるお腹から下半身にかけて。トップは「お腹まわり」で74.09%。2位は「お尻」で63.46%、3位は「太もも」で52.16%でした。

どんなトレーニングをしている? トレーニング内容TOP5

0003(3)

トレーニング方法として人気だったのは、ストレッチと自重トレーニング。ウォーキングやヨガも含めると、器具を使ったトレーニングよりも、体ひとつでできるトレーニングのほうが取り入れやすい様子です。

「なぜそのトレーニング方法を選んだの?」という質問に対しては、「無理せずにできるから」が第1位。第2位は「楽しいから、好きだから」で、第3位の「効果を感じるから」を上回っていました。

今求められているのは、無理せずに楽しく続けられるトレーニング、と言えそうです。

コツコツ続けられている人多数。その秘訣は?

筋トレアンケート結果

「みんなすごい!」とMYLOHAS編集部に驚きが走ったこちらの質問。週2~3回のトレーニングを習慣化している人が45%もいて、26%の人はすでに5年以上も継続していたのです。

やっている人は、すでにコツコツ続けている――この積み重ねは、きっと大きな差となって表れてくるはず。

みなさんの継続のコツを一部ご紹介します。

・気持ちいいと思えること。わずかな変化を見逃さずに喜ぶこと。(セブン♫~さん・50代女性)

・なりたい体の画像などを見る。お気に入りやかっこいいスポーツウェアを着用してやる気を出す。初めから無理しない。自分ができる範囲で疲れない程度に動く。効果が出やすいように、ある程度は筋トレに関して学ぶ。やる気がないときは休む。(リョウスケさん・30代男性)

家事などにジャマされないよう、朝いちばんにやる。在宅でのお昼ごはんは、筋トレしてからと決めている。毎日鏡を見ること。タイトスカートなどボディラインの出る服を買うこと。(恭子さん・50代女性)

・ジムに行く時、着替えずに行って帰ってこられる距離の近さにしたら続き始めた。いろいろうまくできなくて恥ずかしいけど、人の目を気にしないようにしている。(めーめさん・40代女性)

・目標を持ち、ゆるやかに競える、いい意味でライバルのような仲間に囲まれること。いいトレーナーに出会うこと。(ふーみんさん・40代女性)

・気が向かない時は無理にやらない。やる時は少ししんどいくらいやる。(のの子さん・20代女性)

筋トレに関する疑問

専門家に聞きたい「筋トレに関する疑問」には、年齢に合った筋トレの方法や食生活の改善のしかた、自己流トレーニングへの不安など、熱意のこもったコメントをたくさんいただきました。

・必要な栄養素をバランスよくとれる食事メニューを作ることができない。(苦手食材、体質、持病等)(チョコミントさん・30代女性)
>>関連記事
管理栄養士が教える、しなやかな筋肉のための食事法
タンパク質だけじゃない! ひきしまった身体のための栄養バランス

・効率のよいトレーニング方法や時間帯は?(ぺーちゃんママさん・30代女性)
>>関連記事
筋肉博士が伝授。「筋肉」を鍛えたほうがいい理由
かしこい筋肉強化のコツ。女性がトレーニングで気をつけたいこと

・トレーニングで減量できるのか。(経験的にできないと思っている)(sugawasterさん・50代女性)
>>関連記事
誰が見ても「やせた!」とわかる身体を手に入れるダイエット法
「動かないから太るんだよ!」京大名誉教授が語る、筋肉が必要なワケ

体に無理な負担をかけずにトレーニングをするには、正しい知識が不可欠です。ダイエットに関しては、「野菜から食べればやせる」といった誤解が横行していることも。

ぜひ特集記事を参考に、正しいトレーニングとボディメイクを実践してみてください。

思い立ったら即「筋トレ」!

筋トレを始めるときに知っておきたい、かしこい鍛え方のヒント

筋生理学者の石井直方教授(東京大学教授・理学博士)に、筋肉トレーニングをさらに効率アップする方法を教えていただきました。

https://www.mylohas.net/2019/07/194966sp_muscle_basic02.html

しなやかな筋肉の持ち主、ハル・ベリーの過激な筋トレって?

現在52歳という年齢を感じさせない健康的なボディを持つハル・ベリー。美しく引き締まった体型を保つハルの秘訣が、Instagramで紹介されていました...

https://www.mylohas.net/2019/07/194864pvn_sp_muscle_halleberry.html

Photo by Getty Images

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた